Hatena::ブログ(Diary)

セキュリティは楽しいかね? このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-04

万年筆タイプの水性ペン ink-Bar

ink-Bar -- セーラー万年筆

書く道具として原点(基本機能)を見直し、シンプルなスタイルを追求したスーパースタンダードシリーズ。デザインも機能もきわめてシンプル。「インクバー」は、万年筆タイプの水性カラーペンです。筆記具本来の書き心地はペン先で決まりますが、金属ペン先(細字)を採用しているため、万年筆感覚の心地よい筆記感と確かな安定感が得られます。インク(水性染料)のカラーは幅広い好みや自分のスタイルを表現できるようにと、10種類をラインナップ。『筆記を楽しむ』『色を楽しむ』というコンセプトを持ち、表現力を大きく高める新しいタイプの一本です。

たまたま文具店で見つけた。万年筆タイプの水性カラーペン。シンプルで、値段も180円とお手頃。10色揃ってて、なかなかよさげ。

2008-02-21

リポコン4

ギアチェンジにこだわった多色ペン“リポコン4”を検証する - ITmedia エンタープライズ

トンボ鉛筆のプレスリリース


「リポーター4コンパクト」、略して「リポコン4」。トンボ鉛筆が今月から新しく発売しているマルチペンだ。名前の通りペンの長さがこれまでより2割短くなっているので、手帳にピッタリはいって便利。最近のお気に入りは、これとJetstreamの3色マルチペン

2008-02-16

ソフトカバーのモレスキン??

「モレスキン」にソフトカバーノート?柔らかく軽量な新シリーズ - シブヤ経済新聞


Lifehacking.jpさんのところで知った。どうもモレスキンからソフトカバーノートが発売されるらしい。モレスキンと言えば、あのハードカバーが代名詞みたいなもの。さてソフトカバーになるとどういう感じなんだろう? ちょっと興味あり。

2008-02-08

無印良品 水性プラスチックペン

f:id:ukky3:20080208221602j:image

(左: Moleskine Reporter + STAEDTLER triplus)

(右: Moleskine Ruled Notebook + Jetstream, プラマン)


id:akizukidさんのgihyo.jpの連載で紹介されていた、無印良品の「水性プラスチックペン」を試してみた。こういうのを読むと買って試さずにはいられない。


お店で手に取ったときの感想は「あ、これ前にどこかで使ったことある!」だった。それがいつどこでだったかは全く覚えがないのだが、どこか懐しい感じ。

使ってみると、確かにモレスキンの紙質に合っているように感じる。とても書きやすく、書いた字も見やすい。ただ自分としてはジェットストリームも捨てがたい。あえて難点をあげるならば、書いたときにペン先と紙がこすれる微妙な音が少し気になるくらい。とにかくしばらく使ってみることにする。


ちなみにモレスキンPDAでは、STAEDTLERのtriplusという油性ボールペンを使っている。三角の形状とラバーが非常に手になじむ。インクの書き味もとてもよく、これもモレスキンに合っている。少しペンが長いのではみ出してしまうが、あまり気にならない。