Hatena::ブログ(Diary)

Freezing Point このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

トラックバックは受信しておりません。また、メール・リンクには基本的にお返事しません
が、無視しているわけではありません。 いつも励まされています。
いただいたメールは、公開する可能性があります。
コメントを書き込むことはできませんが、過去のコメントは読めます。
[語句説明]

2006-11-12

必要な概念について(引用のおことわり) 必要な概念について(引用のおことわり)を含むブックマーク

このブログでは、「ひきこもり」についてずっと考えてきたのですが、

ここ数ヶ月で、「終わりなき再帰性から、事後的な分析へ」という枠組みが形になってきました。

そこで、社会学・精神分析・現代思想などから、どうしても参照しておきたい諸概念について、いくつか解説を引用してみます。 【これを記している今日は11月12日ですが、引用・転載はこのブログの11月6日以降に。 なるだけ皆さんと議論を共有したいので、今後も適宜、同じような作業をしたいと思います。】

解説は欠けたり不足したりしていますが、これから少しずつ読書や考察を進めてみます。


  • 制度参照1)(参照2)(参照3) institution (仏、英) (ガタリ、ジャン・ウリ、メルロ=ポンティ)
  • 制度における、制度による、制度に対する方法論 institution (仏) (フェリックス・ガタリ、ジャン・ウリ、フェルナン・ウリ)
  • 抽象機械 machine abstraite (仏) (ガタリ)
  • 再帰性 reflexivity (英)  Reflexivität (独) (ギデンズ、社会学)
  • 事後性 deferred (英)  Nachträglichkeit (独)  après-coup (仏) (フロイト、精神分析)
  • 「遡及的」 retroactive, retrospective (英)
  • 「公正さ」 fairness (英) (ロールズ、政治哲学)
  • 享楽 jouissance (仏) (ラカン、精神分析)
  • 「欲望」 désir (仏) (以下、精神分析)
  • 症状(症候) symptom(英)  Symptom (独)  sinthome (仏、ラカン)
  • 超自我 Über-Ich (独)  superego (英)  surmoi (仏)
  • 死の欲動 Todestrieb (独)  death instinct (英)  pulsion de mort (仏)
  • 反復強迫 Wiederholungszwang (独)  repetition automatism (英)  automatisme de répétition (仏)
  • 欲動 Trieb (独)  drive (英)  pulsion (仏)




以下、いまの時点での簡単なメモを。



「終わりなき再帰性」から、終わりなき「事後的な分析」へ 「終わりなき再帰性」から、終わりなき「事後的な分析」へを含むブックマーク

ひきこもりとは、再帰的検証に生命エネルギーのすべてを吸い取られたような状態。

生身の人間には、失態を絶滅することはできない。

意識の努力を、事前的な整備から、事後的な検証に置き換えてゆくこと。

「そうするほかない」という理解の共有が必要。

誠実な事後的検証は受傷性が高く、孤立しては営めない。

(おそらく、軽々しく共有を試みるべきでもない)


「欲望の倫理」*1と、「公正さ」。

事後的な分析というスタイルは、両方にかかわる。


ひきこもりにおいて、再帰性は神経症的硬直の元凶を成すメカニズムであり、事実上すべての「ひきこもり支援」が、「再帰性の緩和・脱失」を目標にしている*2。 しかし私は、空転して焼き切れそうな「再帰性」エンジンの動力をそのままに、「事後的な分析」というクラッチを固定する。

再帰性は、トラブルという外界枠に噛む必要がある。 再帰性の馬力を損ねてしまっては、とても外界に噛めない。(継続的に活用できる過剰な情念の資源は、再帰性しかない。)


自分の営みの根拠を、それを問うている自分まで含めて問い直す「再帰性」が、事前の合理的思惑を建立するためではなく(それでは無限ループになる)、すでに生きられた営みを分析するために持ち出される。

生身の人間は、どこまで行っても「何をやっているのか自分でも分からない」のであり、どのように自覚された社会的行為にも、一定程度は「自由連想」「錯誤行為」のような性質が残る*3。 「なんだか分からないが、そんなふうにやってみた」のであり、「やってしまった」(失錯)のであり、あるいは、「そんなふうに関係性ができてしまった」(絶望)。

現実については、「事後的に気付いて愕然とする」しかない以上、意識的な主体にできる最善の努力は、起きてしまったことをすべて受け入れ、容赦なく分析の素材とし、そこから公共的な理解をつむぎだすこと。


他者と生きている限り、一瞬たりとも途絶することができない共同的な営みを、いわば「社会的な自由連想」と見做し、そこに対する事後的な分析を、公共的な労働過程と見ること。――この営みは、ひどくしんどいが、プロセスそのものが享楽に関わる*4

空転して暴走する「再帰性」が、「事後性」という不可避の事情によって換骨奪胎され、クラッチを獲得する。 「終わりなき再帰性」という自己検証のエンジンを、有害だからと潰すのではなく、時間的な骨格において再利用する。


これは、再帰性そのものを不可避の症状とみなし、その主意主義的非合理性を、主体の倫理的取り組みの資源として活用することを意味する。 「自分自身を検証してしまう」という最新かつ最古の症候を、無上の倫理的事業の核とすること。




メモいくつか メモいくつかを含むブックマーク

  • 再帰性すら、事後性を逃れることはできない。
  • 事前的万端さを目指す再帰性のループに、「事後的分析」という時間軸を入れる。
  • 遡及的分析は、忘我の公共的営み。
  • これは、症候的な痛みへの同一化を図る、主意主義といえる。 主知主義は、痛みも事後性も根絶できない。
  • 社会的な自由連想法。


  • 事後性に基づく遡及的検証の枠組みとして、再帰性を残すこと。
  • 「何があったのか」を確認するための、倫理的要請として。 主体の位置取り(享楽のスタイル)は、どのようであったか。
  • 制度と個人の関係は、専門性の内実そのものにおいて問われる。 また、いわゆる当事者性も、「関係の制度的運営」における位置取りとして理解される。
  • 専門性と当事者性が、公正さの観点から再検証される。


  • 「goal を目指す process」ではなく、「aim としての process」*5。 事後的な分析という真摯な労働をともなった再帰性は、それ自体が無神論的な信仰の枠組みと言える。 この営みを、そのまま社会的な営みとする。
  • 「事後的な分析」を、倫理的労働の、つまり闘争の枠組みとする。



*1欲望(désir)は、快感(plaisir)ではなく、享楽(jouissance)を基準とする。 「欲望について譲歩してはならない」という、ラカン派精神分析の倫理的格率。

*2:「オタクになれ」という斎藤環氏を含む。

*3:cf. 「ユビキタス社会は無意識を二重化する」(斎藤環、「ICCシンポ:ネットワーク社会の文化と創造」より)

*4:私的な労働にはありえない、公共化された労働にのみあり得る享楽。 「公共的な労働に対する欲望」を、軽く考えるべきではない。 ▼「公共化された労働」は、「自分は公共的なんだ」という鏡像的な自意識ではなく、労苦に満ちた分析のプロセスにおいてのみ遂行=推敲される。 事前も事後も関係ない傲慢なナルシシズムが周囲を見くだす、という話ではない。

*5:「goal」とは、「最終的な目的地点」。 「aim」とは、「プロセスそのものが目的であるような目的」。

1968 | 08 |
2000 | 09 | 11 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 |