Hatena::ブログ(Diary)

無意識日記々

2018-04-16-Mon

花のち晴れ明日放送

いよいよ今週はドラマでヒカルの新曲が流れる。2月の『誓い』&『Don't Think Twice』のチラ見せからお預けを喰らった状態から降って湧いたような新しいタイアップ情報。それがかつてヒカル最大のヒット曲『Flavor Of Life』を起用した「花より男子」シリーズの新編のイメージソングだというのだから否が応でも期待が高まるというもの…

…という感じでヨロシカッタでしょうかね。

ドラマで使われたら好感度がグッと上がるのは周知の事実であって、その手法をとやかく言う気はないのだけれど、今はフルコーラスで聴けるタイミングはいつなのかという方に興味がいってての。

何せ既離婚発覚から間もないタイミングでのシンガーソングライターの新曲なので、普段「曲の歌詞は創作物であって作者の私生活と一次的な連関の有無を云々するのは憚られる」と嘯いてふんぞり返っている私ですら「離婚の件は歌詞に反映されているのかな」とチラチラ気になっている。となるともう世間一般(誰なんだろーねーそれって)はちょっと匂わせるような箇所が一節出てきただけであれやこれやと騒ぎ立てるんでないか。ドラマそっち退けで。

それはTBSとしては面白くない展開だわな。テーマソングの歌詞とドラマの場面がうまくマッチするよう練りに練った編集をかましてくるだろうに話題がそちらに逸らされたら。かといって全体の枠組みのセッティングにヒカルの離婚の件が影響を与えられるかというと心許ない。誰がその件を打ち合わせで切り出せるやら。私でも躊躇するわ。

ヒカルの方は万全というべきか金曜日にロングインタビューを掲載した「SWITCH」が発売される。触れていようがスルーしていようが「今のステートメント」を大々的に打ち出せるのは吉だろう。先手感ある。心配していない。

ドラマの方は、どうなんだろうな。11年ぶりという事で二番煎じ感はそんなに出ないと思うが、座組が座組なだけにスケールダウン感が出てきてしまうのは致し方ない、か。若手中心の起用でフレッシュ感を出してきているつもりかもしれないが、多分どちらかというと11年前の視聴者層は「また高校生活かよ」という"焼き直し感"を強く感じるんでないの。まだ当時のキャラたちの物語の続きをスピンオフ的に流した方が宇多田ヒカル起用の意義も強まったろうに。イメージソングも、また彼らと同世代の新しい歌手にした方がよかったかもね…

…という懸念まで見越してヒカルは曲を書いているだろうから、今言った事は「杞憂だったね」の一言でバッサリ切り捨てられる可能性が非常に高い。テーマソングの女神である宇多田ヒカルはそんな事でハズしたりはしない。悠々待ち構えよう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uh19830119/20180416/1523834264