Hatena::ブログ(Diary)

u_tNikki! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-05-13

ドイツ システム手帳『X17 バラクロン』レビュー1 〜モレスキンとトラベラーズノートが融合するとこうなるかもしれない〜

| ドイツ システム手帳『X17 バラクロン』レビュー1 〜モレスキンとトラベラーズノートが融合するとこうなるかもしれない〜を含むブックマーク ドイツ システム手帳『X17 バラクロン』レビュー1 〜モレスキンとトラベラーズノートが融合するとこうなるかもしれない〜のブックマークコメント

手帳ノート選びが永遠テーマになってる人は自分以外にも結構いると思うけど。

システム手帳→綴じ手帳に流れて

モレスキンMDノート    MUCUも使ってみたり


でもスケジュール帳とノートを一括したいからトラベラーズノート


でもなぜかいつも手元にあるモレスキン


ということで延々と手帳を探す。


その無限ループを食い止めるべく出会ったのがX17の手帳


X17とX47の2つのラインがあって、

X47はラインナップの全てが革製でフォーマルな上位ライン?ノートを挟み込む機構メカニカル

X17は皮革製もあるけど、ナイロン(に似た素材)など色々な素材がラインナップにあるカジュアルなライン。

といっても十分ビジネス的にも対応すると思う。


今回はそのX17のバラクロンという手帳

外見がとてもモレスキンに似た合成素材のカバー手帳

表紙の見た感じの模様や触った感触はモレスキンと区別がつかない。

少しだけバラクロンの方が固いかな。

LEUCHTTURM1917よりも素材は近い気がする。


リングバインダーシステム手帳リング付近の書きづらさは誰もが実感していると思う。

それを克服しているのがX17,X47。

モレスキントラベラーズノートが好きな方はこれ一択だと思う。


今日手にしたばかりなので詳しいことはまた後日

とりあえず表紙の画像と関連のページだけでも。


f:id:u_t731:20100513201748j:image

表紙はとってもモレスキンに似てる。


f:id:u_t731:20100513202606j:image

背表紙がX17の特徴でもある。このゴムでノートを挟む。

X47は背に何も出ない。


続き

ドイツ システム手帳『X17 バラクロン』レビュー2 〜モレスキンとトラベラーズノートの欲しいところ取り(個人的に)〜

ドイツ システム手帳『X17 バラクロン』レビュー3 〜種類が豊富なノートリフィルの紙質〜

ドイツ システム手帳『X17 バラクロン』レビュー4 〜トラベラーズノートとモレスキンとリングバインダー手帳と比べる〜

ドイツ システム手帳『X17 バラクロン』レビュー5 〜SamsoniteのS17,S47って何だろう〜



X17

日本語ページ

X47

日本語ページ

株式会社 不二越 (DESCO) 

X17,X47の日本代理店

X17 Customized Covers 

X17 Customized Covers(YouTube channel)

X17を芸術的にカスタムしてる。 一度は見るべき

Notizbuchblog.de 

X17,X47の詳しい記事があるブログ



D

D


[rakuten:soprano:10000986:detail]