うちこのヨガ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-07-05 ウサギのポーズ(シャシャンカ・アーサナ)

ウサギのポーズ(シャシャンカ・アーサ

[]ウサギのポーズ(シャシャンカ・アーサナ22:33

久しぶりの定番ポーズです。ラクダのポーズと対になるポーズとして、ボケとツッコミ的に切り離せない関係。ラクダのポーズで身体の前面を開いたら、必ずこのウサギのポーズで背面も開いて前後トントンの関係にしておきましょう。身体の前面と背面が戦争を始めてしまいます(笑)。

このポーズは「うちこ、丸い!」とよく人に言われます。後に過去の写真を載せますが、ものすごく地味に進化しているようです。このポーズは、「背骨が熱くなる」のを感じやすいので、自分のなかに入っていきやすいんですよね。で、入りまくってたら、まん丸になっちゃいました。

この感覚、やりかたを説明するのはなかなかに難しいです。というのは、呼吸の使い方が、人によって違うと思うんです。なので、今日はスタンダードなやりかたというよりも、「うちこの流れ」ではこうやってます、ということを箇条書きにします。どのアーサナもそうですが、このアーサナは特に、初めての人は必ず指導者からじかに教えを受けたほうがいいです。開きにくいポイントが人それぞれ細かく違いますから、一律のナビゲートでは教えるほうも難しいアーサナです。

●うちこはこんな感じでやってます

 ・胸を膨らませて集中力を高めてから、ゆっくり長くひといきで、写真の形までもっていきます。

 ・その後、深い何度かの呼吸でチューニングをしていきます。

 ・チューニングするときのポイントは

 −のどを引く

 −胸の裏を開く

 −みぞおちの裏を開く

 −丹田を引く

 −内腿、膝、くるぶしまで、横幅をタイトにしめる

  ↓

 息を吐きならが上記すべてを行い、こめかみの力を抜きかかとに引っ張られた腕のつけ根を稼動させやすくし、肩甲骨のつっぱりがない状態にする。

最後はもう、なに任せなのかわからない感じなのですが、すべての意思が明確にまとまっているので、とても落着きます。


●留意すべき点は

・頭頂で床を強く押さないこと。

・おでこが膝につくところがベストポジションで、もっと首の後ろが開けたとしても、前転しない。

 (前転の方向への巻き込み=胸の裏が開かない方向へ ということになります)


このポーズは、意識と呼吸と形のまとまりが、ロジカル度No.1ではないかと思うくらい、本当によくできていると思います。


4年前に撮った、アホ仲間たちの「うさぎのポーズ」写真が出てきたので並べてみました

f:id:uchikoyoga:20090705214444j:image

ピンク=左上:ユッキー  青緑=左下:うちこ  赤=右上:めぐこ  黄=右下:ゆきんこ

4人の身体の癖はいまも変わらないけど、やっぱり今のみんなを見ていると、この写真の頃より進化してる。

みんなの腕の筋を見てみてください。けっこうひっぱってます。

ものすごく細かすぎてわかりにくい説明だけど、めぐことゆきんこは、少しみぞおちの裏の背骨が開きにくい。

ゆきんこは腕が長いので、それでもお尻は高く上がる。このへんは、物理ですね。


いろいろな人のウサギを見てきたけれど、バックベンドが得意だからこっちが苦手、ということはないんじゃないかな。それよりも、内側から背中を開くアプローチがポイントかと思います。


そして、このアーサナは、男性のほうがうまい。猫背だと、けっこうすんなりいっちゃう。あとは、「肩が大きい」というのもありますね。包み込みやすい。見た目はものすごく地味だけど、もっとも男性らしさが表現されるポーズだと思います。

ちなみに効用は、「失われたバランスを取りもどし、心身を静める」とのこと。(ヨーガバイブルより)

目にもいいって、けっこういろんな本に書いてあるポーズでもあります。


▼このポーズをやった人は、このポーズもやったほうがいいです

ラクダのポーズ

魚のポーズ(マツヤ・アーサナ)



■うちこの生ブログ(ヨガクラス) 不定期でやってます。

ご案内&参加申し込みはこちらからどうぞ

kudankudan 2009/07/08 12:41 うちこさん、詳しい説明ありがとうございます。
私これ、できないんですよねー。
そして留意点に、「頭頂で床を強く押さないこと」には
ギクッとしてしまいました。
私のやり方は、背中を丸くする為に、ぐいぐい力を入れて頭と首に負担が掛かるようになっていたかもしれません。
それ以前に、頭が膝に付きませんから、私。
胴長?背骨が硬い?
地道に頑張ります。

uchikoyogauchikoyoga 2009/07/09 01:05 kudanさん、こんにちは。
頭が膝につかなくても、ぜんぜんオッケーと思います。大事なことは、背骨が開く感覚を意識できるかじゃないかな、と思います。「気長に楽しめて、お徳なウサギのポーズ」として、長く愛用されたらよいと思いますよ。