Hatena::ブログ(Diary)

u-th@blog

2014-10-23

第1回 きものサロン「母から娘に継ぐ、古き良き文化」

f:id:u-th:20141021094727j:image

10月22日、第一回目の「きものサロン」を開催いたしました!

「きものサロン」とは

着物って、改まった場所にしか着ていかないイメージがありますが

季節の行事や、デートや女子会、もっと気軽に楽しみたい!

とにかく着物が好き、着付けがしたい、そんな方のための

着物を楽しむサロンです。


着付け教室など、形式張ったやり方ではなく

その方の要望に応じ、その方に合わせたやり方で

プロの着付師が、技術・コツの他、コーディネートの仕方や

作法、所作などを伝授いたします。

f:id:u-th:20141022093650j:image

今回、ご参加頂きましたのはワタクシ植田の友人2名!

うち1名はお母様(60代)とご一緒に参加されました。

一人目の友人は、以前に着付け教室に通っていたけれど

座学ばかりで、途中で挫折しまわれたそうで

もう一度勉強しなおしたい。実技を教わりたい。

とのこと。今回は、来月の七五三にお子様の着物を着せたい

とのことで着物を持参頂きました。

f:id:u-th:20141022102716j:image

二人目の友人は、お母様の方が以前は着物の着方を

知っていたのだけれど、忘れてしまったので、もう一度

思い出したい。ということで友人が着付けモデルとなり

お母様のレッスンとなりました。

友人いわく、嫁入り道具にと作ってくれた着物。

知らない間にこんなにたくさん用意してくれていたのかと

感動したそうです。だからこそ、しまっておくだけでなく

もっと着物を着たい!という思い。

f:id:u-th:20141022102802j:image


うん、わかります。その気持ち。


皆さん、以前から経験があることもあり、手際もスムーズ??

手ほどきを受けながら、ポイントをしっかり押さえていきます。

f:id:u-th:20141022101228j:image

f:id:u-th:20141022101638j:image

f:id:u-th:20141022101031j:image

途中「頭ではわかったつもりでいるけれど、手がついていかない〜」と

嘆くお姿も。笑

f:id:u-th:20141022105236j:image

f:id:u-th:20141022105415j:image

そうそう、見ていると簡単そうには感じるのですが

いざ、自分の手を動かすとなると、できないもんなんですね〜

f:id:u-th:20141022103840j:image

f:id:u-th:20141022103247j:image

f:id:u-th:20141022105555j:image


実は、教えているこのプロの着付師とはワタクシ植田の

母なのでございます。

f:id:u-th:20141022110541j:image

「娘の成人式に着物を自分で着せたい!」という目的があり

着付け教室へ入門。私が小学生の頃です。

何事にも熱心に打ち込む母は、そこからのめり込み、今や

職業になっております。主に婚礼の着付けを専門にしており

現役キャリア20年以上。


そして、当初の「成人式に娘の着付けをする」という目的は

私が20歳になった時には着付けが職業になっておりましたので、

成人式当日は、仕事での着付けに追われ、肝心の娘の着付けができず??

母の職場に行って、別の方に担当して頂きました・・。笑

しかし、その十数年後、私が結婚する時には白無垢を

母に着せてもらいました。これはなかなかできない経験なので

私も大変感慨深く思っております。


レッスン中は、私は友人二人の子供ちゃんと遊び〜。

大はしゃぎで、汗だく。

f:id:u-th:20141022110956j:image


レッスン後はみんなでティータイム♪

f:id:u-th:20141022115827j:image

ほっと一息、話は盛り上がりました。

それもそのはず。

今回参加頂いた全員にいくつか共通点があります。

・3世代で同居。いずれも実母と。

・全員、娘を持つ母

・母親、自分達、子供達、それぞれが同級生

 母親(S26年生まれ)自分達(S53生まれ)子供達(H23生まれ)

そりゃー、話は尽きませんよ。

話題は、子供や親の話。子供目線の言い分や、親目線での言い分

色々考え方があって楽しかったです。


着物。

考えてみれば、着物って自分で買った事が無い。

子供の頃から、気がつけばそばにあって

必要な物は全てきちんと揃えられていた。

全て、母が用意してくれたもの。母が教えてくれたもの。

きっと、母も同じ様に祖母から与えてもらったのだろう。

そして祖母も、その前のご先祖様も。

母から娘に継がれていく、日本が誇る、古き良き文化。

そんな歴史や、受継いだ愛情を味わいながら

ゆる〜い空間で、じっくり着物に触れてみるのも

良いものですよ♪

2014-10-19

第1回 「親子でものづくりを楽しもう!工作ワークショップ」レポート!

昨日10月19日は当クリエイティブ工場での

第一弾イベントとして、工作ワークショップを開催しました!


ユース・クリエイティブ工場で展開するワークショップ

〜「親子でものづくりを楽しもう!工作ワークショップ」とは 〜

工場だからできる、学校やご家庭ではなかなか体験できないものづくりを

親子で楽しもう!というもの。

お子様にとっては、学校では扱わない素材に触れられたり、

お母様の立場だと、家で工作すると「家ん中汚しちゃうー!」

なんて、思っちゃうのですが、この時ばかりは関係ありません。

思う存分自由に楽しんで頂きます!



今回は、初回ということで、モニター参加として

ワタクシ、植田のお友達親子3組にご参加頂きました。

お子様の人数、男の子2人、女の子3人、そしてウチの娘二人。

年齢は小学3〜6年生、そして3歳と1歳。

f:id:u-th:20141019073754j:image

今回のメインとなる材料はコレ。

f:id:u-th:20141019073628j:image

木材、アクリル、アルミ。

木材は、事務所の改装時にお世話になり、その後仲良くなった

大工さんから、現場で転がっている「もう要らなくなった」木材片を頂きました。

アクリルも、私がレーザー加工で使った後の、同じく不要な破片。

アルミは、毎度おなじみ東亜成型さんからの物です。

これらの材料をベースに、装飾していきます。

ザザーッと説明し、いざ、工作スタート!!

f:id:u-th:20141019134604j:image

f:id:u-th:20141019133541j:image

みんな、思い思いに手を動かします。

お母さんのサポートも!

f:id:u-th:20141019143311j:image

ちょっと力が要るところは、シシド兄さんがお手伝い!

その様子をじーっと見つめるNちゃんと我がムスメM。

f:id:u-th:20141019150402j:image

オレ、拳銃作りたいねーん!

と言っていたご兄弟の、Kくん、Gくん。さすが男の子ですね〜。

そんなご兄弟のご希望に応えるべく、シシド兄さん本領発揮です!

f:id:u-th:20141019150917j:image

シシド兄さんの手ほどきを受けながら、子供たちもトンカチ★

f:id:u-th:20141019145437j:image

f:id:u-th:20141019145507j:image

そして、できたのがコレ!

f:id:u-th:20141019151548j:image

昔なつかし、割り箸で作ったアレです、アレ!

木材を切って繋ぎ合わせ、アルミと合体。そして輪ゴムを飛ばします。

シシド兄さん、ヤルじゃ〜ん♡

子供たちからも「おぉ〜っ!」と声が。

ご兄弟も大喜び〜。シシド兄さんのことを「師匠!」なんて呼んだりして。笑

この後、シシド兄さんによってもう一丁作られ、

兄弟で走り回っておりました。

f:id:u-th:20141019150312j:image


ちなみに、ご兄弟の作品がコレ。

f:id:u-th:20141019151733j:image

王冠だそうです。やはり、男の子の発想?



そして、3歳と1歳は、床でお絵描き〜。

まだちょっと、お姉ちゃんたちのやってることはムズカシイ?

思いっきりクレヨンで殴り書き。笑

f:id:u-th:20141019143608j:image

ご姉妹の作品はコチラ。

色とりどりでキレイ。そして可愛い色使いですね!

さすが、女の子らしい発想です。

f:id:u-th:20141019151626j:image

f:id:u-th:20141019151654j:image

3歳のSちゃんも、お母さんと一緒に頑張りましたよー。

これは、お家で飾るそう。

f:id:u-th:20141019151639j:image


こ〜んな感じで、今のところ不定期ですが、

ワークショップを展開していく予定です。

今回は、皆さんの自由な発想にまかせて、自由な物を作って頂きましたが

次は、テーマを設定して行っていこうと企画中。

たくさんの親子の方に楽しんで頂けるよう、どんどんネタを作って

また報告いたしますー!

2014-10-02

職人さんの腕自慢!東亜成型様展示会出展で「DOYA」ブランドデビュー★

皆様こんにちは。

先日9月24〜26日インテックス大阪で開催されました

ものづくりの展示会「機械要素技術展」に東亜成型様が出展されるにあたり

企画・デザインを担当させて頂きました。

今回は自社商品のお披露目ともあり、製品・技術のアピールはさておき

とにかく、目立つ!ことにこだわり、東亜成型らしさを全面に出した

ブースづくりとなりました。



一緒にお仕事させて頂くようになってから、約4年ほどのお付き合いに

なりますので東亜成型さんのカラー、社風、テイストなど、

体に染み付いていて、皆さんが何を求めていて

どんな感じのものが好きで、どんなものが喜ばれる・・のかが

話しを聞くだけですぐにイメージできてしまうんですね。

なので、準備期間は約一ヶ月ほどでしたが、段取りを決めてからは

わりと弊社での制作は行き詰まる事なく進める事ができました。



ブースの骨組みなど、大抵は一式でレンタルしたりするのが一般的ですが

今回は全て自前!骨組みから壁貼りまですべて職人さんによって作られました。

事前に現場で組立てシュミレーション

さすがは職人さん。てきぱきと進みます。

f:id:u-th:20140919105133j:image

f:id:u-th:20140919110057j:image

搬入当日は快晴!

会場の準備もあちらこちらでたくさんの人達が

頑張っておられました。

f:id:u-th:20140923114902j:image

f:id:u-th:20140923114822j:image

いよいよ現場入り!

私達が到着した時には、前日入りされていた職人さん達により

枠組みもできており、おおよその形ができておりました!

さすがっ!

f:id:u-th:20140923115226j:image

f:id:u-th:20140923115711j:image

f:id:u-th:20140923115719j:image

ブースのテーマは「ガレージ風秘密基地」

遊び心がいっぱい詰まった、オレたちの自慢の部屋!

ってことで、製品や技術説明のパネルを掲示した

企業様ブースがズラリと並ぶ中、風変りな空間を演出

これが、東亜成型らしさだぜ!

f:id:u-th:20140924101035j:image

フラ〜っと遊びに来る感覚で、雰囲気を味わってほしい!

なので、空間のレイアウトは部屋を意識。


そして、今回の展示会のメインの目的は

自社製品のお披露目。

そのブランド名が「DOYA(ドヤ)」

現場の職人さんから出た「こんなのあったらいいな」の

アイデアから生まれた製品。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その職人さん達の姿は、まるで子供のように無邪気に

ただ純粋にものづくりを楽しんでいる。

そして、自分のアイデア、技術、知恵を自慢したい気持ちが

「どや!こんなん作ってん!」



そして、この商品を欲しいと思う人のイメージとして

自分のこだわりを強く持っていて、それを生活にも表れている。

自分だけの、自分のお気に入りのアイテムを持つ事で

まわりと違う自分に優越感を感じる。

そして、そんな自分のアイテムを自慢したい気持ちが

「どや!こんなん持ってんねん!」

そんな「作る側」と「持つ側」のドヤ心(自慢したい、褒められたい)を

くすぐるアイテムが「DOYA」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな思いをこめてできた、工場発!のブランド「DOYA」。

弊社では、ロゴ・パンフ・イメージポスターをも手がけさせて頂いております。

f:id:u-th:20141003011036p:image

ロゴには、「O」の部分にナットとビスをモチーフに。

そして、黄色の中にある緑の十字は、工場でおなじみのマーク

そう、「安全第一」なのです!笑

安全第一の現場で生まれた、安全第一を考えた商品ですよ。ってコトで!

f:id:u-th:20141002153612j:image


そして、イメージポスター。

名前の「DOYA」どおり

「皆さん、最高のドヤ顔をして下さいねー」のリクエストに

バッチリ応えてくださいました!

f:id:u-th:20141002153904j:image



そして商品の紹介。


ドラム缶棚

ドラム缶を半分にカットし中仕切りにアルミの板をはめ込んでいます。

f:id:u-th:20140925101900j:image

ドラム缶テーブル

ドラム缶も職人にかかればおしゃれなテーブルへ・・・

中に自分の好きな物を飾れます・

f:id:u-th:20141003014800j:image


「縦置きスプーン」

縦に置けるので狭い場所でも置けちょっぴりドヤ顔のスプーンです。

ずっしりと重みもあって手にしっかり馴染みますよ。

f:id:u-th:20141003011041j:image


職人流収納棚

取手がスパナやドライバーなど工具に・・・

職人の遊び心満載の収納棚です・

f:id:u-th:20140925102530j:image


3日間の展示会。たくさんの方々がお越しになり

素晴らしい出会いもありました。

なかなか大変ではありますが、心地よい疲労感。

得るものが多かったと思います。


そして、DOYAを創る過程に関わる事ができたことに感謝。

そして、皆さんの目に触れ、心に伝わった時

密かにドヤ顔の私。笑

そんな皆のドヤ心がたくさん詰まったブランドです!

ここからがスタート。

次なる目標に向けて、さらに加速いたします!

2014-09-12

クリエイティブ工場 改装第2弾★ ものづくりを通して生まれるコミュニケーションの場へ

朝夕涼しくなり、すっかり秋めいてきたこの頃。

季節の変わり目で、ちゃっかり風邪をひいてしまいました>_<。

さて、クリエイティブ工場の改装計画第2弾!としまして

この工場の2階部分を改装することにしました。

といっても、特に工事を加えるわけでもなく、自力で

改造していきたいと思います。

2階部分は、昔は工場の事務所及び作業スペースとして使用していました。

なので、誇りっぽいものの部屋としては綺麗なまま残っております。

f:id:u-th:20140908121645j:image

f:id:u-th:20140908121523j:image

現在は、特にこれといった目的もなく、放ったらかしの部屋。笑

若干もの置きスペースになっておりますケド。

f:id:u-th:20140908121640j:image

左に見えているのは、以前に私の父がトローリングの大会で

優勝した時の魚拓。笑 120cmほどあります。

初優勝の時のもので、記念に持って帰ってきたものの

置き場がなく、こちらの部屋の壁に鎮座したまま・・^_^;


この2階の使い道はといいますと

次の展開としまして、クリエイティブ工場では親子を対象とした

ものづくりワークショップを企画中です。

工場跡ということを生かし、余っている工具や場所を有効活用、

工場だからできる「ものづくり」を親子で体験!

家では、道具が揃わなかったり、場所がなかったり

はたまた「家の中汚れちゃうー!」なんて思ったり。笑


クリエイティブ工場では、自由に思いのままに

ものづくりを楽しんで頂けます。


ものづくりって、とっても素敵なコミュニケーション。

一緒に見て、触れて、感じて、考えて、、楽しんで。

そうして我が子の感性を発見したり、引き出す機会でも

あるんですね。


今、自分の目の前にある物、事柄、

考え方一つで、自分の財産になる。

かつて、もの置き場でしかなかった、この工場もそうでした。

私がこうして、工場に新たな価値を見いだすことができたのも

ものづくりがキッカケ。

身を持って経験したから、少しでも多くの人に、ものづくりの素晴らしさを

伝えていきたいとホンキで思うのです。


ものづくりワークショップは10月から予定しております。

詳細はまた後日、お知らせしますー!

2014-08-24

満員御礼★廃材アート ワークショップ@西淀川ものづくりまつり2014

f:id:u-th:20140822153253j:image

8/23(土) 西淀川区ものづくりに参加しました。

今回は、私が所属する女性クリエイター集団

「Mother-hood」としての参加。

東亜成型さんとコラボで、アルミの端材を使った廃材アートの

ワークショップを開催しました。



この端材、アルミの鋳造の際にできる「バリ」とよばれるもの。

現場では不要とされるものですが、よく見ると様々な形があって、

楽しいんです。そんな端材たちにデコレーションし、新たな命を

吹き込んでアート作品として蘇らせるのです。

f:id:u-th:20140822144356j:image


今回は、お子様対象のイベントということで

「アルミの森を作ろう!」というテーマを掲げ、

子どもたちに生き物や植物などなど、自由な発想と

伸びやかな感性にまかせ、思い思いに作って頂きました。

f:id:u-th:20140823103107j:image

f:id:u-th:20140823144823j:image

f:id:u-th:20140823103232j:image

f:id:u-th:20140823144852j:image


おかげさまで大好評!3部構成のワークショップも、

午前中に予約がいっぱいとなりました〜!


親子で参加された方、お友達同士、兄弟で参加されていたり、

みんなでワイワイ楽しんで頂けたようで、そんな皆さんの笑顔を

見ていると、やって良かったな〜、と。

ものづくりって、素敵なコミュニケーションなんですね。

f:id:u-th:20140823110430j:image


端材を手に「怪獣みたーい!」「コレ、車!」など、

ホントに想像力豊か。見たままの形を自由に表現、

子どもたちの発想は広がります。

f:id:u-th:20140823145132j:image


中には「何作ろう??」なんて考えこむお子さんもいましたが、

見本を見せてあげたり、ヒントを与えてあげると、

突然閃いたように手を動かし始め、熱中する姿も。


そんなワイワイしているところに、お子さんから「このアルミはどこから来るんですか?」とマジメな質問を受け、一瞬戸惑うメンバー。笑

そうですよね。当然の質問です。お子さんにもわかりやすいよう、丁寧に説明させて頂きました〜。


そして、今回はMother-hoodとして、記念すべき第一弾のイベント。

これからの活動のユニフォームとして、エプロン作っちゃいました!


実は、Mother-hoodのロゴにはエプロンをモチーフにしております。

小さい頃、お母さんはいつもエプロンをつけていて、何をするにも

まずはエプロンを身にまとうところから始まる。

それはまるで「さぁ、やるぞ!」と気合いを入れるかのように。

そんな風景を思い出し、私たちのシンボルとして描きました。

f:id:u-th:20140607215250j:image


このエプロンは、メンバーであるR子さんの会社でオーダー。

R子さんは、作業着メーカーなんです。身内で発注!

こんな事ができるのも、Mother-hoodならでは。

そして、エプロンをつけたメンバーたち

上機嫌でパチリ!

f:id:u-th:20140824215640j:image


たくさんの方に好評を頂き、とても充実した一日でした。

今回お誘い頂きました、東亜成型様そして色々アイデアや

工夫を凝らしてアドバイスをして頂いた職人さん方に感謝!

今回のイベントを通して、私たちの活動に興味を示してくださり

お声がけ頂けたことも、私たちにとっては大変嬉しい事です。

またスタート地点にたったばかりですが、これからも

皆さんに笑顔がとどけられるような、楽しいモノコト

仕掛けていきたいと思います!