NKN:ノータリン感想ノート(閉鎖) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
※別館「theinvisiblegunの日記」を中心に更新中。詳しくはこちら

2005-09-12 結局日本は自民党のものなのね

[][]「のまネコ」騒動はネット右翼運動の変形? 「のまネコ」騒動はネット右翼運動の変形?を含むブックマーク

騒動の開始から約1週間が経って、2ちゃんねる内ではまとめサイトが潰されたとか何とかで未だに紛糾している(らしい)当問題ですが、前回のエントリーで端緒を見せたエセ社会学的思考(nekonekoさんへのお返事の部分です)を進めてみた結果、なんだか自分なりに本問題の本質というか「そもそもなにが問題とされているのか」が何となく見えてきてしまい、急激に本問題への関心が低下してしまいました。


まあ、以下記述する内容が果たして本当に正鵠を得ているのかは解りませんし、単なる自分の妄想かもしれないのですけども、問題に対する関心が薄れているのは事実なので、本問題について書くのは多分これが最後になると思います。

なお、本エントリーでは(今までは割と擁護的に扱ってきた)所謂「2ちゃんねらー」の方々に対して、かなり批判的な事を書いているので、読まれる方はその点を予めご了承ください。

どうせ乱暴な内容なので、文体もいつもの敬語ではなく常態にしています。


***


最初に書いたエントリーで「avexひろゆきに金払えよ」という2ちゃんねる寄りの結論を出したのは、本題である「のまネコ騒動をどう解決すべきか」が最初のテーマとしてあったのは確かだけども、実は隠れたサブテーマとして「のまネコ騒動で問題視されている部分を明確化する」という目的があったからだった。自分が出した「あやしいわーるどから盗んだモナー著作権を主張するなんてバカな真似はやめて、倫理的見地から冷静にavexを批判しろよ」てな提言は、もしそれが2ちゃんねるの方々の間に多少でも広まれば、当初巻き起こっていたavexサイドへの度を越した誹謗中傷や、反2ちゃんねる派のブログへの荒らし行為なんかも沈静化出来るかもしれないと言う見込みが(ほんの少しだけども)あった。こんな弱小ブログからそんなムーブメントなんて起きるかよバーカと言われれば確かにその通りなんだが、2ちゃんねるURLが晒されればそれだけで相当な人が来る筈だし、実際当該エントリーid:fake-jizoさんのブログGilCrowsさんのブログ、「ぁゃιぃ(*゜ー゜)NEWS」さんのヘッドラインなどで取り上げて頂いたお陰で、2000人ほどの人が外部からの来訪者としてエントリーを読みにきてくれた。


が、id:fake-jizoさんやid:nekonekoさんのようなあやしいわーるどの方には(エントリーの内容について)言及されても、2ちゃんねる住人を名乗る人には(エントリーコメントしてくれてた森の人さんは知らないけども)明確な賛意や非賛意を示す反応が一つも無かった。もちろん、2ちゃんねるスレッドからのリファラも見当たらなかった*1

あんなクソ長いエントリー誰も最後まで読んでくれなかったんだろう、とも思ったが、最後の方に結論だけを数行で纏めた「暫定的結論」のパラグラフもあるし、ちゃんと全部読まなくても大体の内容は理解してもらえるように書いたつもりだったので、何故僕の意見に対するレスポンスがないのか、また(僕のエントリーを知ってか知らずかに拠らず)僕と似たような意見2ちゃんねるの人々が唱えないのか、釈然としなかった。

モナーやギコは2ちゃんねるが独自に生み出したものではなく、2ちゃんねる住人があやしいわーるどから奪って「オレのもの」に仕立て上げてしまったということは、まあある程度は歴史的知識として認知されているのだろうと思ったし、仮に一部の*2バカなチャンコロが「著作権的にアレだから云々」とモナーの商用利用を非難しても、id:mrnknさんのこのエントリーに一撃で論破されるような論理しか組み立てられないのは明白だし、金が欲しいのでも著作権利を主張したいのでもない、じゃあ「のまネコグッズの販売を許さない」などと言っている2ちゃんねる住人がavexを非難する根拠は何処に?………この点が全く分からないので暫く逡巡していたのだが、id:nomanekoという2ちゃんねる住人の人のこのエントリーを読んで、なんとなくナゾが解けた(ような気がした)。

まあ、そんなこんなで確立されてしまったプライドを、ナタの切れ味で傷つけられたら黙ってはいられないわな。

「てめえ、エイベックス、あとフラッシュの作者、ふざけんじゃねえ」

ってことになるわけですよ。この時点では法律論なんか関係なし。単なる感情論モナーという、愛してやまないキャラクターで、普段遊んでいる2ちゃんねるシンボル的なものを、勝手インスパイヤされて塗り替えられたものを。このあたりは「国旗を焼かれたところで誰にも損はない」というのに似ているかと思う。どこかの国の国旗を公衆の面前で焼くのは全世界共通の挑発行為でしょ。

んで、エイベックスがそれが国旗を焼くかのような挑発行為であることを知ってか知らないでか、やってしまったわけだ。怒る人が出る。当然、拠点となるのは毎度のことのニュース速報系の板。いや、俺みたいにはてなダイアリーを拠点に活動してもいいと思うんだけれどね。まあ、ニュース速報系の板に集まるのは「おやくそく」みたいなもんだし。このへんは「UNIX板が2ちゃんを救った」のと同じように、普段は別の板で書き込みやROMをしている人が集まって何かをする、という感じ。モナーなんかどうでもいい人も、祭りが好きなだけの人も、みんな集まってああでもない、こうでもないと議論を続けながら、これもまたおやくそく「縦読み」「工作員」「釣り」だなんだと夜が明けて日が暮れるまで、延々と。

ネット右翼運動じゃん、これ。


***


わざわざ国旗を喩えに持ってきてくれているので解りやすいと思うのだけど、上の引用部の「モナー」や「2ちゃんねる」を「国旗*3や「日本」に置き換え、敵として糾弾されている「エイベックス」や「フラッシュの作者」を「韓国」や「中国」に置き換えれば、まさに2ちゃんねるニュース速報系の板やブログを中心として行われているネット右翼運動の姿そのまんまになる。根拠なく感情論で相手を糾弾するところも一緒。縦読み」「工作員」「釣り」だなんだと夜が明けて日が暮れるまで、延々とコミュニティ内部で仲間と議論*4を続けるところも一緒。自分に反対する意見(今回の場合だったら親avex的な意見や、あやしいわーるどの方々が表明されている反2ちゃんねる的な意見が相当するだろう)を持っている人が運営するサイト(ブログ)に、大勢の"2ちゃんねる住人"が意見を寄せる事例が見られる事、その数の多さとネット固有の端的な文章から、時に暴力的に見えることがある所まで一緒だ。このことに思い当たった瞬間、僕は一気に全身の力が抜けていくのを感じた。何だよ、著作権モラルに関するインターネットコンフリクトに関わるような、もっと重大な問題なのかと思って考えてたのに、単に奇形化しただけのネット右翼運動かよ。この問題、開始当初からその動きに僕はどこかで既視感を感じていたのだけど、それは前のタカラギコ騒動ではなくネット右翼運動に対するデジャヴだったのだ。なーんだ。


今回2ちゃんねるの住人が(元ネタとなったFlashミュージックステーションで流れたり、Flashが収録されたシングル恋のマイアヒ」が総売上30万枚のミリオンセラーヒットとなった時は何も言わなかったにも関わらず)そのFlashに登場した「モナー」が「のまネコ」としてグッズ販売され始めた途端に烈火のごとく怒り出したと言う(外部から見れば全く不可解な)現象も、ネット右翼が韓国の日本文化パクリネタを執拗に批判するのに准えれば、今回の(2ちゃんねるというコミュニティ内部にいる)2ちゃんねる住人の心情は割と理解しやすい。前回のエントリーでも軽く触れたけれども、(外部から不可侵な存在としての)(幻想の)共同体2ちゃんねるにドップリ浸かった2ちゃんねる住人は、その共同体内部に外部の人間が軽軽しく足を踏み入れる事は絶対に許せないのであり、それはネット右翼が自らが所属する(幻想の?)共同体日本という国家に対する外部からのそうした「介入」を絶対に許さない心情と同義なのだ。2ちゃんねるというコミュニティの一部として内部化されたアスキーアートである「モナー」が外部に輸出されたり影響を与えるのは許せるが、逆にコミュニティの一部として内部化されていない(外部のものである)「のまネコ」が「モナーの類似品」としてコミュニティに(半ばムリヤリ)内部化されるのは許せないという感情、これはコミュニティという「幻想」を保持しようとする人間の心情としては極めてありふれたものであると思う。コミュニティの内部に自分の居場所を求めるタイプの人というのは、そのコミュニティが(どんな形であれ)外力によって変質するのには(変質する前のコミュニティの状態への愛着も相俟って)激しい拒絶反応を起こすはずだから。


今回のケースが特殊なのは、ネット右翼における「オレ達を支える(幻想の?)共同体」である「国家」が、ネット上の巨大コミュニティ=(幻想の)共同体である「2ちゃんねる」に置き換わった事で、偏狭なナショナリズムレイシズムが持つインモラルな側面に当事者達が後ろ髪を引かれる事なく、堂々と「我々の仲間を消した極悪企業avexは悪だ!」と主張できるようになったことであって、さらにそれによって「(単なる外力による強制あるいは当人の勘違いで)困っている人がいたらとりあえず助けたくなる善意の第三者」すら味方につけることができるようになり、2ちゃんねるというコミュニティ外部まで巻き込んで騒動を拡大することが出来たのだと僕は考える。

基本的には個々人の正義感に立脚するのだろうこのような運動は、「ネット上のコミュニティの住人による善意の連帯」と言えば聞こえは良いが、ネット右翼運動の場合には辛うじて機能していただろう(それがナショナリズムレイシズムに回帰する可能性があることによる)当事者の心情的ブレーキが一切働かなくなる可能性が生まれることにもなり、id:urouro360さんが言われるような「互いを認識するコミュニティなんてないのに、建前を中心にして「私たちの2ch」とか言ってるところをみると、君ら別に実態としては交流ないのになんでそんな簡単に連帯できちゃうの?という不可解さ」を生む原因を作ることにもなっているのだろうと思う。


「善意」によって意見の一致を見、複数人と連帯することになった集団が、(ネット右翼に通じるような)強力な結束力を持って団結し、自分の行為が果たして「正しい」のかということに(善意的な集団であるがゆえに)全く疑問を抱かぬまま邁進するのは、もしかすると極めて危険なことかもしれない。現実問題、今回の騒動では(実際の書き込みは確認できなかったが)「マイヤヒーFlashの作者であるわた氏の職場の住所が何者かによって暴かれると言う事件も起きているのだが、そういうことをする仲間がいることをして自身の行為を咎められた「善意の集団」の構成員が、「(そういうことをしているのは)一部の人間だけですから」と容易に仲間を(「善で無い」と言う理由で)集団の構成員から切り離すことが出来るとすれば、彼らを一個の「集団」として批判する事は誰にも出来ないことになる。内部あるいは外部からの批判を受け付けなくなった集団が、やがて全体主義的な様相を帯びてくれば、それがかつてのカルト宗教のように振るまう事だって、もしかしたらありえるかも知れない。


………なんか最初は運動の実態の陳腐さにガッカリしてたのに、考えていくうちにこれ結構ヤバいんじゃねえかという気になって来たぞ。avex社は開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまったのか!?おお(幻想の)ネットコミュニティよどこへ行く!つーかfake-jizoさんも書いてるけど特定のコミュニティに過剰な帰属意識を持つのはそれがなんであれやめた方がいいと思うよ。現実が辛くてどこかに逃げ場所が欲しいなら、ネット上での「キミの力が必要だ!幻想なんかさっさと捨ててこのCDでも聞くのがいいと思う。悲しみで花が咲くものか!


注意:もちろん、「ネット右翼」にしろ「2ちゃんねらー」にしろ、言葉としての定義が曖昧な俗語に過ぎない以上、今回書いたこととて全ての「ネット右翼」や「2ちゃんねらー」に当てはまるものでは無い事は承知しています。今回の「ネット右翼」ははてなダイアリーキーワードの解説に従ったステレオタイプなイメージの人々、今回の「2ちゃんねらー」は本騒動に積極的に関与している人々をそれぞれ指して書いていますが、活動の程度などが原因で例外も存在していると思います。


追記コメントやトラックバックへのお返事と当エントリーの補足のための記事をアップしました。よろしければこちらも参考に。

*1ime.nuも含め

*2:この言い方好きだよね2ちゃんねるの人達

*3:でも何でもいいがとにかく「日本の文化」として認知されているもの

*4:の皮をかぶった「敵」への罵倒の場合もあるだろう

2から来ました2から来ました 2005/09/13 19:06 >「モナー」が「のまネコ」としてグッズ販売され始めた途端に烈火のごとく怒り出した

これは今までねらーがモナーだと思っていたものが、
急に『のまネコ』という名前に変えられたからでは?

そりゃ「だましたのか?」と思いその瞬間から火がつくわけですよ。

ネット右翼云々はよく分かりませんが、個人的には騒ぎ方が似てるだけであまり関係ないように思えます。

一住人一住人 2005/09/14 11:04 一通り読んだ。

なんというか、管理人さんが、自分の意見がスルーされたんで、ヘソまげて叩く側に回っているようにしか見えないんだが・・・。

2chの一住人の極端な意見をことさら取り上げて、ネット右翼と決め付けるのはいかがなものか?

今回取り上げているようなやり方は、右翼左翼にかかわらず、ネット上(つまり、言葉=情報が全ての世界)では普通に見られる方法だし、それに対してレッテル貼りで対抗するのも、やっている内容は「自分の意見をもっともらしく見せ、賛同を得るための手法」=「ネットの世界でよく使われる手法」と同質のものであるに過ぎないことに気付くべきでは?

そうしたら、もう少し違った角度でこの問題を捉えることができるのではないかと思うのだが。

takytaky 2005/09/14 12:15 非常に面白く読ませていただきました。

「のまネコ」を一つのケーススタディとして考えると、
2ちゃんねるが消費されつくして、ネットの先端(主流?)
から滑り落ちることにたいする不安が「住人」にあるのかな……、
などと感じます。
ここらあたり、経済成長がかげる日本にかぶりますよね。

「2ちゃんねる」=「ネット界の団塊の世代」という捉え方。

# 一応表明しておくと、私はavexのやりかた自体には、あまり良い感情を持っていません。
# が、大きな視点で見てみると、そういった潮流が見えるなぁ、と。

おぉおぉ 2005/09/14 16:12  まったり読ませてもらいました。
2ちゃんねるも適度に利用していますが、のまネコ問題はタカラのギコネコ問題と比較しても
なんだか異質に感じています。ここに来てまた新しい見方が出来たことに
感激しています。ですが、やはり何か腑に落ちない部分もあり、
この問題の奥深さを感じてもいます。

 takyさんが書き込まれている内容も、また非常に参考になりました。

 今回の騒動ではエイベックスの行動が軽率に見えます。

てすとてすと 2005/09/14 21:53 少なくともモナーは2chで生まれたことは明白
http://aahistory.kt.fc2.com/yakuba.htm
初代モナーとかならまぁまだわかる。ギコは2ch生まれではないけど。
これに反論したければ「それ以前にあやしいわーるど/あめぞうでモナーが存在した、という証拠を示す必要がある。
無いという事を証明する事は悪魔の証明だからだ。

foursuefoursue 2005/09/15 02:15 ”「善意」によって意見の一致を見、複数人と連帯することになった集団が、(ネット右翼に通じるような)強力な結束力を持って団結し、自分の行為が果たして「正しい」のかということに(善意的な集団であるがゆえに)全く疑問を抱かぬまま邁進するのは、もしかすると極めて危険なことかもしれない。”

って言ってるだろ。ちゃんと読んだの?

uboshiuboshi 2005/09/15 04:14 皆様多くのコメントありがとうございます。新しいエントリーを立てて個別に返答させて頂きましたので、よろしければお読みください。
http://d.hatena.ne.jp/uboshi/20050914/p1

正直正直 2005/09/15 14:07 問題の上っ面だけ眺められて『ネット右翼』ってのはどうかと…
タカラ騒動など、過去の問題も絡めて『本質』を見ていただきたいものです。

マスコミで偉そうに語ってる評論家みたいにならない事を望みます。
一般人に興味示してもらった事だけ感謝します。

実のところ実のところ 2005/09/15 23:12 パクリかた&開き直り方が似てるんだから
叩き方が似るのは当たり前のような・・・

uboshiuboshi 2005/09/16 00:01 > 正直さん
タカラギコ騒動は確かにイマイチ論に組み込めなかったです。僕自身当時の状況をよく知らなかったので、いい加減な事を言うくらいならヘタに触れないほうがいいかなあと。
nekonekoさんによる↓のエントリーをお読みくだされば、今回の騒動との共通項は何となく伝わると思います。
http://d.hatena.ne.jp/nekoneko/20050910#p2

あと、ブログの過去ログを読んで頂ければ分かると思いますが、僕自身本問題とまったく無関係な「一般人」というわけではないですよ。本問題でもわた氏の出場が予定されていたイベント(結局出演取り下げになってしまったらしいですが)「flash★bomb」はじめとするウェブ上のアニメーション作品のメディア化の動きに興味を持っていたので、Flash作品がきっかけだった本問題についても関心を持たざるを得なかった、という感じです。


> 実のところさん
「ネット右翼が韓国の日本文化パクリネタを〜」の一節でリンクしたブログでは、例えば剣道の韓国起源説など、日本文化のルーツを自国文化にありと言い張っているのは一部の韓国ネチズンだけで、韓国人全体がそう言っているわけではないとの記述があったので、今回のケースと「パクリかた&開き直り方が似てる」という意見にはやや違和感があります。のまネコ反対運動≒ネット右翼運動側から見た「敵」としてのイメージは類似しているのでしょうが。

非ちゃねら非ちゃねら 2005/09/24 06:38 ちゃねらじゃないのでモナーとかに何の愛着も持っていない訳ですが。
自分のところの既得利益堅持するためにCCCDとか使ってた会社が、ぶっちゃけ原曲を適当にアレンジしただけのような商売の仕方して恥ずかしくないの?とは思う。
自分がやる分にはいいけど自分の利益を害する他人がやるのはダメって典型的なダブルスタンダードじゃん。

uboshiuboshi 2005/09/24 21:51 testcardさんのブログ(http://d.hatena.ne.jp/testcard/20050917)によりますと、avex社は昔から(文化的な意味での)「パクリ」や「著作権違反」にはかなり寛容な会社だったようで、今回はそうした社風が(2ちゃんねる以外の)世間の反発を招いていると言えるのかも知れません。CCCDの推進は単純に海賊版防止の為で、著作権違反防止の意図はあまりなかったそうです。

VIPPERですがVIPPERですが 2005/09/25 05:16 個人的考えですが、
今回皆が憤っているのは、実際モナーが進化してきたのを見て来たのに、それを否定される世の中になってしまうのを危惧しているからだと思います。
自分が見てきた事実を否定される事は、
自分の信じてきたことを否定される事や、自己を否定されるとのと同じように感じ、非常につらい物です。
つまり「モナー?何それ。のまネコだよ」が皆怖いのです。
最近では、エイベックスの強引な言論弾圧に関しても、かなり批判がありますね・・・

それと、文面でネット右翼という言葉が出ていますが、
右翼は左翼という事を踏まえた方が、より一層奥の深い文章になると思いました。
⊂二二二( ^ω^)二二⊃

プップッ 2005/09/25 16:52 ネット上で胡散臭い行為やってんのは右が多いし
2chでスルーされりゃスルーする、その程度の「義憤」
痛い痛い

一作画家一作画家 2005/09/26 17:05 根本的な問題として新しく創造する苦しみもなく一部に認知されているキャラクタを名前を変えて出すと言うことがAvexが叩かれてる原因ではないかと。
つまり、知名度0のものではなく、一部浸透しているキャラクタを利用することによって知名度を得るという過程を多少なりとも軽減できる。それ自体がAvexの益になり、モナーを好きな人たちの害となり。
この辺は創造している人なら分かると思いますがもしあなたが創造したキャラクタが勝手に使われたらどう思いますか?
2chの人たちは確かに過剰な行動にでていると思いますが根は一緒なのだと思います。
否定するだけなら簡単ですよ。ただし、上辺だけ見て事の本質を推し量ることは愚かだと思います。
善悪だけでなく、社会的通念のもとでどう思うかということじゃないでしょうか。

uboshiuboshi 2005/09/28 01:14 レスが遅れてしまい申し訳ありません。


> VIPPERですがさん
> つまり「モナー?何それ。のまネコだよ」が皆怖いのです。
その気持ちは非常に共感できるのですけれども、いみじくもnekonekoさんが語っていられるように(http://d.hatena.ne.jp/nekoneko/20050910#p2)それはかつて2ちゃんねるがあやしいわーるど等のコミュニティに対して行った行為の再現でもあるわけで、2ちゃんねるの立場から今更「ネットコミュニティの為に」というようなアプローチを行っても、説得力に欠けるものにしかならないと思います。
これは僕の勝手な個人的考えなのですが、その存在についての賛否両論が絶えないとはいえ、2ちゃんねるは日本最大のネットコミュニティの一つとして、ネット内に留まらない文化と作品群(様々なジャーゴン、アスキーアート、Flashアニメーション、電車男etc)を発信してきた歴史があるわけで、今回の件についても「のまネコ」のオリジナルが「モナー」なのは歴史的経緯から明らかなのですから、「最初にネット外に発信したのは俺達!」と主張しつつ、地道に(「のまネコ」の原型を知らない人に)教え諭してあげるのが、地味ですけれども最善の策ではないかと思います。結局、文化は人間同士の関わりの中から生まれず、また守る事もできませんからね(今回の件でも結構そういう事を言う人がいたんですけど、法律やら金やらで文化が守れると思ってる人はアホです。そーゆー人にavex社を非難する資格はないと思います)。


> プッさん
ネット右翼が韓国への偏見を持つのと同様に、右寄りの意見に対して偏見を持つのは危険じゃないですかねえ。


> 一作画家さん
> つまり、知名度0のものではなく、一部浸透しているキャラクタを利用することによって知名度を得るという過程を多少なりとも軽減できる。それ自体がAvexの益になり、モナーを好きな人たちの害となり。
avex社が今回の騒動自体を宣伝目的で利用しているという指摘(http://d.hatena.ne.jp/yama_r/20050914/1126708381)も踏まえて前半部分には同意しますが、「のまネコ」がそうした経緯を経てヒットすることが「モナーを好きな人たちの害」になるのでしょうか?本稿で語ったようなネットコミュニティの「幻想」を傷つける、という意味合いのものでなかれば、VIPPERですがさんの言われるような知名度の問題ぐらいしか僕には思いつかないのですけれど……別にモナーが使えなくなるわけでもないですし。

> この辺は創造している人なら分かると思いますがもしあなたが創造したキャラクタが勝手に使われたらどう思いますか?
それが文化の範疇に止まる限りは、何をされても文句は言えないと思いますよ。
純粋に文化的な側面から見た場合、今回の件のポイントは、ネット上での(経済的問題を含まない)ただの文化的創作物だったアスキーアートが、(経済的問題を含む)商業芸術の世界へと移行されたことによって生じたズレであって、文化的創作物=アスキーアートが明確な著作権者のある「だれかの創造したキャラクタ」だったら(法的な面も含めて)著作権者に金銭を支払うことで「文化的創作物」を「商業的創作物」へ移行することでカタがついたと思うのですけど、アスキーアートには明確な著作権者が存在しないからそうしたことができないと。
で、それがただの文化である限りは、誰にそれをパクられようがインスパイアされようが、(経済的問題が発生しない以上)文句を言う筋合いはないと思いますし、そもそも文化なんてのはあらゆる意味でのパクリ合戦の産物ですから、「真のオリジナル」なんて都合のいい幻想を追い求めても洒落にしかなりません。ただし、そうした文化が商業の中に組み込まれた場合、「商品」として売りだすものに明らかな類似品があってはならない。今回の(文化的な面での)問題は「avex社の商業的創作物」である「のまネコ」と、「ネットコミュニティの非商業的創作物」であるアスキーアートが、お互いの立場から正義を主張しあったために起きたものではないかなあと考えています。

プップッ 2005/10/09 02:34 自分が批判してるのは思想と言うより手段です