My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-03-13

[] 虚業という言葉について

サンデープロジェクトでは、実業か虚業かとかいう無意味テーマが話し合われ、その中で僕の本も紹介されたらしい。

虚業

嫌な言葉だなぁといつも思う。嫌な言葉のわりに、日本製造業系、重厚長大系の企業幹部は、この言葉をとてもカジュアルに使う。自分たちがやっているのは「実業」だけど、君がやっているのは、たかが「虚業」だろう、というふうに人を見下すのである。

「君もそろそろ虚業卒業して、実業の経営をやる時期なんじゃないかい」

こんな言葉をいつも投げかけられてきた。

僕は二十代後半から米国コンサルティング会社に勤め、シリコンバレーコンサルティング会社を興して八年になる。経営コンサルタントという職業に誇りを持ち、プロフェッショナルとして仕事をしてきたし(そろそろ二十年)、自分が興した会社にも誇りを持っている。

それで、あるときからこういうルールを自分に課した。

それがどんな公式な場であれ、僕の事業に対して「虚業」と言った人には、相手がどんな偉い人でもその場で「その虚業という言葉は、死ぬ思いで会社を興して経営している人間に対して、とても失礼な言葉なんですよ」ということをこんこんと説明した上で、きちんと謝罪を求めるというルールだ。日本エスタブリッシュメント社会において、こういう反応は「職を辞す」(委員をやめる、コンサルティング契約を破棄する)覚悟を伴う。だから、腹が相当すわっていないと、その場で瞬時にそう対応するという判断ができない。それで悔しい思いを何度もしてきたから、心の中にルールを作っておくことにしたのである。

むろんオフィシャルな委員会のような席や、その後の懇親会の席で、ものすごく偉い人に向かって、僕がこういう強い反応をすれば場が凍りつく。でもときにそういうことをしなければ、「虚業」という言葉がどんなに無礼な言葉なのかに、彼らは気がつかないのである。

日本エスタブリッシュメント社会に素晴らしい人たちがたくさんいるのは事実なのだが、おそろしく頑迷な人々(過去成功体験がその頑迷さを強固なものにしている)が組織の中で力を握っているところが多い。「虚業」という言葉は、そんな日本社会風景を象徴する言葉なのである。

mmtmmt 2006/03/13 13:22 虚業という言葉の定義があってないようなものだということなんでしょうか?
複次的にでもモノ、価値を生み出せる事業は虚業ではないと思うんですけどね。
基礎研究だって将来革新的なモノ、価値を生み出すかもしれませんし、良い学生を育てられれば彼らが何かを生み出すかもしれない。
医療の発展があったからこそ健康を維持しながら仕事に打ち込めるんだろうし。
1ホップ先までしか考えられない人が実験を握っている社会のほうが怖いです。

mmtmmt 2006/03/13 13:26 誤字です、すいません。
実験→実権でした。

jseitajseita 2006/03/13 16:01 「はてな」を介して、「あちら側」と「こちら側」を近づける方法として、立花隆氏に「はてなブックマーク」をご紹介するというのはどうでしょうか?すでにヘビーユーザかもしれませんが・・・

あのーあのー 2006/03/13 18:35 「その虚業という言葉は、死ぬ思いで会社を興して経営している人間に対して、とても失礼な言葉なんですよ」と言っているのが本当なら、相手は「そんなにコンプレックス持っているのか」と思うだけじゃないでしょうか。
相手が言っているのは虚業か実業かで、死ぬ思いでやってるかどうかではないでしょうから。
例えば死ぬ思いでネズミ講をやっている人がいても「早く足を洗えよ」っていうのと同じです。
自分の事業は「虚業」ではないと説明してもらえれば理解できるでしょうが。

kodomono-omochakodomono-omocha 2006/03/13 19:00 日本のコンサルタント業界の質が低いのが原因でしょう。コンサルタントって、横文字並べてえばるのが仕事と勘違いしているアホがいまだにいる。会社に合わせてシステムを構築するのではなく、自分が構築したいシステムに会社を合わせる事を半ば強要するITコンサルタントが諸悪の根源だね。

hamastahamasta 2006/03/13 19:17 銀行の中の人は何故
「俺達こそ実業で重厚長大産業の連中は虚業だ」とは思わないのかな?

それは、人にとって自分の目に見える具体的な物体こそ
確かな価値として認識できるというのが世の中の大半だからでしょう。
言葉や数値などの抽象的なものは価値として認識されにくいのです。
これは自然な事だと思います。言葉や数値が価値を持ったのはごく最近、せいぜい数千年以内でしょうから。

*ちょっと例えは違うかもしれないけれど、喫茶店でコーヒーを1杯飲むのには何の躊躇も無いのに、
本屋さんで「ウェブ進化論」を買う時は、値段を見て迷ったあげく1時間粘って立ち読みしたりね。。

袋小路の男袋小路の男 2006/03/13 19:18 ネット変更で見られなくなった系列の局を復活しようと13年前、44歳で退社し1人で出資者、賛同者集めにひそかに動き始め、
地元でそれなりの経営者にお会いすると、必ず「貴方達の業界
は虚業だからな」と、言われました。
手にとって見れる、動いている機能性の素晴らしさが実感できる。
それに較べて商品も見えないし、スキャンダルも多いし
なんと言っても派手だし。
とても寂しく、そう決め付ける思考回路の単純さに腹が経ちました。
梅田さんの覚悟と信念に教えられます。

CybernetWalkerCybernetWalker 2006/03/14 01:10 私はIT産業で長年、飯を食っています。時々、自虐的に「虚業かな。」と思うことがあります。ITのIはInformation,翻訳が適当かどうかはわかりませんが、「情報」と言われつづけてきました。
情報って、なにかコトが起きなければ無意味だと私は思っています。時々、我々は情報こそが死命を制すると、情報が一人歩きするような感覚をもってしまうことがあります。
でも、そんなことは長い目で見るとおかしな話です。人間にとって衣食住が基本だとしたら、情報だけでは満たされません。それは通貨が食べられないことと同じです。
確かに情報を扱うことこそが、人間の人間たる特徴かもしれません。情報の最たる、思想や思い込みなどの情報により、言い争いや戦争まで起こってしまうことがあります。そういう情況を見るたびに、虚像に踊る人、躍らせる人に歯がゆい思いをすることはしばしばです。
見えない情報を扱うことを生業とすることを虚数ならぬ、虚業と呼ばれるのであれば、私は甘んじて受けます。でも虚業には虚業のむつかしさもあるし、虚業なしでは市場も成り立たないでしょう、と淡々と事実を申し上げるまでかと思います。

袋小路の男袋小路の男 2006/03/14 03:53 朝日新聞全5段広告、コピーして社内あちこち配達。
「お前ら、絶対買って読め!」
と、梅田さんの後輩筋にはとくに、強制的。(エヘへ・・)。

こんにちはこんにちは 2006/03/14 06:42 誤解です。
虚業とは金融業のことであって、コンサルティングは立派な実業なのです。
というか、みんな仲良く実業名乗ったらいいじゃん。
銀行員が実業団駅伝走ってたりするわけだし。

chiitakechiitake 2006/03/15 00:56 こんにちは。
私もソフトウェア開発でご飯を食べている一人です。
先日、グッドウィルの折口が「製品でもIT,サービスでも、実業とは、価値があるものを提供すること。虚業とは価値の無いものを価値のあるように提供すること」と言われ、伝えやすい言葉に
目からウロコでした。
製品を作っていても、そういう意味で虚業の会社は多いですね。

cncn 2006/03/17 18:33 『知識だけが意味のある資源である』。しかし、悲しいかな日本では軽視されています。また、日本は、「知識でお金を得るとはけしからん、汗水垂らして一生懸命働け。」だから、物づくり以外は虚業というのではないでしょうか。しかし、うがった見方をすれば、物づくりを強調すればするほど、それ以外を虚業と強調すればするほど、知識だけが意味のある”情報経済では何もできません”と言っているようなものです。

ADELANTEADELANTE 2006/03/20 08:14 |虚業

これこそ日本をだめにしている人達への言葉ですよね。
#だれが、1,000兆円という借金ををつくったのか。

<いわゆる実業>を行っている経営者でも、税金にパラサイトして生き残っている企業の経営者こそ、虚業家と言えるでしょう。

dfghjkldfghjkl 2009/03/31 10:58 >>僕がこういう強い反応をすれば場が凍りつく。

古い記事をたまたま見かけた私が言いますが、「そりゃそうでしょ」。
コンサルタントという職業や言葉は誰の所有物でもない。
それを選び誇りを持つ自由もあれば、選ばず疑う自由もある。

相手が頑迷で気付いていない(自分は分かっている)とか、ある考えを持った人に対して、自由意志でその職業を選んだだけの人間が謝罪させるなんて対応は異様。
何か痛い人ですね。

ToniToni 2010/04/17 08:23 私はいわゆる実業に属する外資系重工メーカーでSEをしていますが、実業も虚業も無いのではと最近感じています。
実際にシステムを納入するという面から見たら実業ですが、日本のクライアントの思想とマッチしない商品を本国から押し付けられ、無理やり売っている現状は虚業なのかなと。

ぺこのりぺこのり 2010/05/11 03:25 虚業ってのは、IXIとかニイウスコー、エンロン、アーサー
アンダンセンとか、粉飾決算、循環取引でお金をぐるぐる回して売上を過大計上して株価を維持してもうけるとか、そういう類いのものを指すのでしょうな。「客」に全く価値を提供していない。株主をだまして、経営陣の保身しか考えていない。
まぁ、コンサルもいろいろ言われますが、とりあえず客が欲しいサービスを売ってるわけですから、費用対効果はともかくとして実業の範疇かと思われます。

O’famaersO’famaers 2010/08/26 07:01 根拠のないモノツクリ信仰が日本をダメにした。

恋ノ介恋ノ介 2010/09/23 00:26 今日、近所の本屋で単行本佐々木譲著「屈折率」を購入。この本の解説者井家上隆幸が製造業を実業と製造物を扱う流通業を虚業とし小説内容を解説している。
自分は解説者が言う虚業業界での営業に永らく拘っている。
虚業といわれ方は妙に斬新な感じを抱いている。
自分は虚業業界人といわれた場合、卑下されたと思わない。製造物があって消費者が購入する間で存在する流通業は必要な業界と考えてますので、後ろめたさは全くありません。
色々な視点からの見方として虚業、実業があると思っております。
今、混迷した経済だし色々な視点でシンプルに見直しがあって方向性が見つかると良いと思ってます。
自分は楽観的過ぎるのでしょうか?

はみはみ 2011/09/15 22:29 人って本当のこといわれると怒るよね

j3j3 2011/10/20 02:47 ただの感情的に癇癪を起こしてる人のようにしか見えませんね
相手も謝るでしょうね。不適切でしたって。
それはあなたが自分がムカついたから理由や根拠もなしに怒るから。
相手も何で怒られてるのかわからないけどこういう奴は謝るしかなさそうだからなと考える。
そりゃ場も凍るわけだ

   2012/01/09 05:18 いままで何種かのコンサルタントを見てきたけれど、まさに虚業と呼ばれるに相応しい
人しかいなかったですね。各部門からヒアリングした人なんか一人も居ませんでした。

自称コンサルがまともなビジネスセンスを持ってるかどうかなんてすぐ分かるんですよ。
会議の席では担当者らを見ることなく、いつも経営者としか話をしない。
クライアントいや経営者をおだてて金儲けしているのですから、男芸者と変わりません。
こういう自称コンサルは即刻切ります。

いいですか?コンサルタントは何の権威もなければ責任も持たないのです。
責任を持たない仕事は虚業と呼ばれるのに相応しいのではありませんか?

うちに来たコンサルタントは、ペーペーの新人に向かって「この会社がどうなろうが
俺は知ったこっちゃない」と言い放ちました。
どうもプライドばっかり高くて、世の中を舐めきってるとしか思えません(笑)

虚業と失礼に言う人は余裕のない人虚業と失礼に言う人は余裕のない人 2013/03/27 11:05 よくぞ、言ってくれました。
虚業なんて言葉は失礼ですよね。
相手のことを理解できない、思いやりが全くない、人の言葉です。他の価値観を理解できない余裕のない人が自分の歩んできた道を正当化するために使っているんでしょうね。
食べていくために、家族や社員を食べさしていくための生業になんという非道な言葉だろう。

ばしくしばしくし 2013/11/02 22:05 「価値を生み出す」なんて、思いっきりサプライサイダーの発想ですやん。

作ったものはすべて売れるという、新自由主義・マネタリズムの暴論ですね。

実体経済は、需要と供給のバランスによって構成されるわけだが、これが全く分かってない論なんですな。

生み出した価値が、社会的に受け入れられなければ
それはビジネスとして機能しない価値です。


世の中の実体経済は、有効需要に従って
需要に対して供給が少ないデフレ状態からのインフレ化、供給過多のインフレ状態からデフレ化。

これが、ビルトインスタビライザー。
こうやって経済は自動調整されていくわけです。

社会的に受け入れられる価値を生み出すことこそが、実業なのであって
社会的に受け入れられない価値を生み出すことが虚業

ですよ。

社会に受け入れられる(需要サイド)をベースにしたビジネスこそが実業ですからね。

今のように、企業は内部留保をため込み、個人は財布代わりにしか使わないため
銀行なんて、実は存在しなくても社会は回ります。つまり、これは虚業ですね。

株取引だって、今や外資系投資家を全部閉め出せば、市場規模はガクッと落ちます。
株式市場は、株式会社で成立しますが、そもそも会社とは株式会社じゃなきゃいけないんですか?というと、そんな義務はない。
実業上何の問題もない会社が、大口投資家による理不尽な株価操作によって潰されるなんてよくある話。株式上場なんて、リスクしかないでしょ。つまり、これも虚業ですわな。

広告と言っても、それは売り上げにどのように貢献したのか、実証的な証明ができない限り、広告自体無意味なのかもしれない。無意味の可能性がある時点で、広告は虚業の可能性満載ですね。

コンサルっても、コンサル受けないと経営できない会社なんてあるんですか?
コンサル受けずに経営に成功する会社も数多くあるわけですし、コンサルによって潰された会社も多々あるわけです。
仮に、コンサルが地上から消滅しても、各社経営は成立しますし、潰れるところは潰れます。

社会的に必需だからこその実業です。そんな事業は不要だ、という人がいる時点で、それは十分虚業の要素を持ちます。

銀行・証券・保険・コンサル・広告・芸能・文芸・医療・健康・化粧品なんかは虚業の典型でしょう。

逆に、インフラ(水道・ガス・電気)、建設、運輸、製造、IT、電器、重電、食品…この辺は社会的に必需ですから実業ですわ。

杉浦正一杉浦正一 2016/09/06 21:13 少し省略になりますが、私の虚業と言う言葉についての捉え方をご披露いたします。 製造業に携わる私たちは、物を作らずにビジネスをする事業を虚業と言います。物を作るのは企画をして材料を集めそれを組み合わせて形にするわけです。それだけでは終わらず、製品を在庫して販売する、当然価格決定や宣伝、セールスといった作業を伴います。 マネービジネスの様に物を作らずお金を動かして金を儲けるビジネスは虚業と言わざるを得ません、ただし物を作らないビジネスでも、材料を集めて分析してソフト的に形にしてゆくビジネスは虚業ではないと考えます。広告宣伝もソフトであったとしても、当然形を作り上げるので虚業ではないでしょう。私の言います虚業と言う言葉はこの様に個人的に定義しております。 又、虚業を蔑む気持ちは全く意味しておりません、ご参考まで。

杉浦正一杉浦正一 2016/09/06 21:13 少し省略になりますが、私の虚業と言う言葉についての捉え方をご披露いたします。 製造業に携わる私たちは、物を作らずにビジネスをする事業を虚業と言います。物を作るのは企画をして材料を集めそれを組み合わせて形にするわけです。それだけでは終わらず、製品を在庫して販売する、当然価格決定や宣伝、セールスといった作業を伴います。 マネービジネスの様に物を作らずお金を動かして金を儲けるビジネスは虚業と言わざるを得ません、ただし物を作らないビジネスでも、材料を集めて分析してソフト的に形にしてゆくビジネスは虚業ではないと考えます。広告宣伝もソフトであったとしても、当然形を作り上げるので虚業ではないでしょう。私の言います虚業と言う言葉はこの様に個人的に定義しております。 又、虚業を蔑む気持ちは全く意味しておりません、ご参考まで。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証