My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-10-09

[] GoogleYouTube買収!!! 圧倒的に正しい戦略が迅速に執行されたのだと評価する

どうも本気らしいという話は噂に聞いていたが、こんなに早く交渉がまとまって発表されるとは思わなかった。今日10月9日(月)、GoogleYouTubeを約16億5,000万ドル(in an all-stock deal worth about $1.65 billion)で買収した。

YouTubeは創業から二年たっていない。サービス本格スタートからほぼ一年。それが約2,000億円の価値に変わった。何という加速感であることか。Googleの傘下に入ることは、YouTube創業者にとって、NASDAQ上場よりうんといい話だったのだ。こういう傾向は、今後もしばらく続くだろう。ある種のベンチャーにとっては、GoogleNASDAQの代わりになったということだ。

前にも触れたが、2006年Googleにとってのサプライズ(あるいはネット業界全体のサプライズ)は、YouTubeだけであった。むろん16億5,000万ドルは小さいカネではないが、業績好調ゆえ株価も高騰するGoogleにとってはハシタガネである。この買収は、圧倒的に正しい戦略が迅速に執行されたものと、Googleを高く評価すべきだろう。

この買収ニュースを聞き反射神経的に感じたのは、「こんなものゼロから作れば俺たちの方がいいものが作れる」という「天才的技術者の発想」より遥かに上位のところで、Googleがきちんと「正しい経営判断」を下す会社になったんだなぁ、ということである。

Googleがさらに恐ろしい会社に変貌を遂げた瞬間と言えるのではないだろうか。

ウェブ進化論」を脱稿してから、どうしても書き足さなければならない事象はYouTubeだけだと三ヶ月前に書いた

http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060628/p1

が、今もその考えは変わらない。ただこの買収で、その加筆修正も、第二章「グーグル」の最後にひとつ追加の節を設けてYouTubeを概説し、そのあとにこう書き加えるだけですむ。

2006年彗星のごとく現れたYouTubeも、Googleは、迅速な経営判断によってすばやく内部に取り込んでしまった。

JAPAN人JAPAN人 2006/10/10 03:40 実は”mixi”が東証マザーズに上場したときに直感で思ったのは
”Youtube”でも買収するのかなあ?と言うことでした。

試しにmixiの目論見書も覗きましたが内容には全然ピンとこないし…
どうせ1000億からの資本を手に入れるんだから勝負して欲しかったなあ。

”Google”には凄いとしかいいようがないです、天晴れ!

warattewaratte 2006/10/10 04:44 動画の著作権への対応で、今後のYouTubeはどうなるのでしょうか。(1)今のまま、(2)違法ファイルを、アップロード・公開前に人手でチェック、(3)同 アップロード・公開後に人手でチェック、(4)同 アップロード・公開前に新しいテクノロジーで自動選別。
こんなところでしょうか。新しいテクノロジーに期待したいところですが、権利ホルダー側を巻き込む必要がありそうです。

ResearcherResearcher 2006/10/13 00:41 「YouYubeの買収は、GoogleがGoogle Videoの敗北を認めた証」と解釈するディベロッパーも、シリコンバレーには存在するようですが、そのあたりはどうでしょう。

MAKAMAKA 2006/10/20 06:28 2000億円の買収とは言っても、株式交換による買収なので、Googleにとっては痛くも痒くもありません。
後はやはり、著作権の問題のみだと思います。