My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-04-26

[] 総表現社会村上春樹言葉

柴田元幸著「翻訳教室」を読んでいたら、柴田教授東大の授業に村上春樹が遊びにやってきたときの模様が収録されていた。「ウェブ進化論」で書いた「総表現社会」ということとの関連で、たいへん面白かった。

翻訳教室

翻訳教室

村上春樹は、真偽のほどはともかく、自作へのプロ(批評家文芸評論家など)による評価・評論はいっさい読まないと公言している。それで柴田氏が、じゃあ「読者の声は聞かれますか?」と村上春樹に問うた。以下がそれへの村上の回答とさらに続く問答である。

村上 インターネットウェブサイトをやっていたときは全部読みました。僕がそのとき思ったのは、一つひとつの意見は、あるいはまちがっているかもしれないし、偏見に満ちているかもしれないけど、全部まとまると正しいんだなと。僕が批評家批評を読まないのはそのせいだと思う。というのは、一人ひとりの読者の意見を千も二千も読んでいるとだいたいわかるんですよね。こういう空気があって、その空気が僕のものを読んでくれているんだというのが。悪いものでありいいものであったとしても。で、一つひとつの意見がもし見当違いなもので、僕が反論したくなるようなものだったとしても、それはしょうがないんですよね。僕は正しい理解というのは誤解の総体だと思っています。誤解がたくさん集まれば、本当に正しい理解がそこに立ち上がるんですよ。だから、正しい理解ばっかりだったとしたら、本当に正しい理解って立ち上がらない。誤解によって立ち上がるんだと、僕は思う。

柴田 そうすると、その批評家一人の声は読者一人の声と同じものだということですか? それともまた別のものですか?

村上 たとえばウェブサイト批評家メールを送ってきたとしますよね。そうするとそこにメールが2000あったら2000分の1ですよね。よく書けている評論かもしれないけれど2000分の1。僕がとらえるのもそういうことです。

柴田 たとえばそれが、新聞書評なんかだと、あたかも一分の一のようにふるまってしまう。そういうことですね。

村上 そういうことです。だから僕がいつも思うのは、インターネットっていうのは本当に直接民主主義なんです。だからその分危険性はあるけれど、僕らにとってはものすごくありがたい。直接民主主義の中で作品を渡して、それが返ってくる。すごくうれしいです。だからインターネットっていうのは僕向けのものなんですよね。

いま僕は毎朝数時間を費やして、SNSの中も含めて、ネット上に書かれた「ウェブ進化論」への感想書評をできるかぎり読み、気になった内容は記録しながら考えるという作業を続けている。発売から二ヶ月以上たった今でも、捕捉できる限りで一日に最低100個くらいは新しい感想書評がアップされているから、月に数千、これまでに累計で5,000以上の感想書評を読んだ勘定になる。「こういう空気があって、その空気が僕のものを読んでくれているんだ」「全部まとまると正しい」というのは確かによくわかる。

そして、村上春樹が言う「誤解がたくさん集まれば、本当に正しい理解がそこに立ち上がる」というのは本当にその通りだと実感する。実際に、我が身にそういうことが起きてみて初めてわかった。「正しい理解ばっかりだったとしたら、本当に正しい理解って立ち上がらない。誤解によって立ち上がるんだと、僕は思う」というのは実に深い言葉で、僕がさらに「総表現社会」ということを考えていく上での大きな端緒となるに違いない。そう予感できた。

think or diethink or die 2006/04/26 06:54 「誤解がたくさん集まれば、本当に正しい理解がそこに立ち上がる」

一見まっとうな議論のようですが、何が「誤解」で、何が「正しい理解」なのかを、誰が判断する権利をもつのか、という問題が残ります。

「本当に正しい理解」は「誤解」によって立ち上がるのだと言うとき、何が「本当に正しい理解」で何が「誤解」なのか、いったい誰が判断するのでしょうか。

村上春樹氏や梅田さんは、「正しい理解」なるものが、まるで「見えざる手」に導かれでもするかのように、自然に立ち上がってくるとでも言いたげですが、それは一種の傲慢さ、思い込みに過ぎません。(自分の価値観こそまっとうなのだという)

だからこそ、梅田さんの「総表現社会」やネット民主主義(不特定多数無限大)に対する楽観論は、常に危うさを孕んでいます。まるで物事が自然に「唯一の真理」に向かって、放っておいても収斂していくかのような、目的論的・運命論的・予定調和的な楽観論。

その種の楽観論と全体主義って、実は紙一重なのではないでしょうか。『ウェブ進化論』を拝読して、その点が非常に気味の悪い後味を残しました。

ひろひろ 2006/04/26 08:28 >think or dieさん
人間なんだから、全ての理解に主観が入っていて当然では?
その不完全性を認めたほうが楽だと思います。
その上で、いろんなものを眺めると違ったように見えると思うのですが。。

think or diethink or die 2006/04/26 14:43  
たしかに読むべき「空気」は存在すると感じます。山本七平氏が『「空気」の研究』で書かれているような、何でも「空気」で決まってしまう集団的無責任という意味での。

『ウェブ進化論』に関するウェブ上の書評を読むと、ほぼ全部が肯定的な内容です(『国家の品格』についても同じ現象が起こっています)。そこから「全部まとまると正しい」と結論づけたくなるのは、当たり前です。

問題は『ウェブ進化論』や『国家の品格』のようなベストセラーについて、どうして一人ひとりの「不完全な主観」が、これほどまでに見事に、一つの「空気」にまとまってしまうのかということです。

それは、結局のところ山本七平氏が指摘した日本人の権威主義や、なんとなく「空気」になびいてしまうという判断の仕方が、いまだに根強く残っているだけのことで、決してネットの新しさではないということです。

「大手出版社からの発刊」「慶応大学」「東京大学大学院」「大ベストセラー」「シリコンバレー発」といった「権威」になびいてしまう、いかにも日本人らしいところが、単にネットに現れていて、見方によってはそれが増幅されているだけではないでしょうか。

「空気」には読むことのできない「空気」と、読むことのできる「空気」があります。

『ウェブ進化論』についてのネット上の「空気」が読めてしまうのは、そこに不思議な統一感があるからで、その統一感の理由を考えると、結局、山本七平氏が30年前(40年前?)に書いていた「空気」だったという、それだけのことです。

ちなみに僕は東京大学でフランス現代思想を専攻した者で、8ビットパソコンが発売された1980年代初頭からプログラミングをやっており、現在もIT業界で仕事をしているネットジャンキーです。

garyugaryu 2006/04/26 19:25 「正しい理解ばっかりだったとしたら、本当に正しい理解って立ち上がらない」ということから、誰かが独占的に正しさを判断できるわけではない、という話なのではないでしょうか。
では何が「正しい理解」たりえるのかというと、dreamcast さんのコメントが指摘しているところに落着くような気がします、と言うか、落着かざるを得ないのではないでしょうか。誰か個人が絶対的な価値観を持ち、物事の正邪を断ずる事は出来ないのですから。

jo_30jo_30 2006/04/26 20:32 結局の所、梅田氏の意見も村上氏の意見もそもそも一つの絶対的なテーゼでもなんでもないわけで、そのことも踏まえた「ネットに溢れる意見の中の一つの意見」であり、彼らの意見は「自分の意見・作品も含めて全ての意見がそう扱われることの正当性」に対する言及と考えてみるのはどうでしょう。ネット民主主義が衆愚主義になるのかならないのか、と考えていたら意外とならないという側面もあるな、という一意見。
tihnk or die さんのコメントの最後三行は明らかに自分の発言内容の「皮肉的実証」のツモリなんだと思うけど、それは抜きにしても「村上氏や梅田氏の発言を一つのテーゼのようなものとして批判している」という時点で、すでに穴ぼこに落っこちちゃってるところがあるんじゃないかなと思いました。

koichiwbkoichiwb 2006/04/27 05:09 「なんとなくフラクタル」

ちょっと古いかなぁ

messimessi 2006/04/27 11:10 そういえば10年以上前に書かれた「やがて哀しき外国語」にも同じようなことが書いてありましたね。当時はインターネットも今ほど普及してなくて、執筆もパソコンで書き始めたばかりのころですが、そのころから先見の明というか自分なりの考え方を確立してたのかなぁと思います。

dejandejan 2006/04/27 11:33 5000以上の批評を読むという手間とエネルギー。
それだけの膨大な労力をかければ、そりゃあ空気くらい読めるでしょう。読めなきゃ困る。
本当に才気溢れた表現者とは、1本も批評なんて読まなくても空気を読める敏感さを持った人のこと言うのだと思います。かつての村上春樹氏のように。

xxdaiadxxxxdaiadxx 2006/05/01 18:51 コメント冒頭にあった、批判的な意見について。

私はこのブログで使われている言葉をこう解釈しました。
「正しい理解」=理論的・学問的理解=評論家の理解
「誤解」=主観・感情的な理解=一般人の理解

そして梅田氏・村上氏の本当に言いたいことは、
「少数精鋭による理論的・学問的な評論より、圧倒的多数の主観的・感情的な評論を大事にしたい」
という事ではないでしょうか?

総意が正しいのではなく、総意を尊重したい、
と言う意味に解釈出来ないでしょうか。
「立ち上がる」というのは、第3者的に起こっているのではなく、
「立ち上げる」とした方がしっくり来るように、私には感じられました。

delta81delta81 2006/05/02 23:15 ** think or die さんの初めのコメントに対して私が思うこと。
 「誤解」も「正しい理解」も、判断するのは主観であり信じるかどうかはあなた次第ではないでしょうか?当然、主観的であるのですから、誰がどう思おうと個人の自由です。
 また、ここでの「誤解」や「正しい理解」というのは比喩であり、絶対的真理などではないでしょう。ちなみに、私は「正しい」という概念も元々そういうものだと思います。
 think or die さんが「神の見えざる手」的な思考停止を懸念するのはごもっともと思います。しかし、これは資本主義と同じような理屈と考えられないでしょうか。簡単に言うと、「ウェブ進化論」を信奉する人々は「古典派」なのです。こう考えると、think or dieさんが「ケインズ派」ということが鮮明になってきます。ちなみに、ここでの問題は、ケインズ政策を行う政府がWebの世界にないことですが。
 で、遅れました、私はやや楽観的な人間です(笑)
** 一つ上の xxdaiadxxさんのコメントに対して思うこと。
 正しい理解=評論家の理解
というのは、かなり強引では?(笑)わかりやすくはありますけども。
** あと、蛇足
 村上春樹さんは「インターネットっていうのは本当に直接民主主義なんです。だからその分危険性はあるけれど」と書いているし、私は梅田さんの話が楽観的であるからといって梅田さん本人が楽観的であるとは思いません。ご本人達は私達以上にその危険性を認識していると思います。ただ、その危険よりも利点の方が勝っているので前面にでているのでしょう。
 でも、やはり「古典派」的な道が見えてきた今、考えるべきは「ケインズ派」的な視点であるように思います。バランスが肝要かと。

shinystarshinystar 2008/07/08 04:00 Mixiで村上春樹さん論じるコミュニティの管理人をしているshinystarです。興味深く拝見させて頂きました。私見ですが、「誤解がたくさん集まれば、本当に正しい理解がそこに立ち上がる」と言う言葉は、村上氏がある種「作品そのものの一部を読者の理解に委ねる」という特殊なスタンスを持った作家ゆえに特に当てはまるのではという気がします。つまり、「本当に正しい理解」を作家自身が予め準備している場合には、インターネットを通じた「直接民主主義の結果=誤解の集積」が必ずしも作家自身が「正しい」と一致する(納得する)とは限らないということです。私はこのセリフを言わしめる姿勢にこそ、村上春樹氏の特殊性、また広く読者を獲得せずにはおかない魅力が隠されているのだろうと思います。

たかしたかし 2009/05/16 22:28 shinystarを名乗るネトウヨが、ド派手な「恥」を掻いております。関心のある方は是非おいで下さい。
http://takashichan.seesaa.net/article/117562180.html#comment

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060426/p1