ココロうるうる日記 Twitter

March 08(Tue), 2011

「月と蟹」

「月と蟹」
道尾秀介さん著。
直木賞受賞作。


道尾さんの本を読むのは2冊目。
前回読んだ本では、ちょっと苦手かなーと思った作家さんなんですが、直木賞受賞ということと、新聞インタビューで「自分が読みたい作品を書く」というコメントを読んだこととで、手に取ってみました。


読み始めは、前よりは読みやすそう…。
主人公は、小学生の男の子です。

転校してきて、新しい学校になじめず、同じく転校生の男の子と二人で放課後を過ごす。
主人公の父親は亡くなっており、母親と祖父との三人暮らし。

友達の男の子は、虐待を受けているらしいけど、それを内緒にしている。

二人は、海でヤドカリを捕らえて、「ヤドカミ様」として自分たちだけの儀式を執り行います。


…で、読み終わった感想は、やっぱり苦手な作家さんかも…ということ。
主人公達が、どこかで歪んでいるのが、読んでいて辛い。
それが小学生だと思うと、余計にしんどい。

それでも、前よりは読みやすかったので、また面白そうな本が出れば、挑戦してみようと思いました。

藍色藍色 2012/08/22 00:43 展開が気になり一気に読み進めました。
ものすごく嫌な読後感を覚悟していたのですが、読み終わってみればそんなに悪くなかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

うるうる 2012/08/22 20:02 >>藍色さま
トラックバックありがとうございました。
この本を読んだのは随分前ですね。
懐かしいなあ…

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ugur/20110308/1299583973