Hatena::ブログ(Diary)

1年で365本ひたすら映画を観まくる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

※最新の日記はこちらで更新中です → 『ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション』

※作品別の感想はこちらからどうぞ → 「洋画」「邦画」「アニメ」「その他」

※オススメ人気記事はこちら ↓

『君の名は。』へ至るまでに新海誠監督が辿った16年の軌跡

庵野秀明監督『シン・ゴジラ』ネタバレ映画感想

『となりのトトロ』には恐ろしい秘密が隠されていた?都市伝説の謎に迫る!

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話

ネタバレ解説!『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『スター・ウォーズ』が生まれた日:禁断の制作秘話を大公開!


その他、名言や名セリフ、ラストシーンの解説など、様々な映画をレビュー・評価しています。

2017-09-24 漫画やアニメの実写映画版に一番よく出ている俳優は誰だ? このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:type-r:20170924153942j:image

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。

最近、『無限の住人』や『帝一の國』や『ジョジョの奇妙な冒険』など、人気漫画の実写映画が次々と公開されてますよね。で、作品の出来栄えも気になるんですが、もう一つ気になっていることがありまして…。それは「同じ俳優が実写版に出すぎ問題」です。

例えば、小栗旬さんや藤原竜也さん等はやたらと漫画原作の映画ばかりに出演しているような気がするし、山崎賢人さんに至っては「山崎賢人、実写やりすぎじゃね?」と自ら突っ込んでますからねえw↓

そんなわけで本日は、「実際に漫画やアニメの実写版によく出演している人は誰なんだろう?」ということについて調べてみました。なお、今回対象となる作品や俳優は、以下のような条件のもとにピックアップしています。


※実写長編映画のみが対象(TVドラマや舞台・ビデオ作品は含まない)

※漫画やアニメ原作のみが対象(小説やゲームの実写化は含まない)

※8作品以上の実写版に出演している人が対象(それより少ない人は含まない)

※基本的に主人公または重要な役を演じる機会の多い人が対象(あくまでも基本的に)

※実写版に限らず”映画の出演本数自体”が極端に多い人は対象外(理由は後述)

※シリーズものは1作品ずつカウント(例:パート5まであったら5作品と数える)

※作品数が同じ人は全て同じ順位とする(途中の順位も飛ばさない)

※公開済みの作品だけでなく、公開予定の作品も含める(決定済みのもの)


それでは、作品数の少ない順から見ていきましょう。果たして「漫画やアニメの実写版に最も多く出演している俳優」は誰なのでしょうか?



●10位:青木崇高 8作品

逆境ナイン』、『るろうに剣心』、『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』、『海猿』、『LIMIT OF LOVE 海猿』、『THE LAST MESSAGE 海猿』、『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』


●10位:玉山鉄二 8作品

CASSHERN』、『逆境ナイン』、『NANA』、『NANA2』、『フリージア』、『星守る犬』、『ルパン三世』、『亜人』


●10位:斎藤工 8作品

『海猿』、『劇場版 エリートヤンキー三郎』、『20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、『愛と誠』、『ヘルタースケルター』、『劇場版 仮面ティーチャー』、『高台家の人々


●10位:生田斗真 8作品

シーサイドモーテル』、『僕等がいた 前篇』、『僕等がいた 後篇』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、『予告犯』、『秘密 THE TOP SECRET』、『土竜の唄 香港狂騒曲』、『先生!、、、好きになってもいいですか?』


●10位:清水宏次朗 8作品

ビー・バップ・ハイスクール』、『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌』、『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲』、『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲』、『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇』、『名門!多古西応援団』、『82分署』、『修羅がゆく5 広島代理戦争


●10位:武井咲 8作品

『櫻の園』、『愛と誠』、『るろうに剣心』、『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』、『今日、恋をはじめます』、『クローバー』、『テラフォーマーズ


●10位:長澤まさみ 8作品

『タッチ』、『ラフ ROUGH』、『岳-ガク-』、『モテキ』、『潔く柔く』、『海街diary』、『アイアムアヒーロー』、『銀魂』


●10位:真野恵里菜 8作品

『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』、『新宿スワン』、『みんな!エスパーだよ!劇場版』、『orange』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、『君と100回目の恋』、『覆面系ノイズ』、『坂道のアポロン

※なお、実写版『パトレイバー』の第1章から第7章に関しては「15分〜48分程度の短編シリーズ全12話を7章に分けて上映」という特殊な形態であるため、今回は純粋な長編映画として制作された『首都決戦』のみをカウントしました。


●10位:松田龍平 8作品

『死びとの恋わずらい』、『青い春』、『キューティーハニー』、『恋の門』、『NANA』、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』、『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』、『羊の木』


●10位:藤原竜也 8作品

デスノート(前編)』、『デスノート(後編)』、『カイジ 人生逆転ゲーム』、『カイジ2 人生奪回ゲーム』、『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』、『僕だけがいない街』、『デスノート Light up the NEW world』


●9位:仲村トオル 9作品

『シャコタン★ブギ』、『ビー・バップ・ハイスクール』、『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌』、『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲』、『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲』、『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇』、『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭』、『LIMIT OF LOVE 海猿』、『僕の初恋をキミに捧ぐ


●9位:野村周平 9作品

男子高校生の日常』、『日々ロック』、『ライチ☆光クラブ』、『ちはやふる-上の句』、『ちはやふる-下の句』、『ちはやふる-結び』、『森山中教習所』、『ミュージアム』、『帝一の國』


●9位:須賀健太 9作品

ALWAYS 三丁目の夕日』、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』、『ALWAYS 三丁目の夕日'64』、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』、『釣りキチ三平』、『スイートプールサイド』、『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』、『ダブルミンツ


●9位:本郷奏多 9作品

テニスの王子様』、『NANA2』、『GANTZ』、『GANTZ PERFECT ANSWER』、『進撃の巨人 前篇』、『進撃の巨人 後篇』、『闇金ウシジマくん 3』、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』、『いぬやしき


●9位:窪田正孝 9作品

『僕の初恋をキミに捧ぐ』、『るろうに剣心』、『鈴木先生』、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』、『闇金ウシジマくん 2』、『予告犯』、『ヒーローマニア 生活』、『MARS〜ただ、君を愛してる〜』、『東京喰種トーキョーグール


●9位:伊藤英明 9作品

修羅雪姫』、『海猿』、『LIMIT OF LOVE 海猿』、『THE LAST MESSAGE 海猿』、『BRAVE HEARTS 海猿』、『カムイ外伝』、『テラフォーマーズ』、『3月のライオン 前編』、『3月のライオン 後編』


●9位:神木隆之介 9作品

『20世紀少年 最終章』、『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』、『神さまの言うとおり』、『脳内ポイズンベリー』、『バクマン。』、『3月のライオン 前編』、『3月のライオン 後編』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』


●9位:山崎賢人 9作品

『今日、恋をはじめます』、『L・DK』、『ヒロイン失格』、『orange』、『オオカミ少女と黒王子』、『四月は君の嘘』、『一週間フレンズ』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』、『斉木楠雄のΨ難


●9位:佐藤健 9作品

『ROOKIES -卒業-』、『BECK』、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』、『バクマン。』、『るろうに剣心』、『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』、『亜人』、『いぬやしき』


●9位:堤真一 9作品

『ALWAYS 三丁目の夕日』、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』、『ALWAYS 三丁目の夕日'64』、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、『土竜の唄 香港狂騒曲』、『宇宙兄弟』、『俺はまだ本気出してないだけ』、『海街diary』


●9位:ムロツヨシ 9作品

特命係長 只野仁 最後の劇場版』、『ヤッターマン』、『大奥』、『闇金ウシジマくん』、『HK 変態仮面』、『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』、『ヒメアノ〜ル』、『俺はまだ本気出してないだけ』、『銀魂』


●8位:岡田将生 10作品

天然コケッコー』、『ブラブラバンバン』、『魔法遣いに大切なこと』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』、『宇宙兄弟』、『ひみつのアッコちゃん』、『潔く柔く』、『秘密 THE TOP SECRET』、『銀魂』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』


●8位:鈴木亮平 10作品

『カイジ 人生逆転ゲーム』、『HK 変態仮面』、『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』、『ガッチャマン』、『ホットロード』、『TOKYO TRIBE』、『予告犯』、『海街diary』、『俺物語!!』、『彼岸島 デラックス』


●8位:妻夫木聡 10作品

『GTO』、『富江 re-birth』、『ドラゴンヘッド』、『鉄人28号』、『真夜中の弥次さん喜多さん』、『どろろ』、『スマグラー おまえの未来を運べ』、『愛と誠』、『ミュージアム』、『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール


●7位:土屋太鳳 11作品

『釣りキチ三平』、『劇場版 鈴木先生』、『アルカナ』、『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』、『orange』、『青空エール』、『PとJK』、『兄に愛されすぎて困ってます』、『となりの怪物くん』、『累 -かさね-』


●7位:香川照之 11作品

静かなるドン 劇場版』、『刑務所の中』、『鉄人28号』、『20世紀少年 第1章 終わりの始まり』、『20世紀少年 第2章 最後の希望』、『20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』、『カイジ 人生逆転ゲーム』、『カイジ2 人生奪回ゲーム』、『るろうに剣心』、『あしたのジョー』、『ひみつのアッコちゃん』


●7位:中村獅童 11作品

ピンポン』、『アイデン&ティティ』、『隣人13号』、『ハチミツとクローバー』、『ゲゲゲの鬼太郎』、『BECK』、『星守る犬』、『忍たま乱太郎』、『ガッチャマン』、『銀の匙 Silver Spoon』、『振り子』

※なお、『デスノート』に関してはリュークの声だけを担当していて中村獅童本人は画面に登場しないため、除外としています。


●6位:松山ケンイチ 12作品

『NANA』、『デスノート(前編)』、『デスノート(後編)』、『L change the WorLd』、『神童』、『デトロイト・メタル・シティ』、『カムイ外伝』、『カイジ 人生逆転ゲーム』、『GANTZ』、『GANTZ PERFECT ANSWER』、『うさぎドロップ』、『珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-』


●6位:染谷将太 12作品

『ピンポン』、『デビルマン』、『ヒミズ』、『ALWAYS 三丁目の夕日'64』、『TOKYO TRIBE』、『神さまの言うとおり』、『寄生獣』、『寄生獣 完結編』、『みんな!エスパーだよ!劇場版』、『バクマン。』、『3月のライオン 前編』、『3月のライオン 後編』


●5位:浅野忠信 13作品

バタアシ金魚』、『ねじ式』、『鮫肌男と桃尻女』、『殺し屋1』、『アイデン&ティティ』、『東京ゾンビ』、『ルパン三世』、『寄生獣』、『寄生獣 完結編』、『新宿スワン2』、『マイティ・ソー』、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』


●5位:哀川翔 13作品

『大いなる完』、『借王−THE MOVIE- 沖縄大作戦』、『借王 -THE MOVIE 2000-』、『修羅がゆく』、『梶原三兄弟激動昭和史 すてごろ』、『真説タイガーマスク』、『東京ゾンビ』、『SS』、『劇場版クロサギ』、『クローズZERO 2』、『おのぼり物語』、『ヘルタースケルター』、『タイガーマスク』

※なお、哀川さんと言えば『ゼブラーマン』が有名ですが、漫画版の『ゼブラーマン』は「映画のコミカライズ」という位置付けなので「漫画の実写化」には含みません。


●5位:伊勢谷友介 13作品

金髪の草原』、『CASSHERN』、『笑う大天使』、『ハチミツとクローバー』、『あしたのジョー』、『カイジ2 人生奪回ゲーム』、『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』、『新宿スワン』、『新宿スワン 2』、『3月のライオン』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』、『いぬやしき』


●4位:阿部寛 14作品

はいからさんが通る』、『YAWARA!』、『孔雀王』、『プロゴルファー織部金次郎』、『プロゴルファー織部金次2郎』、『プロゴルファー織部金次郎3』、『プロゴルファー織部金次郎4』、『プロゴルファー織部金次郎5』、『サンクチュアリ』、『フレンチドレッシング』、『鉄人28号』、『自虐の詩』、『テルマエ・ロマエ』、『テルマエ・ロマエ2』


●4位:菅田将暉 14作品

高校デビュー』、『王様とボク』、『男子高校生の日常』、『闇金ウシジマくん 2』、『海月姫』、『暗殺教室』、『暗殺教室 卒業編』、『ピース オブ ケイク』、『セトウツミ』、『デスノート Light up the NEW world』、『溺れるナイフ』、『帝一の國』、『銀魂』、『となりの怪物くん』


●3位:小栗旬 17作品

『あずみ』、『あずみ 2』、『さくらん』、『羊のうた』、『隣人13号』、『クローズZERO』、『クローズZERO 2』、『花より男子F』、『ごくせん』、『岳 ガク』、『荒川アンダーザブリッジ』、『宇宙兄弟』、『ルパン三世』、『信長協奏曲』、『テラフォーマーズ』、『ミュージアム 』、『銀魂』


●2位:山田孝之 19作品

『ドラゴンヘッド』、『クローズZERO』、『クローズZERO 2』、『イキガミ』、『MW ムウ』、『シーサイドモーテル』、『GANTZ』、『GANTZ PERFECT ANSWER』、『荒川アンダーザブリッジ』、『闇金ウシジマくん』、『闇金ウシジマくん 2』、『闇金ウシジマくん 3』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、『俺はまだ本気出してないだけ』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、『バクマン。』、『新宿スワン』、『銀魂』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』


●2位:綾野剛 19作品

『NANA』、『魁!!男塾』、『奈緒子』、『クローズZERO 2』、『GANTZ』、『GANTZ PERFECT ANSWER』、『うさぎドロップ』、『ヘルタースケルター』、『るろうに剣心』、『ガッチャマン』、『闇金ウシジマくん 2』、『闇金ウシジマくん 3』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、『ルパン三世』、『新宿スワン』、『新宿スワン 2』、『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』、『ピース オブ ケイク』、『亜人』


●1位:西田敏行 27作品

『ゲゲゲの鬼太郎』、『自虐の詩』、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、『星守る犬』、『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』、『釣りバカ日誌』、『釣りバカ日誌2』、『釣りバカ日誌3』、『釣りバカ日誌4』、『釣りバカ日誌5』、『釣りバカ日誌6』、『釣りバカ日誌7』、『釣りバカ日誌8』、『釣りバカ日誌9』、『釣りバカ日誌10』、『釣りバカ日誌11』、『釣りバカ日誌12』、『釣りバカ日誌13』、『釣りバカ日誌14』、『釣りバカ日誌15』、『釣りバカ日誌16』、『釣りバカ日誌17』、『釣りバカ日誌18』、『釣りバカ日誌19』、『釣りバカ日誌20』、『釣りバカ日誌スペシャル』、『花のお江戸の釣りバカ日誌

というわけで、第1位はなんと西田敏行さんでした!

これは予想外!つーか『釣りバカ日誌』シリーズってこんなに出てたの?

そっちに驚きましたよ(^_^;)


『釣りバカ日誌』シリーズを除けば、やはり綾野剛さん、山田孝之さん、小栗旬さんが強いですねえ。自ら「実写やりすぎじゃね?」と自虐していた山崎賢人さんは意外とそうでもなかったけど(笑)。

まあ今回は”映画”に限定して調べたので、TVドラマやVシネマ等を含めたらもっと違う結果になると思います(最近は舞台劇として実写化されるパターンも多いし)。

あと、「あの人が入ってない」等の異論もあるかと思いますが、意外と「漫画やアニメ原作の実写映画」には出演していない(出演本数が少ない)役者さんが多かったですね。

例えば、『のだめカンタービレ』で有名な上野樹里さんや、『ちやはふる』の広瀬すずさんなどの場合は7作品しかなかったため(それでも結構多いw)、残念ながら今回は圏外となりました。

他にも、福士蒼汰さん(『好きっていいなよ。』、『神さまの言うとおり』、『ストロボ・エッジ』、『無限の住人』、『曇天に笑う』、『BLEACH』など6作品)。

松田翔太さん(『花より男子F』、『イキガミ』、『ライアーゲーム』、『ライアーゲーム再生』、『スマグラー おまえの未来を運べ』、『アフロ田中』、『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』など7作品)。

黒木メイサさん(『同じ月を見ている』、『クローズZERO』、『クローズZERO 2』、『昴-スバル-』、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、『ルパン三世』など6作品)。

戸田恵梨香さん(『デスノート(前編)』、『デスノート(後編)』、『L change the WorLd』、『デスノート Light up the NEW world』、『ライアーゲーム』、『予告犯』、『無限の住人』など7作品)。

こういった人たちが割と漫画やアニメの実写版に出演していました(ただし、本数が少ないので今回は圏外)。

まあ、そもそも若い女優さんの場合は、映画の出演本数自体が少ないので仕方ない面もあるんですよ。ただ、そんな中で武井咲さんは9作品しか映画に出ていないのに、何とそのうち8作品が「漫画の実写版」という凄まじさ!

しかも残りの1作品が『妖怪ウォッチ』ですからね(笑)。確率で言えば「出演している映画のほぼ100%が漫画やアニメの実写版」と評しても過言ではない状況で、本来、こういう人こそ「実写やりすぎじゃね?」と言われるべきなのかもしれませんね(^_^)


※追記

いくつか「アレが抜けてるよ!」とのご指摘をいただき、香川照之さんと妻夫木聡さんの順位を修正しました。いや、申し訳ないです(苦笑)。他にも「抜け」や「見落とし」があるかもしれないので、気付いた方はご指摘くださいませm(__)m

※追記2

またまたご指摘をいただき、伊藤英明さん、神木隆之介さん、 染谷将太さん、 斎藤工さんの順位を修正しました。次々出て来るなあ(^_^;)

※追記3

哀川翔さん、岡田将生さん、須賀健太さん、野村周平さん、清水宏次朗さん、真野恵里菜さんを追加しました(どんどん増える…)。

※追記4

「大杉蓮さんや竹内力さんなども実写版に多く出ているのでは?」という意見をいただいたんですが、そういう”出演本数が極端に多い役者さん”の場合は、「漫画の実写版へ出演する機会が多い」というよりも、「単に作品数自体が多いから必然的に実写版への出演も多くなっている」と考えるべきなんじゃないのかな?と思うんですよ。

そうなるともう、「出演本数の多い方が勝ち」みたいなことになってしまうので、若い人には不利だし、あまり面白くないんじゃないかと(実際、大杉さんも竹内さんもメチャクチャ実写版に出てますからねえw)。なので今回は「出演本数が極端に多い役者さん」は対象外とさせていただきました。悪しからずご了承くださいm(__)m

※追記5

仲村トオルさんを追加しました。

※追記6

生田斗真さんを追加しました。

※追記7

松田龍平さんを追加しました。

※追記8

浅野忠信さんの順位を修正しました。

※追記9

山田孝之さんと小栗旬さんの順位を修正しました。

※追記10

染谷将太さんと松山ケンイチさんの順位を修正しました。


●関連記事

成功?失敗?アニメや漫画の実写化を4パターンに分類してみた

漫画やアニメはなぜ次々と実写化されるの?儲かるからだよ!

マンガ・アニメの実写版映画おすすめベスト10

aguraagura 2017/09/24 21:55 1位で爆笑してしまいました。
確かにこのカウント方法なら西田敏行がぶっちぎりですね。
ていうかこのランキングめちゃくちゃ調べるの大変じゃないですか!凄すぎです。
大杉蓮とか田口トモロヲあたりの「そもそも異常な出演本数」俳優が入ってるかと思いましたが予想を裏切られました。

type-rtype-r 2017/09/25 02:07 >aguraさん
コメントありがとうございます。

今回の記事は冒頭に書いてあるように「小栗旬や山崎賢人などは”漫画の実写版ばかりに出演している”という印象が強いが、それは本当なのだろうか?」という疑問が発端となっています(これが”主旨”です)。

だから、最初は彼らのように「漫画の実写版に出ていそうな若手俳優」を中心に調べ始めたので、それほど時間は掛りませんでした(意外とすぐ書けますよw)。

しかし、調べているうちに堤真一や香川照之のようなベテランの名前が入って来たあたりで「あれ?これはちょっと主旨と違ってきたぞ?」となったわけです。

要は、ここに大杉蓮とか田口トモロヲみたいな役者さんを入れてしまうと、「漫画の実写版ばかりに出演している」というより、「単に出演本数が多いから実写版への出演も多い」となる可能性が高い。

そうなると恐らく「出演本数の多い方が勝ち」みたいなことになってしまうので、あまり面白くないんじゃないかと(実際、大杉さんはメチャクチャ実写版に出てますからw)。

なので、今回は敢えて大杉さんのようなバイプレーヤーは含まないことにしました。「条件」の方にもその旨を書き加えていますので悪しからずご了承ください(^_^)

aguraagura 2017/09/25 18:18 いえいえ、わざわざご丁寧にありがとうございます!

確かに厳密なランキングにしてしまうと、2位以降が三國連太郎や谷啓などの釣りバカレギュラー陣ばっかりになって主旨が変わっちゃいますよねw

くべくべ 2017/09/26 00:19 この条件だと、哀川翔、竹内力が入ると思う。Vシネかと思わせて、実は劇場映画って多いから。
 
あと、蒼井優も意外と多いし、たぶん、『闇金ドッグス』が7まである山田裕貴も入ると思う。

くべくべ 2017/09/26 00:23 岡田将生も入ると思う。

くべくべ 2017/09/26 01:00 須賀健太、福士誠治、真野恵里菜も二桁じゃないかな。

くべくべ 2017/09/26 01:05 『パトレイバー』入れたら、太田莉菜、筧利夫も入りますね。

くべくべ 2017/09/26 01:17 『ビーバップ・ハイスクール』の仲村トオル、清水宏次朗も入るでしょう。

くべくべ 2017/09/26 01:24 真田広之もアメコミ映画出てるから、ぎりぎり行くと思う。

くべくべ 2017/09/26 01:52 野村周平も忘れてました。
竹中直人はバイプレイヤー扱いでしょうか。

type-rtype-r 2017/09/26 12:14 >くべさん
多数の俳優名を挙げていただきありがとうございます。

ただ、いくつかの人は対象外になりまして…。まず竹内力は映画の出演本数が100作品前後と非常に多く、上のコメントにも書いたように「数の多い方が勝ち」みたいなことになってしまうため、今回は外させてください(機会があれば別枠で取り上げたいと思います)。

また、筧利夫と竹中直人はバイプレイヤー枠、福士誠治と太田莉菜も『パト』以外で「主役または重要な役を演じる機会が多いか?」と言われれば微妙な感じなので今回は対象外とします。

あと、蒼井優の漫画実写映画出演数は7作品、仲村トオルが6作品、真田広之が6作品、山田裕貴が6作品(『闇金ドッグス』という原作漫画が見つからなかったんですが、これオリジナルじゃないですかね?)という結果だったため、いずれも圏外となります。

というわけで、哀川翔、岡田将生、須賀健太、野村周平、清水宏次朗、真野恵里菜を新たに追加させていただきました(^_^)

くべくべ 2017/09/26 18:26 すみません。『闇金ドッグス』は他の漫画との勘違いでした・・。

お手数かけました。

でも、仲村トオルは、
ビー・バップ・ハイスクール (1985)
シャコタン★ブギ (1987)
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌(エレジー) (1986)
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲 (1987)  
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲 (1987)
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇 (1988)
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭 (1988)
LIMIT OF LOVE 海猿 (2005)
僕の初恋をキミに捧ぐ (2009)
では?

福士誠治は『パトレイバー』ではほぼ主役ですし、TVでは主役級も多いんですけどね〜。

type-rtype-r 2017/09/26 19:46 >でも、仲村トオルは

あ〜!また見落としてた(^_^;)
仲村トオルさんも追加します!ありがとうございました。

RayRay 2017/09/26 23:59 生田斗真くんも8コ以上やってます!

type-rtype-r 2017/09/27 01:07 >Rayさん
コメントありがとうございました。

調べたらちょうど8作品でした!
生田斗真さんも追加します(^_^)

春奈春奈 2017/09/27 11:32 松田龍平さんも入れてあげてください!

type-rtype-r 2017/09/27 12:48 >春奈さん
コメントありがとうございます。

松田龍平さん、追加しました(^_^)

くべくべ 2017/09/29 12:55 浅野忠信は『マイティ・ソー3』にも出てますよ。
http://www.imdb.com/title/tt3501632/fullcredits?ref_=tt_cl_sm#cast

くべくべ 2017/09/29 13:04 波岡一喜を忘れてました。

甘栗甘栗 2017/09/30 18:04 小栗旬さん、『ミュージアム 』と『羊のうた』と『隣人13号』が、抜けています。

ヨシヒコヨシヒコ 2017/09/30 18:21 あのー 山田孝之、『バクマン。』抜けてるんで追加していただけると!

小室聡小室聡 2017/09/30 20:35 面白く拝見しました。
間違いを発見しました。
聖の青春 
はノンフィクション小説が原作です。

type-rtype-r 2017/09/30 22:43 >くべさん
>甘栗さん
>ヨシヒコさん

コメントありがとうございます。
修正しました(^_^)

type-rtype-r 2017/09/30 22:52 >小室聡さん

すみません!
村山聖の生涯を描いた漫画『聖 -天才・羽生が恐れた男-』と勘違いしてました(^_^;)