ココロうるうる日記 Twitter

October 04(Wed), 2017

「髑髏城の七人 Season風」(ライブビューイング)

地元映画館で、ライブビューイングをやってくれましたので、見に行きました。
ライブビューイング、初めてなので、時間通りでいいのか、それとも早目がいいのかと迷って、舞台だったらこのくらい前には席についてる、という時間に行きましたところ、ちょうど開場時間でした。
もぎりのお兄さんが不慣れだったようで、ちょっとわたわたしましたが、無事、着席。
配役のチラシもいただきました。

【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり

【出演】
松山ケンイチ
向井理
田中麗奈

橋本じゅん
山内圭哉
岸井ゆきの

河野まさと
逆木圭一郎
村木よし子
礒野慎吾
保坂エマ
吉田智則
松田慎也

武田浩二
加藤学
川島弘之
南誉士広
熊倉功
縄田雄哉
藤田修平
森大
田沼ジョージ
穴沢裕介
蝦名孝一
小川慧
小板奈央美
笹丘明里
鈴木智久
鈴木奈苗
鈴木凌平
田代絵麻
棚橋麗音
鉢嶺杏奈
藤咲ともみ
渡部又吁

生瀬勝久


今回の「髑髏城」は天魔王と捨之介を松山ケンイチさんが一人で演じるというバージョン。
どんな感じだろうと楽しみにしていました。
ライブビューイングだと、舞台を生で見ているのと違い、視界が限られるけれど、アップも多いので表情などもよく見られてよかったです。

お話は、もちろん「花」と基本的には同じですが、構成は変わって、最初に登場するのは狸穴二郎衛門。
贋鉄斎は、キリシタンで若い男の子が好きで、そばを打っています。
刀の試し切りはするけど、古田さんの贋鉄斎とは、その愛の方向がちょっと違うっぽい?
天魔王と捨之介は、信長の影武者という設定がお芝居のなかできっちり語られ、地の者、人の者の意味もしっかり語られていたので、すっきりしました。

以下、たたみます。


松山さんの天魔王、すばらしかったです。
天魔王というよりも、信長か?というくらいの迫力。
もちろん、この世界の信長がどんな人かはわかりませんが、このまんまだったんじゃないの?と思わせるくらい。
松山さん、信長できるな…。
すんごいこわい信長になりそうだけど。
それが捨之介になると、本当に軽やか。
いろんなことを面白がって、飄々としながらも、覚悟が決まっているところが格好良い。
そして、沙霧に対するところとか、若干エロ親父なのもよいw
演じわけもさすがでした。
運動能力も高いのか?殺陣もきれいでした。
台詞は覚え切れなかったか、単に噛んでしまったのか、ちょっと危ないところも何度か。
しかし、格好良かったです。
舞台を見たいなあ。
(チケットはあるのですが、仕事でいけそうにないのです)

向井さんの蘭兵衛は、常に微笑をたたえているイメージ。
優しそうで残酷。
山本さんの蘭兵衛にあった、思いつめた感じは薄いかも。
山本さんは、みんなと一緒にいても、違う世界にいるような、別のものを見つめているような悲壮感があったのですが、向井さんはちゃんとみんなの輪の中にいた感じです。
でも、あの信長(じゃなかった天魔王)と対峙したら、負けてしまうよなあ…。
顔がちっちゃくて、総髪も似合っていました。

橋本さんの贋鉄斎。
「近藤どの」のイメージが強すぎて、最初は「こいつがー」って思ってしまったのですが、それは一瞬でした。
やっぱり、いい役者さんは、全然ちがう色に変えてきますよね。
橋本さんのアドリブで、(捨之介に)「今はなんて名前なんだ…Lか?」には爆笑。
そのあと、「清盛か?」(だったかな、平氏か、だったかな)にも大笑いでした。

一幕では、天魔王は仮面を付けたままで、松山さんが演じられることはなかったのですが、それはもったいないことなんですか?
休憩時間にそうおっしゃっていた人がいらっしゃったので、以前のバージョンではもっと入れ替わりが激しかったのかな?と。
古田さんバージョンとか、見てみたかったです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ugur/20171004/p1