Hatena::ブログ(Diary)

1年で365本ひたすら映画を観まくる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

※最新の日記はこちらで更新中です → 『ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション』

※作品別の感想はこちらからどうぞ → 「洋画」「邦画」「アニメ」「その他」

※オススメ人気記事はこちら ↓

『君の名は。』へ至るまでに新海誠監督が辿った16年の軌跡

庵野秀明監督『シン・ゴジラ』ネタバレ映画感想

『となりのトトロ』には恐ろしい秘密が隠されていた?都市伝説の謎に迫る!

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話

ネタバレ解説!『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『スター・ウォーズ』が生まれた日:禁断の制作秘話を大公開!


その他、名言や名セリフ、ラストシーンの解説など、様々な映画をレビュー・評価しています。

2015-11-13 『チャーリーとチョコレート工場』ネタバレ映画感想/解説 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:type-r:20151113213553j:image

■あらすじ『両親や両祖父母と一緒に、貧乏な家で細々と暮らすチャーリー少年。彼の楽しみは、年に一度誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレートだった。世界中で爆発的な売り上げを記録しているチョコレートだが、実は誰も工場に人が出入りしているところを見た事が無い。世界一のチョコレート工場だというのに、いったい誰がどうやってチョコレートを作っているの?そんなある日のこと、「チョコレート工場に5人の子供を招待します!」とウォンカ氏が発表。チャーリーと5人の子供たちが工場の中で見たものは…!?奇才ティム・バートン個性派俳優ジョニー・デップの黄金コンビが贈る、奇想天外なダーク・ファンタジー!』



本日、金曜ロードSHOW!チャーリーとチョコレート工場放送されます。僕は公開当時に劇場で観たんですけど、「やっぱ、ティム・バートンってすげえなあ!」って感じでした。一見、子供向けのポップなファンタジーに見えますが、その中にはたっぷりと毒が詰まっているのです。しかも『スリーピー・ホロウ』以来、5年ぶりのバートン&ジョニデコンビ復活という事で、気合の入り方が凄すぎる!

まず、チャーリー少年一家のビンボーぶりがハンパじゃありません。住んでいる家が文字通り”傾いて”ますからね(なんて分かり易い表現だw)。ドアまできっちり傾いているので、一瞬「こういうデザインの家なのか?」と思いましたよ(笑)。

また、出てくる子供たちも、金持ちのワガママ娘だったり、食いしん坊のデブだったり、気の強い女の子だったり、へ理屈ばっかりの生意気な男の子だったり、どいつもこいつも見事なクソガキという素晴らしさ(笑)。

そして、世界一ヘンなチョコレート工場経営者ウィリー・ウォンカの奇人変人ぶりはもう必見!なんせ、彼が登場するシーンで、可愛らしい人形が出てきたと思ったらドロドロに燃え尽きてしまうのですから、悪意に満ち溢れているとしか言いようがありません(妙にディズニーっぽいのもワザと?)。

そのウォンカを個性派俳優ジョニー・デップが、おかっぱ頭に白塗りメイク時代錯誤の古びた衣装で大熱演!はっきり言って気持ち悪いです(笑)。実は、ジョニデ自身も原作の大ファンで、ティム・バートンから「今度、『チョコレート工場』を映画化することになったんだけど…」と話しかけられた途端、「やるよ!」と役名も聞かないうちに即決したらしい。さすが、変人アクター、ジョニー・デップ。こういう役をやらせたら本当に上手いなあ。

しかも驚く事に、この映画にはジョニデ・ウォンカを上回るもっとヘンテコなキャラクターが登場するのです。それがディープ・ロイ演じるウンパ・ルンパ。一言で言えば「小さなおっさん」です(笑)。しかし、この「小さなおっさん」が信じられないぐらい大量に出てきて、しかも派手な衣装を着て歌ったり踊ったりするのですから、その衝撃度たるやハンパではありません。「うわあああ!なんじゃこりゃあああ!」

f:id:type-r:20151113213547j:image

その強烈なヴィジュアルは、うなされそうなほどの凄まじいインパクト!軽快なリズムに乗って実に楽しそうに踊りまくる「小さなおっさん」の大群は、まさに悪夢と紙一重!この映像は、役を演じたディープ・ロイが何ヶ月もかけて一人で全てのウンパ・ルンパを演じ分け、最後に全部を合成して作られました。その他にもパペットCGを使用するなど、とんでもない手間と費用が掛かっているそうです。よくこんな事思いつくなあ(笑)。

しかも、良く見たら「小さなおばさん」まで混じっているではありませんか!もう、ウンパ・ルンパだけでお腹いっぱいですよ。映画を観終わった後も、ウンパ・ルンパの歌と踊りがずっと脳内でリフレインしっぱなしで止まりません。何とかして下さい(-_-;)

そして何と言っても特筆すべきは、チョコレート工場のビジュアルの素晴らしさ。原色を多用したカラフルな内装は、一見ディズニーランドを思わせるようですが、良く見るとかなりダークでグロテスク!これらの奇妙な世界再現するため、バートンは極力CGを使わず、出来るだけ実物のセットを作る事を要求したそうです。

中でも、チャーリーたちが最初に訪れる「チョコレートの部屋」は、特にこだわって作られたという。「可能な限り原作に忠実に!」をモットーとしたバートンは、“アメのリンゴがなる木”や、“キャンディキノコ”など、室内にあるもの全てを本当に食べられるお菓子で作り上げました(長期間撮影に耐えられるように、特殊なニスがかけられている)。

さらに、”流れるチョコレートの河”も実際に作ろうとしたものの、さすがにこれは無理と判明。そこで、水とダイエット用セルロースの混合物に様々な食用色素を混ぜ、いかにもチョコレートに見える外見と質感を実現させました。本物そっくりで実に美味しそう(笑)。このポップでぶっ飛んだファンタジー感覚こそ、まさにティム・バートンの真骨頂と言えるでしょう。

f:id:type-r:20151113215048j:image

さて、総合的に見て本作は「非常にバランスの取れた映画だな」と感じました。僕のイメージしていたティム・バートンって、もっと“濃い”世界観だったんですが、今回は「俺が全力で走るとみんな付いて来られないから、ちょっとスピードを緩めてやるか」みたいな、余裕が感じられるのです(手を抜いているという意味ではなく)。

一言で言えば、「物凄く分かり易い映画」に仕上がってます。主人公のキャラクターはひたすら“清く正しく美しく”で、訴えている事は“家族の大切さ”、そして物語の着地点も極めてオーソドックス。おまけに、『2001年宇宙の旅』や『サイコ』など、有名映画の分かり易いパロディも満載。バリバリのティム・バートン・ファンの目から見れば、「う〜ん、何だかぬるいなあ」と感じるかもしれませんが、受け入れ易さという点ではこれぐらいが丁度いいのかもしれません。

実は『ビッグ・フィッシュ』の頃から“父と息子の和解”がテーマとして盛り込まれ、主人公たちの描かれ方がそれまでのバートン映画とは少し変化してきているのです。その原因として、バートンが父を亡くした事と、ヘレナ・ボナム=カーターとの間に子供が生まれ、自らが“父親”になったからでは、と言われていました。

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2004-10-27)

しかしティム・バートン本人は、「映画で描かれている親子関係と、僕のプライベートとは何の関係も無いよ」と、その説を否定インタビューで「原作には無い“ウォンカと父親のエピソード”を入れたのは何故ですか?」と聞かれた時も、「今回、ウォンカのバックストーリーを追加したのは、それが無かったらただのエキセントリックなキャラクターで終わってしまうからだ」とのこと。

さらに「子供が生まれたから、このような児童文学の映画化を手掛けようと思ったのでは?」という質問にも、「まさか!もし息子のためならホラー映画を撮ってるよ(笑)。今の所、僕は息子が生まれた事で、映画のスタイルを変えたつもりはないよ」と答えています。

また、ティム・バートンはそのインタビューで、「子供たちのキャラクターが、原作以上に“歪んだ性格”として描写されているようですが?」と質問されて、「僕が子供の頃は、実際にこんな連中が周りにいたんだよ。そういう悪ガキたちを学校で見つけては、“いつか覚えてろよ!”って思ってた。僕が原作を好きな理由の一つは、これが復讐のファンタジーでもあるってところだ。普通の平凡な子供が、悪ガキどもをギャフンと言わせるんだからさ。痛快だろ?」と楽しそうに答えたらしい。う〜ん、やっぱりダークだなあ(笑)。


その他、気になったポイントをいくつか取り上げてみましたよ。


●リスがすごい!

てっきりCGかと思ったら、動物調教師マイクアレキサンダーが本物のリスを19週間かかって訓練したのだそうです。その数なんと、100匹!マイク曰く、「リスは非常に訓練が難しい動物だ。それを100匹だなんて尋常じゃない。じっと座っていさせるようにするだけで2週間かかったよ」とのこと。う〜ん、凄まじい!

●お母さんの笑顔が怖い!

ひたすらガムばっかり噛んでいる勝気な少女バイオレット。彼女のお母さんを演じたミッシー・パイルの顔を見て、「どこかで見た事あるな〜」と上映中ずっと気になってたんですが、『ギャラクシー・クエスト』の宇宙人役をやってた人だったんですね〜。あの笑顔は強烈です(^_^;)

f:id:type-r:20151113213551j:image

f:id:type-r:20151113213550j:image

ちなみに、生意気な子供たちを演じた子役は今どうなっているかと言うと、皆さん美男美女に成長していましたよ。特にバイオレットを演じたアナソフィア・ロブは、『テラビシアにかける橋』や『ソウル・サーファー』などの大作映画で主演を果たすなど、現在でも活躍中。

f:id:type-r:20151113213549j:image

f:id:type-r:20151113213548j:image

●実はチョコが苦手だった?

本作や『ショコラ』など、チョコレートに関する映画に良く出ているので、「ジョニー・デップはチョコレートが大好きなのか」と思っていたら意外や意外!実は、子供の頃からチョコレート・アレルギーで、以前はチョコを食べると体中にジンマシンが出ていたそうです。そのため、いまだにチョコが苦手で、『ショコラ』の撮影の時はもう大変だったらしい。え〜、そうだったのか!

ちなみに、ジョニデの大好物は”スティッキー・トフィー・プディング”というイギリスの伝統的なお菓子だそうです。イギリスでロケした際、現地で出された食事に対して「こんなクソまずい料理が食えるか!」と激怒したジョニー・デップでさえ気に入ったのですから、よっぽどおいしいのでしょう(笑)。アンジェリーナ・ジョリーブラッド・ピットも絶賛していて、ジョニデも一時期は「食べ始めると止まらなくなる」ぐらいハマっていたそうですが、いったいどんなお菓子なんでしょうね?食べてみたいなあ(^.^)

f:id:type-r:20151113213552j:image

●人気記事一覧

これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10

高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』が出来るまで

町山智浩、宮崎アニメについて語る(要点まとめ)

「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?

『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話



このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)

トップページへ