UCHD このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-10-04

[] ユーザースクリプトの書き方

ユーザースクリプトファイルを作成。サンプルを書きます。最初はお約束のhello world

hello.user.js

(function() {
    alert("Hello, world!");
})();

ファイル名は〜.user.jsとする。〜は1バイト文字じゃないと駄目。

最小のソースは

(function() {
})();

で、hello worldのように処理内容を書いていく。書き方は普通のJavaScriptなんで特に問題なし。greasemonkeyFirefoxMozillaのエクステンションなのでgeckoに特化した書き方も出来る。

ファイルを保存したらこのファイルをFirefoxD&D。書いたスクリプトが表示される。次にメニューの「ツール」から「Install This User Script...」を選択。ダイアログが表示されるのでスクリプトを実行したいサイトのURLを「Included pages」へ記入。OKボタンを押せばインストール完了。先に指定したURLを開きスクリプトが実行されるのを確認。

インストールされたスクリプトはWindowsの場合「Documents and Settings」の「ユーザー名\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\ごにょごにょ\gm_scripts」フォルダに保存される。インストールされたスクリプトは直接編集してもOK。基本は以上。

後はhttp://userscripts.org/で良さそうなユーザースクリプトを探してそれをハックして行けば良さげ。Platypusでちゃちゃっと作ったやつを編集するのもいい感じ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uchd/20051004/1128444250
Connection: close