Hatena::ブログ(Diary)

Essais d’herméneutique このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-02-18

覚え書:「山室恭子 書評委員が選ぶ「今年の3点」 [評者]今年の3点(書評委員)」、『朝日新聞』2017年12月24日(日)付。

f:id:ujikenorio:20180212220628j:image


-----

山室恭子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

[評者]今年の3点(書評委員)

[掲載]2017年12月24日

(1)セレンゲティ・ルール(S・B・キャロル著、高橋洋訳、紀伊国屋書店・2376円)

(2)鯨を生きる(赤嶺淳著、吉川弘文館・2052円)

(3)恐竜探偵 足跡を追う(A・J・マーティン著、野中香方子訳、文芸春秋・2376円)

 動物オリンピック、今日は表彰式です。

 【金メダル】ゾウとヒトデの混合チーム殿。あなたがたは群れの個体数がどう決まるかの秘密を開示し、生態系を調節する重要な法則の存在を明らかにして、人類の増長をさりげなく戒めてくれました。

 【銀メダルシロナガスクジラ殿。あなたは真っ向勝負を挑んで勇敢な鯨人(くじらびと)たちを鍛え上げ、肉と脂を惜しみなく供給して一億総鯨食時代を実現し、瑞穂(みずほ)の国にゆたかな鯨文化を育んでくれました。

 【銅メダルティラノサウルス殿。あなたは三本爪のキュートな足跡をペタペタ遺(のこ)したり、うんこ化石をポロリと落としたりして恐竜学者をうっとりさせ、夢とロマンのクサい見つけ方を伝授してくれました。(東京工業大学教授)

    ◇

 3分クッキングに進路相談、都市伝説にお医者さんごっこ……それぞれの本にふさわしい「器」を探す書評の旅です。次は競馬中継!?

    −−「山室恭子 書評委員が選ぶ「今年の3点」 [評者]今年の3点(書評委員)」、『朝日新聞2017年12月24日(日)付。

-----







no title








Resize9398


恐竜探偵 足跡を追う 糞、嘔吐物、巣穴、卵の化石から
アンソニー・J. マーティ
文藝春秋
売り上げランキング: 493,704

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ujikenorio/20180218/p3