My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-24

[] 堀江社長逮捕についての短い感想

ちょっと忙しくて本欄の更新を怠っているうちに、ライブドア強制捜査から、あっと言う間に堀江社長逮捕まで行ってしまった。

こちらで日本テレビは見ないけれど、とんでもないことになっているのはだいたい想像がつく。

ネット上も騒然としている。

本件についての感想はいろいろあるが、とりあえずまず言いたいことは、こういうことだ。

若い人たちが、ビジネス世界で何かやってみたいと夢を持つときに(それは起業した会社を公開企業にするという大きな夢であっても)、堀江氏のような「スケールの大きさ」は、決して必要としないということである。よくも悪くも、「普通の人」は、あそこまでは絶対にいけないものだ。

ビジネス世界というのは、「普通の人」が「ごく普通の常識の範囲」で「普通の度胸」で、冒険したり挑戦したりできる場である。

その範囲のゲームをしている分には(まぁ「普通の人」には、その範囲のゲームしか度胸がなくてできないのだが)、ごく普通に、成功したり失敗したりできる。そういう場であるべきで、実際にそうなのだ。

堀江氏の軌跡を見つめながら、一つだけ確実に言えると思うことは、「普通のスケールの大きさの人」であれば引き返したであろうポイントが、彼が歩んできた道のりの途中に、いくつもいくつも、いや無数にあったろう、ということである。

そして、そういうところで引き返すような「普通の人」にとってだって、ビジネス世界というのは、起業家になるということを含めて言っても、十分魅力的な場で、「普通の人」が普通にやれる範囲でごく普通にやっていって成功できる可能性を持つ「普通の世界」だということである。

なぜかそういうことを今書いておきたいと思った。なぜかはよくわからないのだが。

nak2knak2k 2006/01/24 09:57 GoogleやAmazonのような「すごい人」たちの話も色々学べることがあって好きですが、こういう「普通の人」の話もいいですね。
普通の人が普通にやっていける場としてのビジネスの世界の話をもっと聞いてみたいです(私自身、「普通の人」なので^^;)

x79xxxx79xxx 2006/01/24 20:59 私はホリエモン嫌いなんですけど、今回の件は「日本の社会が持ってる(かもしれない)健全な何かが壊れたor終わった」って印象を持ちました。多分、梅田さんは「終わらせちゃいけない」って思ってるのかと。終わらせちゃいけないとは思います。諦観が先に来た自分を恥じます。恥じても粋がっても無力である事に代わりはないけど。

てすとてすと 2006/01/25 05:55 あぁ。前編を読んでなくてコメントしてしまった。
前編は確かに担い手が萎縮することを危惧されてるようですね。
若者はホリエモンが特別なのは判ってて、自分なりに可能性を探っていくと思いますよ。
こんなことでくじけてたら、世の荒波は乗り越えられませんよ!

yasuoyamasakiyasuoyamasaki 2006/01/26 06:45 ベンチャーとは多数のモンスターたちがすごいビジネスで争っている,というイメージじゃなく,たくさんの普通の人たちがたくさんの普通のビジネスをやっていて一部の人がすごいことをやっている,そのピラミッドの底辺が一般に周知されなくて,これからやろうと思っている若い人を萎縮させなければ,というオヤゴコロ,暖かいです.

yasuoyamasakiyasuoyamasaki 2006/01/26 06:45 ベンチャーとは多数のモンスターたちがすごいビジネスで争っている,というイメージじゃなく,たくさんの普通の人たちがたくさんの普通のビジネスをやっていて一部の人がすごいことをやっている,そのピラミッドの底辺の存在が一般に周知されなくて,これからやろうと思っている若い人を萎縮させなければ,というオヤゴコロ,暖かいです.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証