Hatena::ブログ(Diary)

1年で365本ひたすら映画を観まくる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

※最新の日記はこちらで更新中です → 『ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション』

※作品別の感想はこちらからどうぞ → 「洋画」「邦画」「アニメ」「その他」

※オススメ人気記事はこちら ↓

『君の名は。』へ至るまでに新海誠監督が辿った16年の軌跡

庵野秀明監督『シン・ゴジラ』ネタバレ映画感想

『となりのトトロ』には恐ろしい秘密が隠されていた?都市伝説の謎に迫る!

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話

ネタバレ解説!『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『スター・ウォーズ』が生まれた日:禁断の制作秘話を大公開!


その他、名言や名セリフ、ラストシーンの解説など、様々な映画をレビュー・評価しています。

2018-11-19 映画『デトロイト』に見る現実のデトロイト(ネタバレ) このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:type-r:20181119153504j:image

キャスリン・ビグロー監督の新作デトロイトは、1960年代のデトロイトで実際に起きた事件を忠実に描いた社会派ドラマです。

当時、デトロイトの黒人人口過密な居住区に住まされ、暴力的白人警官によって不当な逮捕や激しい暴行を受け続けていました。

そして1967年7月23日、ついに地元住人たちの不満が頂点に達し、放火や略奪などデトロイト全体を巻き込んだ暴動へとエスカレート!もはや警官だけでは対処できなくなり、とうとう軍隊まで出動する大騒動になったのです。

そんな中、とあるモーテルに泊まっていた黒人がふざけて「競技用のスターターピストル」を撃ったところ、「狙撃された!」と勘違いした白人警官たちがモーテルへ押し寄せ、外から一斉に銃撃開始!

たまたまそのモーテルに宿泊していたラリー(アルジースミス)とフレッド(ジェイコブ・ラティモア)は、いきなり大量の銃弾を撃ち込まれてパニック状態になりますが、本当の恐怖はそこから始まったのです…。

この映画、前半は普通に「物語」を描いてるんですけど、舞台がモーテルに移ってからはストーリーがほとんど進展せず、白人警官のフィリップ(ウィル・ポールター)が黒人たちを虐待しまくる壮絶な「私刑(リンチ)」の様子をひたすら見せてるんですよ。

レイシストの白人警官による残虐な私刑のせいで、一人また一人と命を落としていく黒人青年たち。延々40分も繰り広げられる尋問シーンのえげつなさが凄まじい!

キャスリン・ビグロー監督は、徹底したリサーチ当事者へのインタビューによって当時の状況を克明に再現し、50年以上も封印されてきた黒人差別問題にメスを入れようとしたのです。

しかし、あまりにも黒人虐待シーンを克明に描きすぎたため、白人警官を演じたウィル・ポールターは撮影中にどんどん気分が悪くなり、ついに泣き崩れてしまったとか(本人は優しい性格だったので、毎日毎日、仲間の俳優たちを痛めつけることが耐えられなかったらしい)。

f:id:type-r:20181119153507j:image

また、食料品店の警備員メルヴィンを演じたジョン・ボイエガは「現場の誰にとっても過酷な物語だから、ずっと役柄になり切っている必要があった」と語り、白人と黒人の間に立って事態収束させようと努める誠実なキャラクターを丁寧に演じていました。

最終的に暴行を働いた白人警官たちは、事件後に殺人罪などで起訴されるものの、裁判で全員無罪になります。えええ…

なんとも後味の悪い結末ですが、50年前にはこういう事件が実際に起きていて、しかも現代のアメリカもいまだに人種差別問題がなくなってはいない…という事実を突き付けているわけですね。



なお、「デトロイト」という街は過去に何度も映画の舞台になってるんですが、いい印象がほとんど無いんですよね(苦笑)。

たとえば1987年に公開されたロボコップ2010年のデトロイトが舞台なんだけど、メチャクチャに荒れ果てて完全なる”犯罪都市”になってるんですよ。

SF映画だから誇張されているはずなのに、現実のデトロイトとあまり変わらない…つーか『ロボコップ』の方がまだマシに見えるのがすごい(笑)

また、2002年に公開された8 Mileのデトロイトは街中が廃墟だらけで、貧困ぶりがひどいです。タイトルの「8マイルロード」とは富裕層と貧困層を隔てる境界線のことで、「8マイル・ロードより先(内側)に行ってはいけない」と言われてるらしい。どんだけ恐ろしい場所なんや…

8 Mile[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2018-03-27)

そして2014年公開のイット・フォローズは、デトロイト郊外に住む若い男女の姿を描いたホラー映画です(誰かとセックスすると”イット”が現れ、捕まったら死ぬというストーリー)。

この作品にも「8マイル・ロード」が出て来るんですが、主人公たちは境界線の外側に住んでいるので『ロボコップ』や『8 Mile』ほど荒れ果てた風景は映りません(まあ街自体に活気はあまりないんだけど)。

しかし2015年公開のドント・ブリーズは、まさに「8マイル・ロードの内側」が舞台になっているため、住民はほとんどおらず、多くの建物は朽ち果て、巨大なゴーストタウンと化しています。

そんな街で主人公たちは泥棒を繰り返してるんですが、警察官の数が非常に少ないため、犯罪が起きても現場にパトカーが駆け付けるまで1時間近くかかってしまうなどムチャクチャな状況らしい(デトロイトの検挙率は全米で最低)。だから堂々と泥棒してるんですね(最悪や…絶対住みたくねえ…)。

ドント・ブリーズ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-10-04)

まさにここは世紀末正気でいられるなんで運がいいぜYou!の世界です。デトロイト恐るべし(^^;)

yossyyossy 2018/11/19 18:43 デトロイト、観ましたよ !


モーテルの客もたいがいだったですよね。
殺気立った武装警官におもちゃとはいえ銃を発砲したらそりゃまあ....

しゃーくふかまちしゃーくふかまち 2018/11/20 23:15 どうも、こんばんは!

本当に延々とリンチシーンが続くので見終わった時にはヘトヘトになりましたよ…。

キャスリン・ビグローはもう『ニアダーク』や『ブルースティール』みたいな映画は撮らないのだろうか…?

type-rtype-r 2018/11/21 01:09 >yossyさん
>モーテルの客もたいがいだったですよね

この映画、基本的には「白人の黒人差別問題」を糾弾してるんですが、単純に「白人が悪い」「黒人かわいそう」ってだけではなく、黒人が暴動に及ぶ様子もしっかり描いてるんですよね。そういうバランス感覚はさすがだなと思いました。

type-rtype-r 2018/11/21 01:15 >しゃーくふかまちさん
>延々とリンチシーンが続くので見終わった時にはヘトヘトに

普通の監督ならあそこまで執拗に描かないと思うんですが、やはりキャスリン・ビグローですね(笑)。『ハート・ロッカー』と『ゼロ・ダーク・サーティ』を撮って以降は「ゴリゴリのドキュメンタリー・タッチの作風」が定着してしまいましたからねえ(^^;)