Hatena::ブログ(Diary)

上田和彦 UEDA KAZUHIKO このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-11-26

[] を含むブックマーク

 世界初の紙幣は中国で生まれた。当初は兌換紙幣(銀本位制)だったが、経済政策上次第に紙幣が乱発されるようになった結果、不換紙幣となり、通貨インフレによる試練を受けた。第二次大戦後のブレトンウッズ体制下においても、金とドルとの交換を保証した米国から次第に金が流出し、金ドル本位制の維持は不可能となり、ドルは暴落する。貨幣の歴史が見せる本質的一致。危機において、信用は必ず収縮するのに対して、物質の(使用)価値は常に変わらない(ゆえに信用のバロメーターとして相対的に物質の価値が上がったように見える)。

2016-11-09

[] を含むブックマーク

 ラウル・クタールが亡くなった。『勝手にしやがれ』、『突然炎のごとく』のカメラワークは鮮烈という他ない。『突然炎のごとく』は、学生時代にボストンの小さな映画館で初めて観た。主演の3人が歩きながら戯れ、カトリーヌが突然駆け出すシーンがあった。スクリーンに映し出された "Catch me!"という字幕の文字が、今も脳裏に焼き付いている。

2016-09-22

[]櫻井伸也展"Colors" 櫻井伸也展"Colors"を含むブックマーク

福岡から茅場町に移転した、HEIS CONTEMPORARYで櫻井伸也展"Colors"を観る。 

http://www.heis-g.com/info.html

5月に観たGALERIE PARISでの個展から、色彩、マチエール共に密度が増している(同時に抑制性も働いていた)。

同様の手法を使いながらも、常に新しいアイデア、構想が画面上で試されており、続けて観ているとその変化を身体的に感じられて面白い。

下記はGALERIE PARISでの個展について書いた記事。

https://note.mu/art_critique/n/na9169b76acf4

同場所にスペースを持っていたBASE GALLERYは、事務所だけを残してアートディーリングに特化したビジネスに業態を変えると知った。金融街の近くで、自負心を持って、そのような商いをしてゆくという姿勢が興味深い。

2016-08-26

[] を含むブックマーク

 埼玉近美で竹岡雄二を観て後、世田谷美術館でマヌエル・アルバレスブラボを観た。竹岡も面白いところがあるが、ブラボは特に良かったのでカタログも買った。長期に渡る研究を反映し、内容も充実している。ブラボの写真は全てが比喩になっており、凄まじい詩的深度をたたえている。考え抜かれた構図でありながら、決定的瞬間を逃さない。場所と時間が持つ一回性と、その背後にある世界を、ここまで強く刻印できる写真家を他に知らない。

2016-08-08

[]「お気持ちの表明」について 「お気持ちの表明」についてを含むブックマーク

 天皇にまつわる様々な伝統を継承しつつも、人間宣言を経た後の象徴天皇であるからには、土葬などの前近代的風習を辞め、重い殯の儀なども可能な限り簡素化し、生前退位も認めて欲しいと。天皇は憲法皇室典範によって縛られ、国政に関する権能を一切持たないが故に、自ら制度の外に出ることは叶わないので、「お気持ちの表明」という形で(改憲もしくは法の改正が可能な)主権者たる国民の理解を間接的に求めるという、極めてアクロバティックな事態であったと思う。生前退位をすれば、崩御後の身体は、厳密には天皇の生身の身体ではなく、葬儀に関するしきたりも、簡素化へと傾きやすい。天皇の役割を、伝統的な儀式を執り行う、伝統の継承者であり、かつ、国民の統合の象徴的役割を担う名誉職的な存在へと、可能な限り縮減し、真の意味での人間的自由の領域を幾らかでも確保することで、天皇の人間化を進めつつ、想像の共同体たる、国民国家の新しい在り方を提言しようとされたように読める。