うちこのヨガ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-28 組織の掟 佐藤優 著

[]組織の掟 佐藤優

f:id:uchikoyoga:20160722114038j:image:h300:right

こうやって組織の中の人間というのは感覚がマヒしていく、という事例をどしどし紹介していく内容。外務省の中の人が読んだら本人が特定できそうな具体的な話ばかり。

この本にある事例は官僚社会でしたが、そうでなくても組織が巨大化していく過程では「その感覚は、一般的ではないだろうに…」という特有の行動が平常化していくもの。この本を読むと「意識的に染まっているかのようにふるまう」という意思のコントロールも仕事のうちということがよくわかり、読んでいるだけなのに気持ちがしんどくなる。そのくらい、思い当たるメンタル事例が書かれていました。

アドバイスっぽいトーンでの語りかけが途中に入り、続きを読むのが止められない。他人を見るときに信用しても大丈夫か否かの見極めポイントのような言及もありがたい。えええこんなに異常な人がいるの?! と思うエピソードも多いなか、特にストーカー化する人物の傾向(この本の中では「一番病」と書かれています)の説明はすごくわかりやすくて、この本のなかで引用されている関連書籍を読みたくなりました。


人間の見かたとして、「能力がなく、やる気もない部下」と「能力はないが、やる気のある部下」のどちらを評価するかと言う点で、外務省での経験から以下のように語られるところがとても印象に残りました。

客観的な知識や経験と実力に裏付けられていない、独創的な発想で、「能力はないが、やる気のある部下」が引き起こすトラブルを処理することのほうが、はるかにエネルギーがかかる。

 学者やジャーナリストにも、やる気が能力をはるかに凌いでいるような人がいる。そういう人からアプローチされても、筆者は極力、「御縁」をつけないようにしている。(P107)

「御縁」をつけないというのも、重要な判断なんですよね。行動は起こすけど寄りかかる気マンマンの人って、いるもんなぁ。



以下は、いろんな背景があることを踏まえたうえでの信頼関係のあり方として、うなずきながら読みました。

 イスラエルのインテリジェンス・オフィサーは、「友人はすべての情報を共有すべきである」とは考えない。お互いが必要とする範囲で、情報を共有し、余計なことを知らないほうが、かえって友情が長続きすると考える。(P194)

多くを知らないほうが結局有益な情報交換になるので、多くを知っている=友人、というのがそもそもおかしいんですよね。


わたしはいろいろと理解するのが遅く社会に出ると苦労が多いので、これはすごくためになる本でした。

「信じているふり」をほどよくやりつつ、よく見るとムーン・ウォークで実は後ろに進んでる、みたいなことを社会でもできるようになりたいな。


▼紙の本

組織の掟 (新潮新書)
組織の掟 (新潮新書)
posted with amazlet at 16.07.28
佐藤 優
新潮社


▼Kindle版

組織の掟(新潮新書)
新潮社 (2016-04-22)

2016-07-27 味処・民宿 まつや(島根県松江市美保関町宇井)

[][]味処・民宿 まつや(島根県松江市美保関町宇井)

f:id:uchikoyoga:20160708005235j:image:h350:right

鳥取の境港市と島根の松江市はちょっと油断すると県境を越える。

中村元記念館(松江市)から鳥取の境港へもどった中村元ファンクラブのわれわれは、そこからまた松江市の美保関というところまで移動し、「味処・民宿まつや」に泊まりました。


境港駅から歩いていけるのかと思って歩き始めたら、ぜんぜん着かない。

チェックイン時間に間に合わない! と思い、タクシー会社に電話をしたら、「鳥取銀行の駐車場で待ってて」といわれ、乗せてもらいました。

坂と橋を越えなければ行けないのよね…


f:id:uchikoyoga:20160708005252j:image:w400

こんな橋を渡るのです(これは帰りのバスから見た状態)




f:id:uchikoyoga:20160708005247j:image:w400

定食屋みたいな民宿ですが




f:id:uchikoyoga:20160708005237j:image:h400

ふつうに旅館級の広さで




f:id:uchikoyoga:20160708005244j:image:h400

f:id:uchikoyoga:20160708005245j:image:w400

夜はすてきなベランダで星を見たりできます。めちゃくちゃ蚊に刺された!

お風呂は民宿のお風呂で、トイレは共同でした。




f:id:uchikoyoga:20160708005238j:image:h400

そして夕食、ドーン。なにこの量。わたしはマハラジャですか?




f:id:uchikoyoga:20160708005239j:image:w400

f:id:uchikoyoga:20160708005243j:image:w400

f:id:uchikoyoga:20160708005242j:image:w400

なぜにそんなにも出てくるのですか? テーブルに乗り切りませんよ?

朝食のほうは撮り忘れたのですが、練り物と海苔の味噌汁がおいしい朝食でした。

関東へ戻ってからのわたしは、ずっと鳥取で買ったらっきょうと卵かけごはんと野菜だけのぺぺロンチーノで暮しています。

もう一年分、お魚を食べた気がして…。




f:id:uchikoyoga:20160708005249j:image:w400

宿のまん前が、こんな状態でしたの。海!




f:id:uchikoyoga:20160708005250j:image:w400

奥に見えるのが、境港と美保関を結ぶ境水道大橋(おさかな大橋)




f:id:uchikoyoga:20160708005251j:image:w400

帰りは宇井渡船場というバス停から境港までバスで戻りました。


この食事、この内容でひとり一泊9000円。どういうこと? なにが起きた?

これで平常運用みたいです。昼のランチとか太っ腹すぎのメニューです。松江すごいね。

わたしが泊まったプランは「海鮮満喫特上プラン」というものでした。

味処・民宿まつや

2016-07-26 中村元記念館(島根県松江市八束町)

[]中村元記念館(島根県松江市八束町

f:id:uchikoyoga:20160708003029j:image:h350:right

島根県松江市にある「中村元記念館」へ行ってきました。島根県ですが、鳥取から行きました。

この八束町は仙骨と腸骨の間にある仙腸関節みたいな感じで、松江といえば松江なんだけど鳥取の境港からも近い。

行き方も境港(鳥取県)と松江(島根県)のどっちから行きますかね…という感じだったのですが、同行者が京都から来るので京都に近い鳥取県の米子で合流。米子から鬼太郎電車で境港へ行き、そこからタクシーで行きました。(片道3000円弱の距離)

わたしたちの場合は午後でないと合流できなかったので片道はタクシーで行きましたが、バスを狙えば行きも帰りもバスを使うことができます。松江からのほうが「松江境港シャトルバス」があるので行きやすいです。


f:id:uchikoyoga:20160708003028j:image:h400

境港駅からの八束コミュニティバスは、1日4本。




f:id:uchikoyoga:20160708003035j:image:h400

もちろん帰りも4本。




f:id:uchikoyoga:20160708003040j:image:w400

「ベタ踏み坂」と呼ばれる江島大橋(えしまおおはし)を渡ります。

実際はそんなに絶壁感はないけど、トレーニングにすごくよさそう! 苦行好きの人におすすめ。




f:id:uchikoyoga:20160708003031j:image:h400

「中村元記念館」は、松江市八束支所の2階にあり、下は役場です。




f:id:uchikoyoga:20160708003033j:image:w400

f:id:uchikoyoga:20160708003032j:image:w400

ナカムラ・ハジメ・スマーラカ・サバーグルハと書いてありました。中村元の研究愛世界のホール、みたいな感じです。

無理やり訳すと昭和のムーディな集会所みたいになって、いいわぁ。




f:id:uchikoyoga:20160708003027j:image:h400

部長に後姿を撮られていました。

部長というのは、勝手に中村元ファンクラブを結成した京都のかたで、いつか記念館へ行こうと言われたのはいつだったかな。

部員はわたしだけなので、自動的にわたしは副部長。部員二人の研修旅行です。「学問の開拓」を3,4年前に部長から送っていただいたのですがそのままにしており、このたびあわてて読みました。

部長は10年以上前にこのブログを見つけてくださり、勝手にわたしを部員にしてくださいました。10年前のブログ文化はたいへん牧歌的だったのでコメント欄でのやりとりで親しくなりメアドを交換し、毎年のようにお会いするようになって10年。今さらながら、このたびあらためて聞いてみました。



副部長:そもそもなんで、こんなにアツいファンになったのですか?


部 長:NHKで観て。ええこというてはると思って。


副部長:へー。


と。

鬼太郎列車のなかでそんな話をしながら行ったら、その映像が、現地で流れておりました!


部 長:わたしが見たのは、これや!


副部長:へー。



 (以後、じっと見る。聞き入る。途中でインタビューになる)


 (中村先生、話す。またいいこと言う。うなる。聞き入る)

 

 (「ええこといわはる」「いいこと言うなぁ」とひとり3回くらいずつつぶやく)

 

 (カメラが引く。インタビュアーの名前が出る)



   河  合  隼  雄



部 長:こ、これは…


副部長:ゆ、夢の競演…


ほかにも、部員同士であれば説明の要らないあんな資料、こんな資料に大☆興☆奮。

「佛教語大辞典」原稿紛失事件当時の記事や、そのときに中村先生のもとへ寄せられた手紙などは、実物を見るとずっしりげんなり沁みてきます。でももう一回書やりなおすんだから、すごいんだよなぁ。

公開されている書庫みたいな場所も夢の空間で、買おうか迷っていた本の中身も実物をたくさん見ることができました。ガラス戸棚の中に昔のマヌ法典を見つけたり、あまりに古くて「ベーダンタ」と表記されている本を見たり、いろいろ楽しい。

岩波の本もたくさん売っていて、大型書店でもここまで教典や注釈書の訳ばかりが集まっている棚はないので、これまた夢の本棚。わたしは本だけ買いましたが、部長は本もDVDも購入。アツいね〜☆さすが部長。



f:id:uchikoyoga:20160708003036j:image:h400

帰路はコミュニティバスで帰りました。

バスって、いわゆるバン。温泉の送迎車みたいなの。




f:id:uchikoyoga:20160708003039j:image:h400

f:id:uchikoyoga:20160708003038j:image:w400

貯金箱に運賃を入れて、境港へ戻りました。

バスなので民家の中をぐるぐる通って、しかもこれまた運転が爆裂にうまい。スリランカのバスの運転手並みにうまい。一緒に乗っていた地元の人も「ジェットコースターみたいでしょー」と。タクシーの運転とは一味違ったワイルドさが楽しくて、わーわー言いながら帰りました。


▼今日紹介した場所

インド思想の専門書店へ行くような気分で楽しめますよ。

まわりにはなにもありませんでした!