Hatena::ブログ(Diary)

上田和彦 UEDA KAZUHIKO このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-28

[] を含むブックマーク

 先日まで開催していた時のかたち展にて、同じ出品者である80歳の大先輩と知り合い、母校の中央大学出身の画家が意外に多いということを教わった。美術研究会というものがあって、小茂田守介など、当時活躍していた画家が幾人も出ているとのこと。小茂田と美術評論家の洲之内徹との関係についてや、松本竣介が駿河台のニコライ堂を描いていた時代、同じ空気を吸って交流していた様子などについて、楽しくお話を伺った。

2016-07-07

[]時のかたち展 時のかたち展を含むブックマーク

2016年7月20日(水)〜26日(火)

10時〜18時(初日は12時から)

横浜赤レンガ倉庫 1号館2F

tel 045-211-1515

初日17時よりオープニングパーティー

http://www.yokohama-akarenga.jp/hall_space/index

f:id:uedakazuhiko:20160701171533j:image

2016-06-16

[]色彩、形態、象徴 櫻井伸也展「AZZURRI」 色彩、形態、象徴 櫻井伸也展「AZZURRI」を含むブックマーク

https://note.mu/art_critique/n/na9169b76acf4

2016-01-01

2015-11-26

[]BATTLEFIELDマハーバーラタ』より-戦い終わった戦場で- BATTLEFIELD『マハーバーラタ』より-戦い終わった戦場で-を含むブックマーク

 新国立劇場で、ピーター・ブルック演出のBATTLEFIELD『マハーバーラタ』より-戦い終わった戦場で-を観た。

 戦争、殺戮、贖罪、生命の円環。

 基底音たる太鼓の響き(時間の表象であると共に目前に広がるガンガの流れが彷彿として浮かび上がる)と役者の身体・身に着けた幾枚かの布によって、死の運命を司る小さき蛇から、少年の体内に広がる入れ子状の宇宙までを雄弁に描いている。

 よく練られた脚本と、よく訓練された身体・発声があれば、いかなる舞台装置よりもイメージを喚起させうる(的確に計算されたライティングが脇を固めているのは当然として)。演劇の王道。しかし、時間の先端においてこれを達成し続けることの苛烈さが偲ばれる。


f:id:uedakazuhiko:20151125182628j:image