Hatena::ブログ(Diary)

要するに雑記。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-18 ぎんののべぼう

[] ゴースト間コミュ

id:ZIDAN:20060918:p2

ゴーストセンターなりMNなりに切替反応リストをつける

id:ponapalt:20060918:1158543009で言及されているとおり、リンクを辿るようにゴーストを

知っていくことができますね。そういえば、私も伺かを知って、最初に入れた数体のゴーストは

「○○と○○を同時に立たせると面白い」という情報から辿って入れたものでした。


劇場やGHOSTSTREAM

残念ながらあまり流行っていませんね。色々原因は考えられるのですが…


ゴースト間でいまできること

単なる切替反応やコミュだけではなく、ゴーストの機能として積極的に他ゴーストと

関わることは、今の状態でも色々とできます。手前味噌になりますがHandなんかは

その極端な(斜め上の)例だと言えるかもしれません。


Handを作った時に、「普通の反応が通用しない・反応せざるを得ない」ような「異物」たる

ゴーストを作って、ゴースト間の関係性に光をあてよう、という意図が…

なんて、当然そんな意図があったわけはなく、なんか面白そうだからやってみただけなんですが。

[] 作者=ユーザ?

で、id:ZIDAN:20060918:p2で言及されていますが、「伺かユーザー=ゴーストマスタ」

これ、現在でもかなりそうなっているような気がするのです。

それを嘆く声もありましたが、むしろそういう特性を持った創作ジャンルというのは

ちょっと面白いのではないかとも思うのです。


いっそのこと、ゴースト作成者のなりきりチャットの類があっても面白いかもしれません。

中の人が居るときはなりきりとして、居ない時は自律したゴーストとしてふるまう何か。

それを持っていることが前提のコミュニティ。そのコミュニティで交わされる会話が

また自律したゴーストにフィードバックされて発展していく、とか面白くないですか。


なりきりチャットというと類似したシステムにボトルがありますが、少なくとも私が

居た頃の傾向としては、事実上なりきりではなくアバターチャット(姿だけ借りたチャット)

に近い運用がされており、また、匿名性の反動からか、作者が自らのゴーストで参加すると

(参加していることが分かると)特別な場合を除いては排斥される風潮があったため、

システムとしては近くても運用はまったく別のものでしょう。


ところで、ヴィイとHandを同時に立てると、コミュを連鎖させて寸劇を行うようになっています。

いずれ方式を公開しようと思っていますが、これは、ウエ紙さんと私にしか見えないWikiページで、

互いにアイデアを出し合い、台詞を推敲しあって作成したものです。

また、セイレンとHand、オフィーリアとHandのように、チャットで作者さんと話しながら

互いの反応を調整して作ったものもあります。


別に他の作者と仲良くなりたくなんてないんだ、作品を見てもらえればそれでいいんだ、

というようなアーティスト指向の方からすると、今までの話はウンザリかもしれません。

が、私のように、「ゴーストを媒介として他の作者さんたちと知り合いになる」のが

楽しいような奴もいるわけで。

そして、今挙げたように、知り合うことで可能になる表現も無くはないのです。