typeAの散種的妄言録ver1.1 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-27 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』本日公開。

[][]「セブンイレブン」の価値は。 12:02 「セブンイレブン」の価値は。を含むブックマーク 「セブンイレブン」の価値は。のブックマークコメント

朝見たら既にkyuuriさんが反応されていたので、

私が横槍を入れるのはおこがましいとも思いましたが、

昨日3/4くらい書き上げていたので折角なので掲載しておきます。

=============================================================--

価格戦略は、フランチャイズの仕組みにおいてきわめて重要な部分であり、ここに規制介入が入るとフランチャイズの仕組みそのものを破壊する危険性がある。

(中略)

これをもったいないからという理由で、フランチャイジーがばらばらに値下げなどを行えば、フランチャイズとしての情報品質が毀損される可能性が高いのだ。

Libertarianism@Japan: Antitrust is harmful intervention

まあ、サイバー系であれ、非サイバー系であれ、リバタリアンの辞書に労働者の権利などという文字ははなからないのでしょうから、「俺の言うとおりにしろ、その代わりその結果生じる損失は全部おまえが負え」というやくざビジネスモデルに問題を感じないのでしょうけど。

リバタリアンの発想法: EU労働法政策雑記帳


下の記事だけ見ると疑問に思うのは、

それでは何故そうした「やくざビジネスモデル」に加盟店側は足を踏み入れてしまったのだろうか。

何故加盟店側はセブンイレブンフランチャイズ契約を結んだのか。

自分で独自ブランドで店を開いたほうが、

本部側の言うことなど気にせずに自由に商売が出来るだろう。

わざわざ本部の言うことを聞かないといけない形態を選択したのは何故だろうか。


答えは至極簡単だ。

その方が儲かると店側が判断したからだ。

セブンイレブンフランチャイズ契約すると、

加盟店側にお得なことがあるのだ。


そのうちの一つが「セブンイレブン」というブランドを使える点だ。

ブランドは即ち消費者にとってのシグナルである。

店員などは店によって異なるだろうが、

その店のことを良く知らなくても「セブンイレブン」と看板が掲げられていることで、

消費者側はセブンイレブンとしての均一のサービスが受けられることを予め知ることができる。


この「セブンイレブン」というブランドの価値は、

今までどの店でも均一なサービス・一定の品質を提供してきたこれまでの実績が生み出したものだ。

セブンイレブンのおにぎりをおいしいと思い、

これからもおにぎりはセブンイレブンで購入しようと考えている人にとって、

店は違えど「セブンイレブン」と看板が掲げてあって、

必ず"セブンイレブンのおにぎり"がそこで買えるのはとても便利だ。

また、いつも行っている店でなく他のセブンイレブンの店舗でもその"セブンイレブンのおにぎり"は買える。

他店でも同一のサービスが受けられることを「セブンイレブン」の看板は保証してくれる。

つまり「セブンイレブン」というブランドは、

そうした利便性・均一なサービス・一定の品質をどの店でも提供するという、

消費者側への約束ともなっているのである。


ではそのブランドが提供する約束が破られればどうなるだろうか。

ブランドの持つシグナリング機能が毀損されることは明らかだろう。

看板は「セブンイレブン」だが中身はバラバラであるならば、

セブンイレブンの看板は我々にその店のクオリティを何も教えてくれなくなる。

だからセブンイレブン本部にとっては、

「利便性・均一なサービス・一定の品質」を約束してきた「セブンイレブン」ブランドを守るために、

各店舗にそれの実現を要求することは理にかなっている。


ここで思い出して欲しいのは、

今まで述べてきたブランドのシグナリング機能が、

本部や消費者だけでなく、

加盟店側にもメリットがあるということだ。

加盟店側は「セブンイレブン」のブランドが使えるので、

一から客側と信頼関係を築く手間が省ける。

多くの「セブンイレブン」他店舗が積み上げてきた実績を利用して、

独自に店を持つよりも有利に商売をすることができるのである。

そうでなかったならどうしてロイヤルティーを支払いたいと思うだろうか。


となると、

加盟店側が払うロイヤルティーの価値というのは、

結局「セブンイレブン」ブランドの持つ「利便性・均一なサービス・一定の品質」のシグナリング機能であると考えることが出来る。

そして本部はそのシグナリング機能を出来る限り高める努力をするが、

そのことは加盟店側にとっても有利なことになる。


既にセブンイレブンが均一のサービスを提供できないことに対し、

素直に反応している消費者が存在する:

セブン愛好者の私としては、生鮮品の値引き物が出てしまうほうが、魅力減なんですよね。

(中略)

少なくとも、自分は好きなセブン店舗を分けてしまうかな、結果として。

朝日社説 asahi.com(朝日新聞社):社説 2009年6月23日(火)セブンイレブン―捨てない仕組みをめざせ - finalventの日記


勿論セブンイレブンの戦略が商業的に正しいかどうかは別問題だ。

弁当の廃棄を減らすために値下げ品を売り出すことが、

集客効果を呼んで却って売り上げを伸ばすなどといったことも有り得るかもしれない。

今のやり方がベストかどうかは私は判断できない。

コンビニではなく外食産業の話になるが、

餃子の王将」はここのところ創業以来の伸び率を記録している。

餃子の王将は例えばマクドナルドのように全店舗同一サービスを展開するという手法を採っていない。

そしてそのことが売り上げを伸ばす結果に繋がっているのは事実だ。

またチェーン展開する外食業界の基本である「どの店でも同じメニューとサービスを提供」という考えは「餃子の王将」にはない。500店舗すべて立地・大きさ・レイアウト・定食メニュー等が一店ずつ異なり、各店舗がそれぞれの個性を発揮させるようなシステムを採用している。外食産業ガリバー企業である日本マクドナルドが大型店舗と小規模店舗のギャップを取り払い、全店舗でサイズやレイアウトの統一化を懸命に進めているのとは対照の動きだ。

「餃子の王将」創業以来最高の伸び率 マクドナルドと対照の手法で躍進:MONEYzine


但しセブンイレブン本部は彼らが独自で知りえた情報やノウハウを生かして判断したのだろうし、

そうした経営手法を認めて加盟店はフランチャイズ契約を結んだのだろうから、

政府セブンイレブン経営判断を否定することは、

恐らくセブンイレブン本部にとっても加盟店にとっても良くないことだと考えるほうが自然ではないだろうか。

或る人から見ればセブンイレブン本部はヤクザに見えるのかもしれないが、

しかし店側は自分からその世界に飛び込んだのである。

anacapanacap 2009/06/27 23:33 お見事な分析です。typeAさん、覚醒wですね。ブランド・評判という情報的価値と市場における契約の自由。

セブンの当面のインセンティブはもちろん、今後の他への影響まで考えなくてはいけません。この介入は企業の良いブランドを構築しようという気を殺ぎます。

王将のことは思い出せませんでした。この前帰国したときはずっと通ってたんですけどね。(ちなみに大学のときは下宿の近くに1号店(京都・四条大宮)がありました。)いずれにせよセブンと同様、政府よりよい判断をしているはずです。

また全体主義の使徒を粉砕してください。

typeAtypeA 2009/06/28 21:09 >>anacapさん
コメント有難うございます。
ネタまでちゃんと拾って戴いてw有難うございます。

関西に居た頃は私もよく王将にはお世話になっていました。
わざわざ王将の話を出したのは、
あくまで批判したいのは政府だということを強調するためです。
なかなかこの部分については理解してもらいにくいところだと思います。