Hatena::ブログ(Diary)

u-ichiのにっき このページをアンテナに追加 RSSフィード

06年08月31日(木)

Google Apps

今更ですが、apus.jpのmxレコードをGoogleAppsに向けてみました。

これでメール関連はほぼ全てgoogleに集約する事に。

私の場合、用途毎にアドレスを変えるという運用方法にしており、メインアドレス以外は全て転送アドレスとして利用しています。

これまでは全て転送していたのですが、今回は各アカウント上毎に容量2GBが与えられているため、メールを残しつつ、メインアドレスに対して転送するという方式にしてみました。

これである程度は耐障害性も上がることが期待できるかな。(ドメイン単位で同一サーバになっていたらアウトですがw)

まぁ、どちらにせよ、1サービスに頼り切ることは危険なので、念のため、メインアドレスに対して定期的にpop3ローカルバックアップしておくという作業は必要ですが。

06年08月27日(日)

RTMのスマートリスト

タグをちゃんと決まったパターンでつけておくと、かなり便利に使えますね。

Action, Project, Waiting, Maybeぐらいで性質ごとにカテゴリ区分しておいて、内容ごとにひたすらタグ付け。

RTMの機能でタグクラウドを表示できるので、あんまりタグが増えすぎないように注意しながら、受信箱にタスク投入→期限検討→タグ付け→性質分類って感じに分けます。

その後に検索フォームに例えば”家でやる事”だったら、list:Action tag:myみたいな感じに絞り込んだのを保存して、スマートリスト化すれば、うまい具合に整理出来ます。

スマートリストに関しては、上部のメニューにカテゴリ分けより後に並ぶ形になるけど、順番は名前順になるので、場合によってはリスト名の頭に"1."や"2."という感じに番号をつけて並び順を制御すれば更に分かりやすくなります。

夏だから

一ヶ月ちょっとしか前切ってから経っていないけど、髪切ってきました。

最近よく行くところは1回3150円だから、まぁ懐には優しい。

これで少しは心機一転出来るかな。

最近、テンション低すぎたから少しは気合いを入れ直さないと。

SlimMeterを使ってみて

自分が如何に時間を無駄に使っているかが分かりました。

Webブラウジングの時間、長すぎです。

最初にある程度、どのくらいの時間をかけて今からこの行動を取るのか、ということを考えた上でタイマーをつける、という癖を身につけるのが、生活見直しの第一歩かな。

眼鏡、ちょっと気になる点

レンズを1点支持しているMP-690ですが、その支持している部分が視界に入って、少し気になりますね。

慣れでどうにかなる領域だとは思うのですが、ちょっと予想外。

RTMが微妙に重たい・・・

急激な負荷の増加にサーバが耐え切れていないのかなぁ。

この手のツールはレスポンスが重要なだけにちょっと気になるところ。

06年08月26日(土)

google trend

Googleの検索実施数とGoogleNewsの数の時系列変化をグラフ化してくれるサービス。

又、Newsの数が多い場合には英語限定ですがピークとなっているポイントの代表的なニュースピックアップもしてくれます。

Web2.0の単語が出てきたタイミングやニャー速の衰退、mixiの順調ぶりなど、思いつくここ数年の変化を入れてみるとかなり楽しめます。

時間軸の変更などもかなりスムーズに出来ます。

眼鏡新調

MP-690、ようやく出来ました。

評判通り、まったくずれないですね、この眼鏡。

今日の昼間、NOCで机の取り付けやケーブル配線の類をやっていたのですが、その際にはまったくずれはありませんでした。

ただ、付けている感覚がこれまでの眼鏡とは異なるため、慣れる必要はあるかも。

まぁ、今の段階では概ね良好です。

フレームの価格も10000円程度なので、まぁ他との価格差もないし、今のところは満足してます。

06年08月24日(木)

Ethna

今更ながら、Ethnaのドキュメントを読んでみた。

ORマッピングコントローラの仕組みはほとんどRailsと一緒ですね。

機能的にはまだまだRailsの方がはるかに上ですが。

ただまぁ、多人数開発の際にフレームワークがあると、コードが読みやすくなるのは確かなので、PHPによる開発をせざるを得なくなった場合は、使うという選択肢もアリかもしれません。

SlimTimer

最近、時間感覚が薄れてきている感があったところにちょうど良いツールが。

RTMと連携してくれたら、最強のタスク管理ツールになると思うけど、単独利用でも十分便利なので利用することにします。

ただし、全タスクを登録するのはGTDの精神に反する事になるし、そもそも無謀なので、タグごとに登録しておいて、その時間を計測するという形になりそうです。

Remember The Milk

http://sho.tdiary.net/20060819.html#p01

ただのにっきにて、RTM+GTD特集があったので、触発されてRTMに移行しました。

これまではTiddlyWikiでやったり、Checkpadでやったりと色々とやってきましたけど、RTMカテゴリタグを用いる今回のやり方が一番しっくり来ますね。

UI的にも非常に使いやすいし、Firefoxだとレスポンスも上々(IEだと駄目)

後は、、、GoogleCalendarと連携させたいんだけど、両方とも認証が必要な状態だとどうやってやるんだろう。

時間があるときに調べてみますか・・・・

「回線の遅延や停止に影響を受けない」,アルファシステムズが新型インターネットVPN装置を出荷

同時に2回線でパケットを射出して、先に届いたパケットのみを利用するという形でインターネットVPNの欠点と”言われてる”信頼性を担保したVPN装置です。

中継系のL1装置の場合でも同等の技術を利用していますが(こちらは後に届いたフレームのみを採用するというパターン)、パケット系通信の場合は先に届いたものを採用するだけで、確かに無瞬断が実装出来ます。

信頼性を稼働率という一点だけに絞り込んで考えるとしたら、この手段はかなりいけてますね。


ただ、遅延の差が2つの回線でどの程度まで許容されるのでしょうか。

後、片方の回線でアクセス系でパケットエラー等が出た場合、おそらくこの方式だと両回線ともにトラフィック量が増えるんですよね。

その場合、トラフィック量が最大値の半分以上だとしたら、、、バーストしそうですね。。。

この手の問題、おそらく他にもたくさんあると思うけど、どうやって対処しているのか気になるところです。


しかしこの手の製品でユーザ側で信頼性を担保できるようになり、さらにアクセス回線が1Gbps化してくると、中小企業の通信費は相当落とせますね。

フレッツ網だと実は網内折り返しができるから、ISPを経由せずにこの手の製品でVPNしてしまえば、セキュリティという点でもかなり担保も取れるし、レイテンシも相当低い。

面白い世の中になったものです。

CSSオンリーでクールなグラフを書くサンプル集

正直、この手は思いつかなかった。

ただ、読み解いてみるとそんなに難しい話では無い。

コロンブスの卵ですねぇ。

しぃペインター

Rails使ってお絵かきツールを作ろうかなと思って、しぃペインタを勉強中。

ruby経由での情報取得方法はhttp://still.airs.jp/?date=20050724が参考になりました。もちろん公式サイトも読みました。

とりあえず小一時間かけて読んで、rubyを利用した場合の実装のやり方は分かったので、次はRails上でうまく動くか、かな。

今日の夜にでも試してみよう。

06年08月20日(日)

養命酒

最近、眠りが浅い時が多かったため、飲むとよく眠れるらしい養命酒を買ってきました。

で、気がついたのですが、意外と美味しいですね、これ。

ホットウーロンとカクテルにしてあげると、かなりいけるんじゃないでしょうか。

今の家だとホットウーロンを作るのがかなり大変ですがorz

Webデザイン

最近、色々と勉強中。

数年間のブランクはやはり大きいですね。

ちょっとずつでも埋めていかないと。。。

やっと入稿

Quagga記事、何とか間に合いました。

後数回、著者校正をした後に9月中旬発売予定のSoftwareDesign10月号に載るはずです。

Vox

知り合いに招待されて、話題のVoxを使ってみました。

http://u-ichi.vox.com/

初投稿ネタでも投げていますが、コミュニティ機能ではなくblog機能自体のクオリティが相当高いです。

you tubeamazonアフィリエイト(本、音楽)、Flickrと主要所は全て押さえておきながらも、それらに対して良好なUIを提供しています。

blog単体としても高いクオリティを持ちユーザを獲得し、さらに獲得したユーザを元にSNS的な要素により、うまくシステムを繋げていくという形のビジネスモデルでしょうか。

エディタが高機能すぎて、低スペックマシンだと重たすぎて使い物にならないという欠点は抱えていますが。


コミュニティ機能に関しては正直、ユーザが少なすぎて、良さがまったく分からない状態ですが、この点に関しては今後、解決していくことでしょう、たぶん。

06年08月11日(金)

ProtocolKeepAlives

DebianのOpenSSHクライアントで独自拡張された機能です。

NAT環境下の場合、NAT側で長時間のセッションを自動切断してしまい、SSHコネクションが自動で切れてしまうという問題があるのですが、それを回避するため、一定時間ごとに試験用パケットを飛ばすことで回避します。


/etc/ssh/ssh_config

# 30秒ごとに試験パケットを射出します。

ProtocolKeepAlives 30


Windowsクライアントから接続するときはpoderosa側で設定が出来るのですが、今回、debianサーバから外部への接続になるため、セッションが自動で切れてしまい困っていた事に対する対処方法になります。

複数のサーバをモニタリングするソフトウェア群「BixData」 - GIGAZINE

結構UIがよさそうです。

ただ、クライアントソフトとして動作するため、一括管理系にはあまり向いていないかも。

shfsmount

最近は知り合い間ではOpenVPNを使っていたのですが、sshでしかアクセス出来ないサーバが出てきたので、そちらへのアクセスに利用再開。

sambaサーバ上にmountしてあげれば、SSHしか提供していないサーバのはずなのにあらフシギ、Windowsからシームレスにファイルアクセス可能になります。

ファイルのアップロード・’ダウンロードの手間も省けるし、ファイル自体の世代管理も一括で出来るようになるため、遠隔のサーバで作業をする人にはオススメの構成です。

また、この方式の場合、OpenVPNなどを利用してトンネリングする時と違って、ディレクトリ・ファイル情報の取得をSSH側で行う事になるため、ディレクトリスキャンの速度はSambaのみを使う形よりも圧倒的に高速であるという利点があります。(ファイルの転送速度という点ではほとんど差は無し)

ちなみにshfsmountでマウントしたディレクトリなのですが、私の環境だとなぜかまったくアクセスが無い状況下であっても、うまくumount出来なくなる場合がありました。

その場合、umountに-lオプションをつける事で、ロックを外してumountが可能になります。

poderosa version4

ようやく正式にリリースしたみたいです。

それに伴い、ciscoルータを扱うためのプラグインも公開された模様。

Poderosa4用ルータ管理プラグイン: ネットワークの実験ノート

まだあまりいじっていないのですが、10台ぐらいまでのCiscoルータコーディングをせずに管理するという需要だとかなり使えそうな雰囲気です。

06年08月10日(木)

ここ数週間、飛ばしすぎた反動が・・・

アクセル全開で公私ともに色々とやっていた反動が今頃来た。

頭痛と発熱が凄いので、会社はお休み。

うーむ、もう歳だなぁ・・・

今後はもう少しペースダウンしていきます。。。

実サーバへシステム投下

某所で依頼を受けていたシステムを実サーバへ投下し、期待された動作をするところまで何とか到達。

規模が極小とはいえ、3,4日程度でここまで来られるとはほんと、恐ろしい開発速度を達成できる世の中になったものです。

私程度ですら、これなのだから、本職だと更に速いんだろうなぁ。

アイディアを思いついたら、即動かないと、考えているうちに・人に依頼しているうちに誰かが先に実装し、先行シェアを取られるという動きが今後はさらに加速しそうだなぁ。

こういう世の中に取り残されないように今後も色々とスキルを磨いて行かなくては。

06年08月09日(水)

月刊Microsoft8月号

今月はお盆前だというのに大漁ですね・・・

管理者の方々、大変そうだ。

from amazon

久々に色々と書籍を購入したので一言ずつ。

珍しく早く寝たら目が覚めた

余りにも眠たかったため、11時に就寝してみたら3時頃に目が覚めてしまった。

長期休暇明けはやっぱり生活リズムが崩れるなぁ。

幸いにも今週・来週と会社は残業自粛日なので、昼間は頑張って、夜は眠たくなったら寝るという生活を繰り返して、元のリズムに戻す事にします。

rubyからのOpenPNE認証APIの利用方法

rubyXML-RPC機能を利用する事でAPIに対してアクセスします。

以下、認証チェック用のrubyコード。

auth_msg = Struct.new(:sid,:mid,:dt)

msg = auth_msg.new

msg.sid = @session_id

msg.mid = @member_id

msg.dt = @datetime

client = XMLRPC::Client.new2(@api_url)

member_auth = client.call2("000_auth",msg)

api_urlにはopenpne apiの外向けのアドレスが入ります。

通常の環境下であれば、http://OpenPNEサーバURL/?m=api&a=do_xmlrpcになることでしょう。

session_id, member_id, datetimeは前日のOpenPNE側から生成したURL情報をそれぞれ役割ごとに分割したものが入ります。

上記コード実行にて、member_auth[0]に取得可否がbooleanとして、member_auth[1]には取得成功時にはmember_idが格納されます。

実はXML-RPCの使い方が分からず、Struct変数を使うという事に気づくのに2,3時間ほどかかってしまいました。

難しいものです。。。

06年08月08日(火)

DivX Stage6

画質、凄すぎです。

まぁ、バッファリングをかなり余分に取っているだけに、理論上はyou tubeでも可能だとは思ってはいたのですが、実物を見せられるとやはり感動しますね。

とりあえず、このレベルのストリーミングが専用網ではなくインターネット経由で出来てしまっただけに、今後は更にサーバ側とネットワーク側でどこまで負荷に耐えられるのか、コストに耐えられるのか、ここの落とし込みにかかってきそうです。

しかし、本当に綺麗だなぁ・・・・

OpenPNE 認証APIの利用方法

OpenPNEから外部サーバへ認証APIの情報を伝達する方法になります。

例はh_homeに追加した場合です。


h_home.php

$c_member_token = db_api_get_member_token($u);

$datetime = date('YmdHis');

$this->set('session_id',md5(OPENPNE_API_TOKEN . $u . $c_member_token . $datetime));

$this->set('member_id', $u);

$this->set('datetime', $datetime);

h_home.tpl

http://外部サーバURL/sid=({$session_id})&mid=({$member_id})&dt=({$datetime})

これで自動生成されたURLから飛べば、認証に必要な情報を外部サーバへ引き継ぐ事が可能になります。

とりあえず、現状の認証APIだとこの手段でしか認証情報の引き継ぎが出来ないみたいなので、バッドノウハウみたいになってしまいますが。

06年08月07日(月)

執筆7割ぐらい完成

後はipv6周りを追い込めば良いかな。

なかなか文章書きは難しいです。。。

OpenPNEとの連携

某所で依頼があったので、OpenPNEruby on railsによるアプリケーションの連携を検討していたのですが、ようやく方向性が見えてきました。

ここ数日、OpenPNE APIrubyから叩く事が出来るClass作りをしていたのですが、ようやく8割方完成。

OpenPNE APIで規定されているmember情報はメソッドを叩くだけで、あらかた取得できるようになりました。

ちょっと手こずっていた認証API通信ですが、この部分も慣れないPHPをいじって、OpenPNE側に仕込むコードを作ったので、現段階でも、

・認証情報の引き継ぎ

・認証したユーザの情報

上記2つに関しては、かなりスムーズに取り出せるになりました。

認証情報に関してはrailsのsessionに載せる事で、一度initializeしてしまえば、後はrailsのsesszion情報とまったく同じ扱いに出来るようになってます。

コードを整理したら、公開してみようかな。

MP690

眼鏡を注文してきました。

今回はhttp://assiston.co.jp/?item=210のMP690にしました。

購入はhttp://homepage2.nifty.com/yahagi/が評判が良かったので行ってきたのですが、評判通り、なかなか良い対応でした。

作成にかかる日数は2週間との事なので、今から完成が楽しみです。

しかし、、、左目の乱視が予想以上に悪化していてビックリしました。

長期的には手術も検討しなきゃなぁ・・・

06年08月03日(木)

VMware上でのルーティング

vmwareの仮想NIC+仮想SW機能使えば、8サブネットまでは楽に構成出来る事にようやく気がつきました。

これまでは仮想L2NWを組もうとすると、いつもopenvpn使っていましたが、この方法だと非常に楽。

唯一の欠点はL2NWの構成変更をVMware起動中には出来ないため、気軽に回線の切り替えが出来ないことか。

後、微妙に応答速度が悪い事か。

だいたい2,3ms程度の遅延が出てしまう。


それにしても、VMware Serverのフリー版は使いやすい。

これがあるのと無いのとでは、検証作業の速度がまったく違う。

こんなのを個人で使うことが出来るなんて、ほんと良い世の中になったものです。

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2006 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2007 | 07 | 08 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2009 | 01 | 02 | 07 | 08 |
2011 | 11 |