Hatena::ブログ(Diary)

UC397の日記

2018-06-25

新しい日本語

| 01:54

小学校の教育課程に英語が入ってきているおかげで、なにやらうちの家も英語ずいている。

私は英語が得意ではないので、もっぱら家人が子供たちの教師役だ。

動画を見せたり、発音を聞かせたりしている。

「イッツ、レイニー!」

やけにテンションが高いのは英語だからか。子どもたちも楽しそうだ。

教材がネットにあるのもいまどきなのだなあ。


ところで今朝は娘2が天気を気にしていた。

プールができるかどうかが不安らしい。

「この雲さだとあると思うんだけど、とーちゃんはどう思う?」

雲さ、て。

新しい尺度を開発の上、他人に共感を求めるでない。

当然のように、

「そうだな。これくらいの雲さならあるな」

と答えておいた。

イッツ、クラウディ。


最終的には雨が降ってプールは流れたらしい。

「とーちゃん、あるって言ったのに!」

いやいや、なぜ怒られるのだ?


世の中は理不尽でできているなあ。

2018-05-21

音読

| 21:51


今日も今日とて音読だ。

近くに図書館があってとっても助かっている。

小学校からも借りてきてはいるが、娘1は漫画ばっかりだし、娘2は借りるの忘れるしで、結局図書館頼りなのである。


娘2がヨシタケさんのを音読してると、大変に味わい深い。

本人が言ってるのか、本に書いてある言葉なのか全くわからないくらいだ。

絵本てのは読んでもらった方が、目で見るよりも面白くなったりするんだな。娘1が今でも横で聞いてたりする意味が分かった気がした。


小学生になったからって断らずに時折読んであげようと思う。

とか言ってると毎日読まされるのだけれども。

2018-03-12

組織編制

| 23:21

なんか娘1のクラスで本屋ごっこが流行っているらしい。

とてもうれしそうにそのごっこ遊びについて語ってくれるのだが、まあ日本語がアレな感じなのでアレである(遺伝


活動内容的には、だれかが書いたマンガを売るらしいのだが、それは同人誌というやつでは?

店に品物がないこともあるらしいが、それは同人誌というやつでは??


今判明しているのは各人の役職で、

王様、店長、いい人(2名)、仕事、アルバイト(5名)、お客(先生)

とのことらしい。

過剰配備極まりない。

というか、いい人ってのはどんな仕事してんだよ。

マンガは王様が描くらしい。

労働階級じゃねえか……。


働くことに対する憧れと誤解が面白い。

ほぼ開店していない様子だけれど、機会があれば参加させてもらいたいものだ。

2018-02-05

信じる心

| 22:32

二月に入ると雛飾りを出してくるのが我が家の習わし。

娘ふたりはことのほかひな人形が大好きだ。

流石に全部任せたりはしないけれど、熱心にお手伝いをしてくれる。

毎年やっているので、いろんなことを覚えていて、こちらがあまり指示しなくてもできることが増えてきた。

日々成長しているのだなあ、と感無量である。


飾り終えてお茶を飲んでいると、娘1から

「また、お菓子へるかなー」

と謎の発言が飛び出した。

さっぱり意味が分からぬままきょとんとしていると、

「でも、今回はチョコやけんな。食べんかもしれん」


そこまで聞いて、私たちは思い至った。

毎年まいとし私たちが「お雛様はお供えしているひなあられを食べているんだよ」という駄法螺を吹き続けていたことを。

そして、小学三年生の娘1は、まだそれを全く疑っていないということを!


サンタについては少し疑いのまなざしを向けていたが、まさかこんなところで民間伝承がじっくり熟成されていたとは。

いやあ、感無量だわ。


学校で大恥をかいてはいけないので、

「チョコは食べないかもしれないよ。チョコ食べたらどうなる?」

「口が汚れる」

「そう! だからチョコのエキスを吸い取るんだ」

と輪をかけておいた。

「そやな。汚れるもんな!」

と確信が深まっていたので良いことをしたと思う。


絶対にいつか刺される気がする(Coming Soon!)

2018-01-05

音読の作法

| 22:17

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本)

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本)

娘2も順調に本好きになっていっており、音読がやかましい。

娘1よりも同じ本を繰り返し読む傾向が強いように思う。年齢のせいだけかもしれないが。


本日は上記の本の音読にて大変な発見があった。

この本のがまくんのアレな感じが大変に好きなのだがそれはまた別の機会に。


娘2の音読を聞いていると、

「ふくをきる。ピー」などと壊れたファックスのような音が。紙でも詰まったか。

どこを読んでいるのだろうと覗いてみると、予定を立てて消化していく話のところだった。

つまり、読んでいたのはこの箇所。

服を着る


キター! 天才キタコレ! ピー!

取り消し線をそう読むとはなぁ。

キミ、可愛過ぎですのことよ。