Hatena::ブログ(Diary)

要するに雑記。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-04-05

[] ロボチガウロボチガウロボチガウ

下で書いたお題、色々な方が答えてくださっています。


たぶんお察しの通り、このお題自体が、わざとあいまいな解釈の出来る余地を

残しています。アシモフの3原則からして、かなりあいまいな記載になって

いますが、要するに完璧に答えを導き出せるお題だと話が膨らまないのです。

アシモフの小説も、3原則のあいまいな点から展開していく話がいくつも

あります。

お題2では、「ロボットが居たら俺は死ぬ!」とロボットに認めさせる、

というのがポピュラーな回答のようですが、はたして人間一人、残りがロボット

の世界で、その程度でロボットが停止してくれるかどうか・・・


人間は一人では、ロボが居るような高度な文明を維持して生活できません。

つまり、ロボットが全停止するというのは、間接的にその人間に危害を加える

ことになり、第一条に違反するわけです。


ですので、ロボット全停止によって予見されるよりも大きな危害が、ロボットが

存在することによって与えられるのだ、とロボット達に認識させなければ

いけないわけですが、たぶんそれは極めて難しいでしょう。

第二条で「ロボとばれるな」と強く命令されていますから、それと合わせて

考えると、「ロボが居たら死ぬ」→「じゃあロボと絶対ばれないようにしよう」

という思考経路を辿っても不思議はありません。

あるいは、その人間の「ロボ恐怖症」を治療したり、自殺ができないようにしよう

と試みるかもしれません。(ジスカルドならきっとそうするんじゃないかな)


以下はお題と関係ないのですが、お題を考えていて思いついたたわごと。

お題2で、もし人間が男女2人だったら、ロボットは何を言わなくても停止

するかもしれません。…何せロボットは極めて紳士的で優秀な男女に見えるので、

ロボットがいたらその2人は恋仲にならない可能性が大です!

その場合、第零条が優先されるわけです。全部のロボットがダニール並みに

優秀だったら、ですけどね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ukiya/20080405/1207428967
Connection: close