Hatena::ブログ(Diary)

Essais d’herméneutique このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-11-03

覚え書:「ミシェル・ルグラン自伝 [著]ミシェル・ルグラン、ステファン・ルルージュ [評者]細野晴臣(音楽家)」、『朝日新聞』2015年10月04日(日)付。

Resize4325


-----

ミシェル・ルグラン自伝 [著]ミシェル・ルグランステファン・ルルージュ

[評者]細野晴臣(音楽家)  [掲載]2015年10月04日   [ジャンル]ノンフィクション・評伝 

■心から離れない音楽の秘密

 ミシェル・ルグラン。この類いまれな音楽家の何を聴いていたのだろうと思う。1980年代に流行(はや)っていたボサノバ風のイージーリスニングだったか、あるいは映画も主題曲もヒットしていた「シェルブールの雨傘」だったか。

 ぼくは子供の頃、毎朝ラジオで流れてくる音楽に魅了されていた。番組のテーマ音楽だったために、演奏者は不明のままだった。しかしそれがシャンソンの「ア・パリ」だったことは、程なくして知った。フランシス・ルマルクが作り、イヴ・モンタンで知られるようになった歌である。だが毎朝聴いていたその器楽版は特別だった。民族楽器ミュゼットと口笛で始まる音色は、それ以来片時も心から離れることはなかったが、その演奏がルグランと判明したのはつい数年前だった。

 職業音楽家の道を歩んだルグランのスタイルは多岐にわたっていて、全貌(ぜんぼう)が知られているとはいい難い。多感な幼少期にピアノに没頭していったのは、遊び人だった父の不在という環境の中、フランスナチスの脅威にさらされていたからだ。そのうちにパリ国立高等音楽院コンセルヴァトワール)でナディア・ブーランジェという師に引き立てられる。彼女はドビュッシーフォーレと親交があるだけでなく、その作品への評価も厳しく、音楽の神髄を知る人だった。彼女の存在なくしてルグランの才能が花開くことはなかっただろう。

 32年生まれのルグランの素養はフランス近代音楽に連なる。彼が名声を得たのは50年代半ば、22歳の時だった。時はレコード産業全盛期。SP盤からハイファイへの過渡期だった。音質が売り物のLPを米コロンビア社が企画し、ルグランが指名された。それは「観光音楽」ともいうべき「アイ・ラブ・パリ」というアルバムで、そこに「ア・パリ」が収録された。ぼくはこの自伝に触れ、「心から離れない音楽」の謎が解かれていくのを感じた次第である。

    ◇

 高橋明子訳・濱田高志監修、アルテスパブリッシング・3024円/Michel Legrand▽Stephane Lerouge

    −−「ミシェル・ルグラン自伝 [著]ミシェル・ルグランステファン・ルルージュ [評者]細野晴臣(音楽家)」、『朝日新聞2015年10月04日(日)付。

-----







no title








Resize4172



投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ujikenorio/20151103/p3