健忘症の私へ

2005-08-16

[]妖怪大戦争

個人的には大満足。

妖怪マニアが集まって、自分の好きなようにいじくりたおした作品。

風俗描写(村の祭り)の再現は巧みだし、個々の妖怪特殊メイクは見事の一語に尽きる。

それもそのはず、主要メンバー御大水木しげる京極夏彦、おまけに荒俣宏宮部みゆきというそうそうたる顔ぶれ。

内容も、お色気シーンあり、ギャグもあり、少年の成長物語でもある。勿論、お涙頂戴まであるときたもんだ。

妖怪好きなら観ても損しないと思うけど……さあどうする?

[]姑獲鳥の夏

おばようおばよう

そう鳴くのです。

おばようおばよう

その声はいつのまにか私の耳に忍び込み。

おばようおばよう

そう鳴くのです。

原作のムードは残しつつも、調味料は独自になっていると感じた。

それにしても、京極は自作に出るのが好きだね、と、遊び心にニヤリと出来る作品でした(詳細は自分の目で確かめてくれいっ)。

[]皇帝ペンギン

正直な話、私はそこまでペンギンが好きではなかったのだなと、そう思った。

動きがユーモラスで見ていて楽しい。

その程度の気持ちでいた。

動物園は必ず見てはいたが、表面的な可愛らしさしか認識していなかった。

今の私は過去の私を蔑視している。

ユーモラスな動きの裏に秘められた愛情や信頼を見抜けなかったのだから……。

[]ユージニア 著:恩田陸

物語は無限の可能性を秘めている。が、しかし、作者が足枷となり、無限から有限へと固定してしまう。

ただ、裏をかえせば、作者の力量次第で限りなく有限を無限に近づけることが出来るのではなかろうか。

私はこの作品がそういう物語であると思う。

先入観なく読みはじめて欲しい一冊である。

[]刑務所の中 著:花輪和一

明るい獄中記。

あまりにも魅力的に描写されている為、直ぐにでも刑務所に入りたくなってしまう。

うう〜〜ん、今すぐには無理としても一度は入ってみたいなぁ。

そうなると何をして捕まるかを考えなければ……。

無銭飲食? それじゃ情けないし。

痴漢? 人生を捨てる気はないし。

やはり麻薬所持あたりが無難なのかなぁ。

どう思います?

さわめさわめ 2005/08/17 12:15 刑務所の中は想像するだけにしてくだされ…。
リアルなのにシュールな絵柄なのでかなりトリップできる漫画ではありますが。

typetype 2005/08/18 06:23 ……想像中……ニンマリ……ジュルリ……デップリ

さわめさわめ 2005/08/18 12:36 そうだ、ペンギンで何かひとつ物語をお願いします!
皇帝ペンギンでなくても可。読んでみたいです。ぜひ。

いよっしゃーーっ!!!!いよっしゃーーっ!!!! 2009/06/22 19:44
これ始めたら女釣れすぎーw ww
いつもテ〃リ嬢に金払ってたのがバカみてぇ。。
だってヤる度に金くれんだもんヽ(´ー`)ノ
ぶっちゃけ風俗は卒業ッス(´ー`)y─┛~~

http://dopyun.quitblue.com/q2q9FBN/

ぎょはぁ!!!!!ぎょはぁ!!!!! 2009/08/17 19:52
ヘイヘイ!!あひひひほはぁwwwwwww ちょwwいきなりごめwwwwww
寝てるだけで5 万もらっちゃって真面目な自分がヴァカらしくなってさwwwww
はぁーいま女シャワー浴びてんだけど、もう1ラウンドでまた5 万くれるってYO!wwwwww
またマグロでさっさと中 出 しするわwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/XNmDqRv/

2005-08-13

[]蒲公英草紙―常野物語 恩田陸(著)

じんわりほっこり

期待に胸を膨らませてページをめくった一冊。

常野物語では前作、光の帝国に続く二冊目。

個人的に常野一族という設定に大きく惹かれる。

自分の中に永久を住まわせる一族……内的外的の違いはあれど、妙に不死のものの物語を思い浮かべてしまう(アン・ライス著『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』、大原まり子著『吸血鬼エフェメラ』)。

私だけなのかもしれないが、自分の中に住んでいる「生と死を考える生き物」が目を覚ましてしまった。

ともあれ、読者の内側に響く良作だと思う。

下記の公式サイトおすすめ

『蒲公英草紙』恩田陸

http://www.shueisha.co.jp/tokono/

[]903SH

勢いで機種変を行ってみた。

N51→903SH

ある意味劇的な進化なのかもしれない。

特に、画素数320万というのは、デジカメいらないかも……と思いつつも、反面、そうなるとバッテリーの減りも早いんだろうなぁと不安になる。

色は、黒に決定。

赤は来週入荷ということもあったけど、携帯を開いた際の文字盤周辺の赤が気に入らなかった。外側の赤は好きなのだが、自分で見つめるのは文字盤周辺が多いので断念……。

白はもう純真な心は戻ってこないから、ということで同じく断念。

まあ、黒かな、と。

とりあえずは、新しいオモチャをいじりまくってみるつもり。

[]夜のピクニック 恩田陸(著)

読了後、登場人物が羨ましくなり、私もどこかを歩きたくなった。

富士山なんかはどうだろう?

そう自分に問いかけてもみた。

水戸一高の歩く会が元となり、この物語は語られている。

テレビ高校生が歩く姿を見たことのある方もいると思う。その歩く会を題材にした物語が本作である。

この本に関しては、予備知識無く読んで欲しいと思っているので、感想は一言。

私の母校にも歩く会があったらよかったのになぁ。

[]読書感想レビュー)の難しさ

難しく考えることはないのかもしれないけれど、妙に考えてしまいます。

●どこまで本の内容(いわゆるネタバレ)を記述してもよいのだろうか

  ・既に読んでしまった人ならいいけど、読む前の人だったら興ざめだし……本によっては全体で楽しめるものもあるけど、ネタが全ての小説もあるしなぁ。

●どういう方向がいいのだろうか

  ・要約のような感じ? 技術書の紹介ならそれでいいのだろうけど。

  ・単に面白かったつまらなかったという感想? う〜〜ん、それだと「感想」ではあるけど「レビュー」ではないし。

●他色々と……。


とりあえず、現段階の結論としては、

  ・その本のムードを借りて、その本に触れる人が増えたらいいな(未読の人を対象とした内容)。という感じにしています……。

さわめさわめ 2005/08/24 12:53 私も機種変したけれどメールの機能というか表示形式か?がちょっと不満。あと前よりボタンが押しづらい感じがある。でもまあ許容範囲かな。

2005-08-07

[]波に座る男たち 梶尾真治(著)

本書はノスタルジーと任侠が芳醇に香る良作となっております。

殆ど食べたことの無い鯨肉にノスタルジーを感じ、

仁侠映画でしか接したことの無い善玉ヤクザに思いを馳せる。

まさに現実に接しているようで隔離している本の中を

存分に楽しめる作品になっております。

さあ、貴方も捕鯨に参加してみませんか?

さわめさわめ 2005/08/13 16:24 男の世界?という感じなのかしら。
捕鯨よりはペンギンを捕獲したいですわっ私は。そしてたまには海に行ってみてもいいかなと思いましたよ。

typetype 2005/08/13 22:04 そうねぇ。よい意味で男の世界なのかもしれません。

2005-08-02

[]神狩り 2 リッパー 山田正紀(著)

物語の質には満足だが、構成に不満あり。

前作に比べ、神という存在への哲学的なアプローチは進んでいると思う。

ただ反面、物語としての神へのアプローチは薄かった。

  ・古代文字へのさらなる言及は?

  ・火星の文字が警告だという前作のヒキの活用は?

  ・登場人物個々の存在感は重厚だが、人物数が多く散漫になっている気も……。

とりあえず、

  『神狩り2 ○○』←江藤編とか

外伝を希望したい気分かな。

しかし、これは神を狩る物語である。

前作では、神の存在が仄めかされただけであるのに、今作では神の目前まで駒を進めることが出来た。

その点から星いつつとし、神狩り3を待ちたいと思う。

さわめさわめ 2005/08/04 12:52 神狩り3はでるのだろうか?それによって印象が変わるかも…と思っております。でも、次がでるとしてまた30年後なんてことはないよね?(笑)
しかし約1年ぶりですね「健忘症の私へ」も。おひさしぶりでございますよ。

みんなのプロフィールみんなのプロフィール 2005/08/05 01:08 ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/regist.html?mode=edit&title=%8C%92%96Y%8F%C7%82%CC%8E%84%82%D6&address=http%3A%2F%2Fd%2Ehatena%2Ene%2Ejp%2Ftype%2F


お問い合わせはコチラから
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/mail.html

typetype 2005/08/07 01:12 ひさしぶりですねぇ。例によって、こっそりこそこそしていきたいと思います。よろしゅうに〜〜。

2004-05-20

[]うみおんな


海女

セイレーン

ウンディーネ

人魚

マーメイド


ポセイドン

坊主

半魚人

マーマン


海と女性

海と男性(海坊主は違うか……)


並べてみると


女性は美

男性は怪


そんな気もする。


そして妙に頭に残っている番組がある。


『インスマスを覆う影』

http://www.ceres.dti.ne.jp/~dune/lovecraftmovies/shadow_over_innsmouth.htm


十年以上昔のテレビ放送にもかかわらず、ふとした瞬間に絵が脳裏に浮かぶ。

当時はラブクラフトを知ったばかりで、貪るように読んだのが懐かしく思い出される。

DocSeriDocSeri 2004/05/21 09:30 水は純粋性、清浄性の象徴でありながら、湿気、濡れは汚穢の象徴でもある。海に対し郷愁と畏怖を覚え、母性であり聖性である「若い女性」を美化する一方、そうでないものに恐怖するのでしょうな。

typetype 2004/05/23 00:54 海水≒羊水という事実も興味深く、また、山では山姥がいて姥捨て山もありと……しかし、姥捨て山はハッピーエンドだから違うか……。

さわめさわめ 2004/05/24 00:18 ちょっとズレますが、山の神さまは女だといわれてますよね、マタギとかに。

typetype 2004/05/27 23:46 山の神……ちょっと調べてみますか