Hatena::ブログ(Diary)

金太郎が行くよ

ページビュー
1028136

2014-03-16

バンプーにて(2014 0125)

1月25日。
タイ、バンプーにて。
鳥の写真は次の日記以降で紹介するとして、この日鳥見を終えて帰る途中愉快な中学生くらいの集団と仲良くなり(正確にはこの1時間ほど前ナンヨウショウビンを見ている私と先輩に興味を示していたので、カメラのレンズを交代交替で覗かせてやったのが仲良くなったきっかけ)いろいろと写真を撮った。とっても素直で可愛い娘たちだった。

f:id:ueshin7:20140316193706j:image

f:id:ueshin7:20140316193705j:image

f:id:ueshin7:20140316193703j:image

f:id:ueshin7:20140316193702j:image

f:id:ueshin7:20140316193659j:image

f:id:ueshin7:20140316193658j:image

f:id:ueshin7:20140316193656j:image

f:id:ueshin7:20140316193655j:image

f:id:ueshin7:20140316193654j:image
無邪気すぎる。

もちろん、変顔も撮らせてもらった。

f:id:ueshin7:20140316193731j:image

f:id:ueshin7:20140316193729j:image

f:id:ueshin7:20140316193728j:image

そして、これが夕方の桟橋の様子。
f:id:ueshin7:20140316193652j:image
昼過ぎから大勢のタイ人たちでにぎわう。日本人、欧米人そして何より素敵な隣国人たちの姿はほとんど見られない。それがとっても快適。

f:id:ueshin7:20140316193732j:image
先輩。結局、鳥見人でもない先輩に一日中付き合ってもらった。申し訳なかった・・・・・。

2013-09-05

植物園の鳥(2013 0831)

西大山で鳥が少なかったので早めに下山してバスに乗って植物園へ。
ここではアカモズ、ムシクイ類を期待したが、アカモズはいなかったし、ムシクイはキマユムシクイだけだった。キマユムシクイはそこそこの数を確認できた。

サメビタキの仲間が2,3羽いた。
下の数枚は同一個体だと思っている。
f:id:ueshin7:20130831152151j:image:w640

f:id:ueshin7:20130831152148j:image:w640

f:id:ueshin7:20130831151926j:image:w640

f:id:ueshin7:20130831151924j:image:w640

f:id:ueshin7:20130831151320j:image:w640

f:id:ueshin7:20130831151318j:image:w640
サメビタキに見える。嘴が大きい点が気になる。

これは別個体。
f:id:ueshin7:20130831151840j:image:w640
サメビタキの若い個体だと思う。これは大丈夫だろう。

これも別個体。
V1に80−400mmを着けて撮影した。ブレなければ写りは良い。
f:id:ueshin7:20130831153143j:image:w640

f:id:ueshin7:20130831153308j:image:w640

f:id:ueshin7:20130831153405j:image:w640
何となくだがコサメビタキに見える。
翼帯が目立たないのと、腹側が淡色な点が根拠。
ただ、嘴が華奢でそれほど膨らんで見えないのがコサメ的ではない点。本当にこの3兄弟(サメ、コサメ、エゾ)の識別は難しい。

そうそう、植物園と言えば結婚式の前撮り。
今日も可愛いなあと思う人を撮影した。

f:id:ueshin7:20130831144850j:image:w640

f:id:ueshin7:20130831144914j:image:w640
西日が強くて大変そうだった。

f:id:ueshin7:20130831145230j:image:w640
まだ残暑残る中必死にレフ板を当てるアシスタント。
個人的にはこちらが好み