『俺たちのKYOTO』編集長の今日のできごころ

2010-04-02 きっとサクラ咲くよ

しごとが終わり、フリペとミニコミ『ぱんとたまねぎ発酵人・パン氏と

ちせの谷内さんと左京ワンダーランドの打ち合わせ。

途中、3人で古書善行堂に寄る。

ひさしぶりに訪れた善行堂、通路が古本でえらいことになっていた。

階段にも。古本でいっぱいいっぱい。


「いっぱい」という単語が脳裏にうかび、

ちょっと「一杯」飲みたくなってきたので、

善行堂店主・山本さんにバイバイし、

3人で善行堂を下がってすぐのGoyaさんで沖縄料理を食す。


ひさしぶりになんこつの唐揚げを食べた。いや食べれた。

10年ぐらい前なんこつの唐揚げが好きで好きで

飲みに行ったらかならず頼んでいたのだが、

あるとき酔っぱらってもどしたことがあり、

それ以来においを嗅ぐと、うっとなるのだった。

でもきょうは食べれたなぁ。


打ち合わせのはなし。

たいへんといえばたいへんだけど、おもしろいことになりそうな予感。


帰り、哲学の道さくらを横目に見る。

しろいのがぽわーとうかぶ。見ているこっちもぽわーとなる。

さくらはただキレイなだけでなく、妖しさがある。

その妖しさに人々は酔いしれる。

酒などいらないぐらいに。

もう少しで満開だ☆