My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-27

[] 「ライブドア技術の話」と「技術指向の経営」について

伊藤直也(id:naoya)の「ライブドア技術の話」

http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060127/1138329840

が話題になっているようなので、少し補足をしておきたい。

日本ライブドア報道を直接見聞きしているわけではないので、正確なところはよくわからないが、

今回のライブドアの件で、「ライブドア虚業」、とか「日本ネット企業は心を改めて技術を磨け」みたいな論調を良く見かけるわけですが

という書き出しで始まっているので、ネット事業について何も知らない人が、テレビ等で勝手なことを色々と言っているのだろうことは想像がつく。

まず、「ライブドア技術の話」について、彼が書いている内容は100%正しい。

ただ、ライブドアがこうした確かな技術を持っているということと、ライブドア経営陣が技術に対して深い関心を抱き「技術指向の経営」を行っていたかということは、全くの独立事象である。

企業戦略と技術の関係について議論する場合、その企業が「高い技術」を有しているか否かということ以上に、その「高い技術」が果たして「基盤技術」にすぎないのか、それとも「戦略技術」たり得るのか、ということがより重要である。

「粉飾したかどうか」とかそういうこととは別問題として、ライブドア経営陣は、少なくともある時期以降、自社の成長を、M&Aと提携戦略とブランド戦略(堀江ブランド)を軸に、スピード速く展開しようとした。自社が有する「高い技術」は、それを支える「基盤技術」として位置づけた。誰も持ち得ない「戦略技術」を開発し、それで道を切り開こうとする「技術指向の経営」ではなかった。

しかし洋の東西を問わず、eBayYahoo!Amazonも含め、ネット企業というのはコンシューマー向けサービス事業という性格を色濃く持つので、ごく普通の経営を指向すると自然に「技術の位置づけ」はそういうもの、つまり「基盤技術」的性格を持つようになる。米ネットバブル崩壊前のネット企業群、つまり90年代半ばに生まれた老舗ネット企業群は数年前まで皆そうだった。

その概念をひっくり返したのがグーグルだった。

グーグルは明らかに「戦略技術」の開発を最優先事項とする会社として登場した。ネット産業界の突然変異だった。だから最初は皆、グーグルが何をやっているのか、何を目指しているのか、全くわからなかった。しかし2002年頃からグーグルの台頭が誰の目にもはっきりとわかるようになり、それに刺激された米ネット列強は「基盤技術」だけでなく「戦略技術」を持つことの重要性をようやく認識した。しかし残念ながら、ライブドアを含む日本ネット列強はそうではなかった。そして今もそういう状況が続いている。

fromdusktildawnfromdusktildawn 2006/01/27 15:41 ちょっとだけ気になった点を。Googleがいままで勝ちつづけて来たのは、技術が主な要因と考えてしまっていいのかな?、と。技術がイケてるのは、彼らの成功の必要条件の1つに過ぎなくって、その強さの中心は、マーケティング(日本語のマーケティングじゃなくって、欧米の大学の授業なんかで言われるマーケティングという言葉ね)なのじゃないかと思う。マーケティングの一要素であるブランディング戦略というのは、ようは、ユーザの心の中の心理的なポジショニングをどう確保するか、ということだけど、その意味で、Googleは多くのマーケターを「うほ。この手があったか。」とかうならせる絶妙のポジショニングをやっている。経験の浅いマーケターには、彼らがマーケティングをやっているということが理解できないほど飛び抜けてハイセンス。ビジネス戦略も、従来のビジネス戦略が陳腐に見えてしまうほど、ハイセンスで、時代の流れをよく読んでいて、ドンピシャリに的確で、めちゃイケてる。腕利きの交渉人が、自分が交渉しているということを相手に勘づかせないように交渉できるのと同じように、よくできたビジネス戦略は、はじめそれがビジネス戦略に見えないものなので。よく、MSが「技術に強いマーケティング会社」と言われることがあるけど、それは、単にMSが他から技術を買ってくることがよくあるから、という意味もあるけど、同時にそのマーケティングがいやらしいほどに(というか、正直にいうと、くやしいほどに(笑))巧妙で的確だからだというのが頭にあるから。「技術が自社開発であるかどうか」ということと、その会社の強さの中心が技術であるということは、基本的には別の話ではないかと。これは、技術にかぎらず、食品などでも同じだけど。技術にしろ食品にしろ、それを自社開発する会社でも、その商品自体のコア開発力を強さの中心にして成功するパターン(お菓子で言えば、他社にはだせないような味の菓子を製造できる)と、そのマーケティングを強さの中心にして成功するパターン(お菓子で言えば、極上の味を一口分だけ売るとか、オフィス・グリコのように富山の薬売型ビジネスモデルを採用するとか、お菓子よりもおまけの部分の方がむしろ価値があるとか)の両方がある。ユーザがGoogleを使っているのは、Googleのテクノロジーが優れているからというよりもむしろ、スポンサーの都合で検索結果の順位が操作されていない、もしくは、そういう印象形成に成功しているから、とか、必要以上にウザイ広告の出し方をしない、もしくは、しないという印象形成に成功しているからとか、その他、ユーザから搾取しようとするYahooやAmazonなどのダースベーダー企業とは違うんだ、というルークスカイウォーカーブランディング戦略(Sunマイクロやヒトラーがやったのと同じ手口。MSをダースベーダー化することで、Javaをルークスカイウォーカー化するマーケティングスタイル。仮想敵を作ることで、人々を味方につけ、忠誠心を勝ち取ることができる。)をやったからとか。とくに、舌を巻いたのが、とにかく消費者を洗脳して無理やり商品を買わせようとするマーケティングに辟易している人々の心理や時代の空気を的確に読み、巧妙にそこにつけ込んでいる点。
というわけで、オイラ的には、Googleって、技術という見せ方をしているマーケティングの会社じゃないの? という疑問があるのでした。

kennkenn 2006/01/27 19:29 梅田さんの論点も(いつも通り)明快ですが、同時にfromdusktildawnさんのご意見は技術サイドに身を置く立場からみても重要な指摘だと思います。しかし一方、fromdusktildawnさんがおっしゃっているような「くやしいほどに巧妙な」模倣不可能なほどクールなマーケティングというのは、知能指数の高いビジネス畑の連中が理性的な手続きで狙ってできるようなものではなく、もっと痛烈な欲望というか、たとえば腹黒いスーツ連中が腹黒く仕切っている世界に対する違和感の表明みたいな動機が必要で、それってスーツな人たちには突き抜けられない壁なんですよ。従って、Google的マーケとやらが成立するためには、内部に「俺たち技術志向だよな」というスノビッシュなプライドがあることが絶対的な必要条件であることも確かでしょう。そういう意味で、「技術という見せ方をしているマーケティングの会社」という指摘は、おそらく正しいのですが、結局は「本気で技術志向を極めた結果、それがマーケティングになることもある」という逆さまの論理と同値ともいえます。そして、経営にとって実践的価値をもつ言明は後者でしょう。Seth Gordinも皮肉たっぷりにいってますが、「〜と思わせておいて実は〜」みたいな陰謀論は率直に言って無意味で、というのも、真意を隠したnon-authenticなマーケティング戦略は末端社員の深層心理までインプリできない=結局長続きしない=成功しませんから、結局「Googleは徹底して技術志向の会社である(あった)」という梅田さんの論が正しい、に一票。(最近のVideo StoreとかPackとかにはえーーー何じゃこれ、ついにGoogleでさえDark Sideに落ちる時期がきたか、という思いに駆られてちょっと悲しいですが。)

fromdusktildawnfromdusktildawn 2006/01/27 22:29 それを「技術」という言葉で呼ぶのは適切なのかな、という疑問を感じます。一般人の、その辺のオネーチャンがgoogle使うのは、その「技術」が優れているからなんですかね? また、技術を究めれば、自然とああいうマーケティングになるんですかね? やたらと技術にこだわるけど、消費者にちっとも好かれない会社なんて、山ほどありますよね? むしろ、そっちの方がずっと多いですよね?
Googleのこだわりっていいうのは、「世の中の情報を整理したい」ってところとか聞いた気がするんですけど?(ぼくの記憶違いですかね?) もしそうだとしたら、これって、完全にマーケティング戦略ですよね。MBAの教科書的にいうと、いわゆるミッションステートメントってやつです。ミッションステートメントの確立なんて、マーケティング行為以外の何ものでもない、というか、マーケティング戦略立案において、もっとも重要なことですよね。また、ぼく的には、マーケティングを陰謀といっしょにすると話がおかしくなると思うんですよね。そういうものの見方の方が、よっぽど陰謀論なきがしちゃうんです(まあ、ぼくの個人的な意見ですが)。あと、MBAでどう教えてるのかなんて知りませんが、現実には、マーケティングで一番大切なのは、センスであって、理屈じゃないですよ。陰謀論的に消費者を騙してやろうという悪巧み計画するかどうかなんて、マーケティングの成否と関係ないですよ。実際には、ほとんどの場合、消費者とのうまい関係を築くための、センスが成否をわけてません? それを直感できることが成否を分けてません? ぼくのまわりではそうなんですけど。ぼくだけ、おかしな環境に身をおいているんですかね? 理論や戦略は、それを実装するための手段にすぎないわけです。もちろん、その部分のうまいへたもあるけど。なんていうか、人間関係を築くのがうまい人って、人間関係理論をロジカルに頭の中で計算して、戦略を立ててるからじゃなくって、もっと、脳内で直感や情動の演算をしている、というか、言葉じゃなく、脳のマシン語で無意識的に最適なコミュニケーションを選択できる人ですよね。現場では、マーケティングのうまい人って、やっぱそういうタイプの人がほとんどじゃないっすか? 陰謀大好き極悪マーケターもいますが、でも、そういう人も、悪ぶってるだけで、消費者の気持ちをうまくとらえている人ほど、実績出してますよ。一流の結婚詐欺師になるためには、女心をとらえるセンスが必要なのと同じです。なので、陰謀とか理論とか、そういうものと、マーケティングの成否をごっちゃにするのはどうかと。あと、マーケティングを意識的にやるか無意識的にやるかは、どっちでもいいんじゃないですか。どっちでやるタイプもいるし。なんのロジックもなく、いきなり結論だけ、ずばっとすごくハイセンスなパワポがでてきて、ろくな理論も理屈も作戦もないんだけど、それが正解であることが、だれにでもわかるような、そういうタイプのマーケターって、よくいますもん。松永さんなんか、そういうタイプで、周囲が非常に苦労したとか聞いてますよ。人づてに聞いただけで、ぼくは直接は知らんですけど。社員にマーケティング戦略や会社のミッションを浸透させることのできないような理屈倒れのマーケティングがマーケティングだなんて、そんなマーケティングの定義、はじめて聞きましたです。ああ、すいません。言葉がちょっとキツくなりすぎました。失礼しました。他人のブログで格闘をはじめるつもりはないです。とりあえず、ま、なんていうか、いいたいのは、ごくごく個人的な感想として、「そいういうもろもろのことって、技術と関係ないじゃん」って、そういう違和感を感じた、ということだけで、それが一般的に真実かどうかなんて主張する気は毛頭ございません。通りすがりが、漠然とそんなことを感じたというだけの話です。

胡椒の木胡椒の木 2006/01/27 22:45 技術そのものがGoogleの強さの大きな要素の1つであることは間違いないでしょう。検索そのものの質が悪ければユーザは集まらず、ユーザが集まらなければそのユーザ情報を駆使したサービスを提供できませんからね。いろいろなサービスが複合している今となってはわかりにくいですが、Googleが検索エンジンだけであった時代、明らかに検索性能が優れていたと感じていました。

kuippakuippa 2006/01/27 23:02 「技術指向の経営」というのに少し違和感。
技術の独自性から、その優位性を客寄せにも収益の回収にも用いるということだと思うのですが、それこそ洋の東西を問わず戦略技術でネットの表舞台に立っている会社はないように思います。工業プロダクトの場においてなら、「戦略技術」は実存していますが、ことITに関しては請負などのような追従分野しかまだ存在していないように思います。

高い技術をもとにプロモーションしているGoogleのような会社の活躍は目を見張るものがありますが、あくまでそれは、技術がそのまま収益に結びついているのではなく、技術を元にネット内で地の利をおさえ、広告のようなもので稼いでいるのではないでしょうか。収益回収のエンジンとはイコールではありません。

高い技術力に裏打ちされた利便性はマスアピールに役立つ集客要素にはなりますが、技術が売れているわけではありません。アマゾンもしかり。回収エンジンと集客エンジンが別というのは”あり”だとは思いますが、ライブドアも技術の裏づけ(もちろん会社買収にあたり価値算定などのセンスも技術のひとつだとおもいます)を得たうえで、ファイナンス分野で収益をあげていたというスタイルなのではないでしょうか。

( ゜д゜)ハッ。そういうのをマーケティングっていうのかな?


でも、BtoCで技術をとっぷあじぇんだとして商売していくのはまだまだむずかしそうだなーと思ってしまうのです。
かつ、今の日本の状況からしても、ある程度以上の企業も結局収益をあげてるのはファイナンス分野っていう実情があります。
それを額に汗してという議論と結びつけるつもりはありませんが、額に汗した結果報われるように、その利益を最大化しようとしてITな企業群が鮭の遡上のように向かうのも納得はいきます。


BtoCで、高い技術力をそのまま収益エンジンに結び付けられるような会社がでてきた時に、なんでしょ経営2.0の時代がくるですかね。決済とかまだまだ障壁は多そうですが。

fromdusktildawnfromdusktildawn 2006/01/27 23:34 > BtoCで技術をとっぷあじぇんだとして商売していくのはまだまだむずかしそうだなーと思ってしまうのです。
同感です。技術が重要じゃない、とか、技術が勝因とは関係ないとかいうつもりはなくって、ぼくが気になっているが、「技術が主な成功要因かどうか」という点。言い換えれば、技術を会社のトップアジェンダにしてよいのかどうか、という点。もっと別の言い方をすれば、技術を会社の戦略の中心に据えていいのかどうか、あるいは、「Googleは実際に技術を会社の戦略に据えてきたのか? また、据えてきたから成功したのか?」という点。技術を軽視しているわけでも、高い技術から来る検索精度が、ユーザの支持を勝ち取るのに重要だったということにも、異論はありません。ただ、気になるのは、「実際にGoogleの検索精度の方が高いかどうか?」って、消費者にどのくらいわかるんですかね? 技術屋さんとか、ITな脳味噌をもってる方々はその辺に敏感でしょうけど。ぼくなんか、Googleのシンプルなユーザインタフェースと、うっとうしくない広告のだし方から、「これはユーザ指向の検索エンジンに違いない」と思い込んでしまって、実際にYahooと検索精度を詳しく比較したりなんかしませんでしたからね。そもそも、同じ単語をYとGの両方で検索して、比較分析するユーザなんて、どのくらいいるんですかね? 一般ユーザって、ほとんどの場合、印象だけで決めてませんか? そして、Googleの印象って、企業にマーケティングされるのが嫌いなユーザには、めちゃくちゃ訴求力あると思うんですよ。だから、たしかに、YからGに切り換えたユーザは多いだろうけど、実際のところ、その切り替えを引き起こした主な理由は、ほんとに検索精度の違いだったのか、怪しいような気がするんです。もちろん、マーケティング理論的には、いわゆる、アーリーアダブターとか、口コミ理論におけるオーソリティーにカテゴライズされるコアなユーザは、比較分析ぐらいはすると思うから、検索精度自体も十分大きな成功要因だったとは思いますが。ただ、コアなユーザは、そこの部分を過大視する傾向があるので、ちょっとそこは気をつける必要があるかな、という気がします。

fromdusktildawnfromdusktildawn 2006/01/27 23:39 訂正:
訂正前:「Googleは実際に技術を会社の戦略に据えてきたのか? また、据えてきたから成功したのか?」
訂正後:「Googleは実際に技術を会社の戦略の中心に据えてきたのか? また、据えてきたから成功したのか?」

fromdusktildawnfromdusktildawn 2006/01/28 00:00 あと、もう一つ。
そもそも、「検索精度」って「技術」なんですかね? 「検索精度が高い」というのは、「ユーザの望んでいるものにより近い検索結果がでてくる」ってことですよね。そして、「何をもってユーザがのぞむ検索結果」として定義するのかっていうのは、実装仕様じゃなくって、外部仕様では? もっというなら、要求仕様書なんじゃないのか? それって、大手企業なら、○○企画部とかいう、ビジネス系の部署に配属された企画屋が書くドキュメントだったりするわけですよ。もちろん、それをどう実装するか、というのは、技術系の部署だし、そのアーキテクチャが設計できなきゃ、いまのgoogleはなかったわけで。ただ、そもそも、その実装力が優れていたから、優れた検索エンジンになったのか、それとも、ページランクとか、何をもってユーザののぞむ検索結果と考えるのか、という企画センスが優れていたために、優れた検索エンジンができあがったのか、それは闇の中ですよね。ただ、気になっているのは、盲目的にそれを「技術」が優れていたからだ、と信じ込んでしまうことです。じつは、単に「企画」が優れていただけかもしれないのだから。その外部仕様をエンジニアが書いたから、それは技術というわけじゃないんですよ。生まれつき、天才的な企画センスやマーケティングセンスを持ったエンジニアって、よくいますから。そう企画・マーケティングの才能を持ったエンジニアが開発したサービスを指して、「技術の勝利だ」とか言われると、違和感を感じるんですよね。

胡椒の木胡椒の木 2006/01/28 18:50 みなさんのご意見に関して、分析の深さに感服いたしました。私が申し上げたかったのは、技術の優位性は、その優位性が製品の良さやユーザへの満足に結びつく限りという条件付きですが、Googleが成功に至るための1つの「必要条件」だったのでは、ということです。技術の勝利とか技術が中心かどうか、という点に関しては皆様のコメントのとおり、そんな単純なものではないということは激しく同意です。すなわち技術的優位性が十分条件でないことは明らかです。でも必要条件ではあったでしょう。実際に検索をしてみて欲しい結果が出てこなければユーザが離れていくわけですので。それから、私の論点は、技術優位性が必要条件だったのはGoogleがクリティカルマスに到達するまでの過程での話しであり、クリティカルマスを越えてしまえば技術的優位性は必要条件ですらないこともあると思います。もちろん技術的劣等性があまりにひどい場合は別でしょうが。したがって、現在のGoogleは企画や経営手法やマーケティングの勝利であるという感じは私も持っています。

ということは、次の時代に登場するIT界での何か新しい成功事例も、最初は他の人にはできなかった何か優れた技術を持って登場してくると思います。その「技術」なるものが現在のソフトウエアや半導体技術の延長線では無いかもしれませんが、何か「エンジニアリング的手法で壁を破るもの」といったようなものではないか、と漠然と考えております。、

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証