My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-04-13

[] ブログのPage Viewについて

「デジモノに埋もれる日々」の「トップブロガーの規模を、推定のPageViewで比較してみる」

http://c-kom.homeip.net/review/blog/archives/2005/04/pageview.html

を読んだ。この推定数字は、一部の実数が把握できているサイトを除き、全体としてかなり多めに出ているのではないかなと思った。たとえば磯崎さんのBlogに対する「5万PV/日, 150万PV/月」という推定と、磯崎さんの今年正月エントリー

http://www.tez.com/blog/archives/000308.html

3月に開始して約9ヶ月間やってみましたが、当初1日300人程度だったアクセスが、12月には1日2,000人超(4,000page view[pv]超)、月間では12万pvを超えるアクセス検索エンジン等を除いた正味)をいただけるまでに成長したことには自分でびっくりしています

とだと一桁離れている。

僕の場合の数字を、参考のためにファクトとして示しておこう。

僕の場合、書いている内容がニッチで、特定の人しか興味を持たない。また論議を巻き起こすような一般ネタはほとんど書かないので、それで「10,000PV/日」を維持しようとするとかなり大変である。また1日10,000PVを超えるようになると雑音が多くなってくるような気もしないではない。

PVを増やしたければ、1日の更新頻度をとにかく増やすことである。何でもいいからどんどん更新することだ。アメリカで数十万PV/日を誇ると言われている最もPVが多いBlog「instapundit」

http://www.instapundit.com/

は、一回の更新volumeはそう多くないが、1日数十回の更新がある。

アメリカの人気Bloggerが集まる席でオフレコで本当のPVを聞いてみたことがあるが(古今東西、皆、だいたい聞かれれば多めに数字を言うものである)、英語圏でかなり有名なBlogでも20,000PV/日を超えるものはそう多くない。

そんなこんなを色々と考えあわせると、500-3,000PV/日あたりが、Blogを書いていて、けっこう楽しいいいゾーンなんじゃないかな、と思ったりする。そのくらいだと、読みたいと意図して訪ねてくれる人がほとんどで、それ以上になると、背景を知らずに何かの拍子に飛び込んでくる感じの人が増えてくる。

一般に広く話題になるようなネタを取り扱い議論を好むタイプBloggerだとPVに対する皮膚感覚がきっとずいぶん違うのだろうと思うが、以上が僕の「今の日本Blog世界のPV」に対する皮膚感覚である。

痛感しています痛感しています 2005/06/23 15:34 はじめまして、おはようございます。
ネットサーフィンでたまたま『トップブロガーになるには覚悟も必要?』という記事が目に入ったのでお邪魔しました。
私は、現在YAHOO週間ブログランキング1位の長谷川一彌と申します。◆人生を豊かに生きるための『知恵・コツ満載ブログ』◆で約1週間前にトップになり1日のアクセス数が1万を越えて対応に追われています。記事に書いてありますように「覚悟が必要」を痛切に感じております。また、その方面の情報を知りたいのでお邪魔いたします。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証