Hatena::ブログ(Diary)

無意識日記々

2018-04-27-Fri

5月は休みたかったのにという話

ツアーの話は後回し、と言いつつこの話は早い方がいいかな、と思い切り出してみる。(…こういうのがどんどん積み重なっていくんだよな…)

円盤の収録だ。今回のツアーは99%くらいの確率で記録されてDVD/Blurayがリリースされるだろう。疑う余地はほぼない。仮に抽選で落とされて、チケット代を払う気があったのに払えなかった人々が居るとするならリリースは義務であるとさえ思う。まぁそこは勝手に考えてくれりゃいいけどな。

として、十二夜のうちいつを収録すべきだろうか。今までのヒカルでオーソドックスなのは、一ヶ所の二公演を収録していい所を使う、というスタイル。アンプラとかウタユナとかインフレとか。五公演だがヒカ5も似たようなもんだな。今回もその方法をとるとして、六ヶ所のうち一体どこがいいだろう。

ウタユナは苦い思い出だ。私は見比べた訳ではないから推測或いは妄想に過ぎないが、よりによっていちばん評判のよろしくない夜を収録する事になったのだから。他にも優れた公演は沢山あったのに。

今回は、では、どうするか。全箇所で収録していいとこどりを出来るならいちばんよいが、映像の収録は金がかかる。おいそれとカメラを持ち込めるような状況ではない。こちらとしては、ダイレクトにコストをチケット代に乗せてくれていいから全公演収録して欲しいが、難しいだろうな。

で、一ヶ所を選ぶとすると、今回はわかりきっている。12月8日9日の幕張メッセだろう。デビュー20周年記念日のコンサートなのだからこれしかない。

ならまぁ決まりか、とも思うが、今回はかなりハードスケジュールだ。最後の幕張二公演に至る頃には(今までに較べれば)かなりの過密日程で歌わなければならない。正直、ちょうど幕張あたりでエネルギー切れを起こしそうな気がする…もっと信頼してやれって? それが本音なのだけど、心配の方がやや大きい。

気がかりなのは、実はこのすぐあとのスケジュールだ。6月末にアルバム発売となると、来月5月のヒカルはフル稼働間違い無しだ。そこが気にかかる。

これもまた本音を言えば、毎年5月のヒカルは完全にオフにして貰いたい。そうすりゃ、そう、恒例の「5月にたおれる」パターンが回避できる。なのに今年は5月にフル稼働だなんて過酷過ぎる。幾らツアーから半年前とはいえ、万が一体調を崩したら精神的なダメージが大きい。それを考えると実際にそのパターンになった2009〜2010年のHikaruはよくやったなぁと感慨深い。ほんにな。

そこはもう神頼みだが、さて。円盤の収録にはもうひとつの要素がありまして。演奏の充実である。ウタユナの時は3、4公演目をみてあまりの演奏の酷さに辟易したのだが、それが最終代々木公演では驚くほどタイトに生まれ変わっていた。やはり、2ヶ月もツアーをしていけばバンドメンバーもお互いの事がよくわかってくるということか。

その点を考えても、やはり今回の収録は幕張が相応しい。1ヶ月ツアーをしてきたバンドにこなれた演奏をしてもらいたく思う。それがヒカルの疲労のピークと合わないように願う。

あと幕張メッセの展示場といえば音響が芳しくない事で有名だが、円盤の収録は別に会場にマイクを立ててその音を拾う訳じゃない(聴衆の反応は別だが)。そんなに気にしなくていいと思う。しかし、客のテンションが音響によって下がってしまってその雰囲気のフィードバックが…まで考えるとそこはやや危ういポイントになりうる。が、ちとそれは杞憂が過ぎるな。

斯様な問題点・心配点を抱えて映像は収録される。まだまだ先の話だが、ヒカルの健康こそが第一。そこを違えないで欲しい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uh19830119/20180427/1524823796