うちこのヨガ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-19 バンコク・カオサンからアユタヤへ。路線バスとミニバスで行く

[]バンコク・カオサンからアユタヤへ。路線バスとミニバスで行く

f:id:uchikoyoga:20180513171233j:image:right:w350

バンコクのカオサンというエリアから路線バスで大きなバスターミナル(北バスターミナル)へ行き、そこからミニバスでアユタヤー県へ行きました。

遺跡で有名なアユタヤです。とくに目的のない旅なので、同行者の希望する場所へ行きました。

思いのほかあっという間に着きました。合計2時間10分、75TB(255円)。近い。


f:id:uchikoyoga:20180512140135j:image:w450

f:id:uchikoyoga:20180513171237j:image:w450

バス停にいた人に北バスターミナルへ行きたいと伝えたら、509番のバスが来たときに「これに乗って」と言われました。

11時に乗り、11時45分に来たバスナーミナルへ到着しました。15TB(51円)でした。




f:id:uchikoyoga:20180513171235j:image:w450

f:id:uchikoyoga:20180513171234j:image:w450

アユタヤ、アユタヤと会う人に言っていたら、こっちだよと。




f:id:uchikoyoga:20180513171233j:image:w450

f:id:uchikoyoga:20180513171232j:image:w450

ね、ここに、アユッターヤって書いてあるでしょ、と。




f:id:uchikoyoga:20180513171231j:image:w450

901番のミニバスだったようです。12時発のバスでした。60TB(204円)




f:id:uchikoyoga:20180513171229j:image:w450

f:id:uchikoyoga:20180513171230j:image:w450

まだ途中だろうと思っていたら、13時10分に、ここだよーと降ろされました。早い。

長野寄りの埼玉県に住んでいる人が軽井沢へ行ったような、そんな感じかと思います。近い。

このタイ旅行記は次回からアユタヤ編になります。

2018-07-18 チャオプラヤー川とサンティチャイプラカーン公園とプラスメン砦(Ba

[]チャオプラヤー川とサンティチャイプラカーン公園とプラスメン砦(Bangkok

f:id:uchikoyoga:20180512221506j:image:h350:right

カオサンは電車の駅がなく不便といわれたりもしますが、バスに乗り慣れてしまえばそうでもなく、あまり外国にいる感じがしないほどラクです。チャオプラヤー川はまるで隅田川のように感じられるし、東京にいるのとあまり変わりません。

そんなカオサンエリアは、チャオプラヤー川沿いにあります。

f:id:uchikoyoga:20180512221514j:image:w450

f:id:uchikoyoga:20180512221511j:image:w450

大きな橋の下に、駅のようなボート乗り場があります。




f:id:uchikoyoga:20180512221507j:image:h450

f:id:uchikoyoga:20180512221508j:image:w450

橋の上から見ると、このような景色です。




f:id:uchikoyoga:20180512221510j:image:w450

川沿いにはサンティチャイプラカーン公園(SANTI CHAI PRAKAN PARK)という、とても居心地のよい公園があります。




f:id:uchikoyoga:20180512221454j:image:w450

f:id:uchikoyoga:20180512221453j:image:w450

f:id:uchikoyoga:20180512221501j:image:w450

f:id:uchikoyoga:20180512221459j:image:w450

きれいな公園です。壁の彫刻が印象的です。




f:id:uchikoyoga:20180512221455j:image:w450

なんとなく女子十二楽坊を思い出したり





f:id:uchikoyoga:20180512221458j:image:w450

f:id:uchikoyoga:20180512221457j:image:w450

釘付けにさせられる魅力があります。




f:id:uchikoyoga:20180512221456j:image:h450

どうしてそんなに…。坊や、ど、ど、どうした。おばちゃん、話聞くくらいしかできないけども、聞こうか?




f:id:uchikoyoga:20180512221451j:image:w450

白い建物は、プラスメン砦というスポット。



このエリアは歩いているだけで楽しく

f:id:uchikoyoga:20180512221449j:image:w450

くもーんいーくもん!




f:id:uchikoyoga:20180512221445j:image:w450

こんなお店で喫茶店を開きたい、と思うような建物。




f:id:uchikoyoga:20180512221448j:image:h450

f:id:uchikoyoga:20180512221447j:image:w450

これは外から見たワット・チャナ・ソンクラーム(お寺)。




f:id:uchikoyoga:20180512221505j:image:h450

f:id:uchikoyoga:20180512221502j:image:h450

買えるわけでもないのに、「このおうち、いくらで買えるのかしら…」なんて思いながら妄想しながら歩いたりして。

黙って想像したり考えることの自由さ、楽しさをぞんぶんに味わいました。


▼今日紹介した場所

2018-07-17 カオサン中心街にある寺院 ワット・チャナ・ソンクラーム(Bangkok

[]カオサン中心街にある寺院 ワット・チャナ・ソンクラーム(Bangkok

f:id:uchikoyoga:20180512214328j:image:h350:right

カオサン中心街にでーんとあるワット・チャナ・ソンクラーム(Wat Chana Songkhram)は、訳すと「戦争に勝つ寺」だそう。うーむ。

受験・就職・裁判、勝ち負けが気になる局面のかたには気になりますでしょうか。うーん、おだやかではないわ。でもお寺だから、おだやか。

カフェやレストラン、ホテルに土産物屋、あまりにごちゃつく街の中で広い敷地はこのお寺。塀の中と外の世界のギャップがたまりません。


f:id:uchikoyoga:20180512214331j:image:w450

本堂の周りに僧侶の方の住居があったりして、けっこうな敷地面積。




f:id:uchikoyoga:20180512214330j:image:h450

オレンジ色の僧衣のかたが歩いています。




f:id:uchikoyoga:20180512214325j:image:h450

f:id:uchikoyoga:20180512214319j:image:h450

f:id:uchikoyoga:20180512214323j:image:h450

f:id:uchikoyoga:20180512214324j:image:h450

右のお猿さんの胴が長くて、まるで人間…




f:id:uchikoyoga:20180512214322j:image:h450

本堂の外の細工。ぎらっぎら!




f:id:uchikoyoga:20180512214327j:image:w450

豪華です。



f:id:uchikoyoga:20180512214320j:image:h450

水の神様(プラ・メー・トラニー)がここでもティモテされていました。


あまりにも街なかにふつうにあるので、見落としかねないお寺です。

バンコクは東京みたいに、あらゆる場所が見どころです。


▼今日紹介した場所