My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-13

[] Web 2.0ベンチャーサバイバルゲームの始まりだ

2006年アメリカ株価上昇で始まった。ちなみにダウやS&P 500が上がるとアメリカ全体に元気が出るし、NASDAQが上がるとシリコンバレーは元気が出る。

2005年は「Web 2.0ベンチャーを作れー!!! 久しぶりに面白い時代が来たよー!!!」という号令がシリコンバレー全体にかかった年だったと言えるだろう。チープ革命によって昔よりもうんと簡単にWeb 2.0ベンチャーなら作れるし、ベンチャーキャピタルのカネは相変わらず余っているし、全力で走ってそこそこいけばヤフーか誰かが$20-50milで買ってくれるし、腕のいいエンジニアがごろごろ余っているんだから、Just do it! というわけだ。

こういうふうになったときのシリコンバレーの怒涛感というのは、好き嫌いはともかく、凄いものがある。個々に見れば「何だ、大したことないじゃない」というベンチャーも多いのだが、大抵のモノが正規分布的広がりを示すのも事実で、中にきらりと光る技術会社が見出されて、そこに人とカネとアテンションが集まっていく。そういう淘汰の仕組みがシリコンバレーの生態系にはある。

運と偶然と実力が渾然一体となった曰く言いがたい過酷な「Web 2.0ベンチャーサバイバルゲーム」が始まったのだ。万に一つのグーグルヤフーアップルみたいな世界企業と、ほんの一握りの成功者(小さな上場企業または高値での買収でexit)を生み出す陰で、たくさんの理不尽なことが起き、たった一つの小さな失敗でも簡単に創業者が追放されたりする。嫉妬の気持ちも街全体にじんわりと堆積してくる。でもこういうゲームのひりひり感が忘れられない人たちと、このひりひり感の過酷さをまだ知らない一回目の挑戦者たち(若者たち)がここには溢れているのである。

「Techcrunch:Tracking Web 2.0」(TechCrunch profiles and reviews new web 2.0 products and companies.)

http://www.techcrunch.com/

アーカイブを読むとそういう雰囲気が少しはつかめるかもしれない。でもこればっかりは経験してみないとなかなかわからない感覚なのだろうな。

たとえば、1月12日の「When Will Yahoo Acquire Technorati?」

http://www.techcrunch.com/2006/01/12/when-will-yahoo-acquire-technorati/

の中に、Web 2.0ベンチャーヤフーが買うんじゃないかリストが上げられていて、

の5社がトップランナーとして認定されている。グーグルが買収するのではないかという噂が流れたが条件が折り合わなかったRiya(フォトサーチ領域)も自力での成長を目指して資金調達をした。「Riya Nails Second Round Financing」

http://www.techcrunch.com/2006/01/09/riya-nails-second-round-financing/

ということで、$15milも集めちゃったみたいだ。今の時代、$15milと言えば使い手がある。でもこの意思決定が吉と出るか凶と出るかは全くわからない。

そういえば、グーグルの買収提案を昔々に蹴ってしまったFriendstarはどうなったのかな。こういう会社の周囲には嫉妬と怨嗟が渦巻いていることだろう。「おい、誰が断わる決心をした大馬鹿だったんだっけ?」みたいなことを心の中で思っている関係者がたくさんいるはずだ。

あと最新のエントリー「Three New Classifieds Companies」

http://www.techcrunch.com/2006/01/12/three-new-classifieds-companies/

で取り上げている3つの注目ベンチャーは、むろん英語ベースサービスだからシリコンバレーの関係者の目にとまるわけだが、皆アメリカ以外のWeb 2.0ベンチャーだ。ここが10年前のブームと違うところの一つと言えるだろう。インターネット最初の十年で、確実にグローバル化が進展したのである。

I’ve been watching three new web 2.0 classifieds sites - BlockRocker, rbloc and theadcloud. And for those of you who say I focus on silicon valley companies, I have a surprise for you - all three of these companies are located outside of the U.S. BlockRocker is in Winnipeg, rbloc is in Calgary and theadcloud is in Chile.

Web 2.0とは何ぞや」というような議論をしている暇があったら会社作ってサービス作って走れ、という感覚が、この地に満ち溢れてきたのを感じる。あわただしくも面白い時代がまた始まったのだなと思う。

y_kotaniy_kotani 2006/01/15 18:46 村上建夫・ベンチャー失敗学;文芸春秋
非常に日本的な、ファンドとベンチャーらしいきもののやり取りを皆さんどう見られますか?