My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-01-06

[] Web 2.0の踊り場について

エントリー「「Wisdom of Crowds(群衆の叡智)」元年」に「三上のブログ」からトラックバックをいただいた。案の定、僕がわざと使った「踊り場」という言葉への反応であった。

http://d.hatena.ne.jp/elmikamino/20070106/1168070930

梅田望夫さんが非常に意味深長なことを書いている。

Wisdom of Crowds(群衆の叡智)」元年の最後で、私はある言葉に眼が釘付けになった。・・・・・・・

私は梅田さんが「踊り場」という言葉を使ったことに驚いていた。と同時に一瞬「何か」が見えた気がした。「踊り場」の辞書的な意味は「階段の途中に,方向転換・休息・危険防止のために設けた,やや広く平らな所」(『大辞林』)である。まだ誰も正確には予想できない「方向転換」が「SNSブログの枠組み」という「踊り場」で着々と準備されている。技術的なことはよく分からないが、例えば私が日々ブログウェブで感じている色々な壁の少なくても一部が「Wisdom of Crowds」(群衆の叡智)という地平で思いも寄らない方向にブレークスルーされるはずだという予感。「どういうタイミングで何が起こってくるかは予想できないが」、その「何」かは近い将来に必ず起こるという予感。

「踊り場」には、文字通り、踊りをおどる場所という意味もある。私は一人の踊る阿呆にすぎないが、見るだけの阿呆には感じられない「何か」を確かに感じている。

・・・・・・・

インターネットウェブは、これまで現実社会が「屑」として切り捨ててきた膨大な潜在的な財産を「まばゆく輝くこの幼い命」として掬いだし、社会をそれを中心に回転させるような可能性を拓きつつあるのかもしれない。

三上さんの言う「日々ブログウェブで感じている色々な壁」は、誰もが感じている「壁」である。たとえば僕は「ウェブ進化論」序章で、

「何かを表現したって誰にも届かない」という諦観は「何かを表現すれば、それを必要とする誰かにきっと届くはず」という希望に変わろうとしている

と書いた。「変わろうとしている」のはたしかなのだが、ここにさらなるイノベーションが未だ創出されていないため、相変わらず「何かを表現したって誰にも届かない」と思っている人がほとんどで、「何かを表現すれば、それを必要とする誰かにきっと届くはず」と可能性を感じることができるのは、三上さんの言葉を借りれば「踊る阿呆」の中のほんの一部だけ、というのがWeb 2.0の現状での限界なのである。

そして、「壁の少なくても一部が「Wisdom of Crowds」(群衆の叡智)という地平で思いも寄らない方向にブレークスルーされるはずだという予感」はむろん僕にもあるのだが、それはまだ予感であり期待に過ぎず、それが具体的に何なのかは全く見えていない状況にある。こういう角度以外からのイノベーション機会も膨大にある。でもそれはまだ形になっていない。これはアメリカ日本も全く同じである。起業家サービス開発創造者の頭の中に無数の仮説があるという状態である。

だから「Web 2.0バブル論が出てくるのも当然だし、あと何年もブレークスルーが生まれないまま過ぎていけば、「Web 2.0って、結局、一部の人たちだけにしか意味のないもので、たいしたことはなかったね」というふうに言われるだろう(またその何年かあとにそれが覆ってWeb 3.0と言われるかもしれない)。

いまWeb 2.0とはこういう状況にある。2006年YouTubeの年であったが、YouTube程度のイノベーションでは、まだまだぜんぜん足りないのである。

そんなイノベーションを生み出すのは、若い人たちである。別に若い人たちでなくてもいいのだが、ネットやITの世界では、これまではいつの時代もそうだったから、たぶん次のイノベーションも若い人たちから生まれるだろう、そう期待するわけだ。

そういう状況で、大人は何を語り、どう振る舞えばいいのか。

ある国や会社や地域がイノベーションを生みやすい社会組織になっているのか、そうでないのかは、たとえば現在Web 2.0みたいな状況における「大人の振舞い方」によって規定されてくるというのが、僕の仮説であり問題意識なのである。

[] 対談●小宮山 宏 vs 梅田望夫好奇心と冒険心に火をつける「ウェブ大人道」」

1月6日(土)発売のプレジデント

http://www.president.co.jp/pre/20070129/index.html

に、全部で6ページにわたる小宮山東大総長との長い対談が掲載されました。

その中でも、イノベーションを生む社会を作るために必要な「大人の振舞い方」について話し合った。だからタイトルが「大人道」となっているのだと思う。

興味のある方は是非ご一読ください。

y_kotaniy_kotani 2007/01/08 20:18 999/1000の残り一人であって、組織に属さず・・・・・しびれました。

わこうわこう 2007/01/10 03:41 「何かを表現したって誰にも届かない」というのは本当にそうなのだろうか。単に社会や権威付けされてきた既存のメディア作り出したdogma(ドグマ)かもしれないと考えてみたらどうだろうか。私はそれはドグマでしかないと思っている。つまり自然の摂理に基づいた真理ではなく、ひっくり返すことができる常識ということ。

わこうわこう 2007/01/10 03:43 つまり、「何かを表現すれば、それを必要とする誰かにきっと届くはず」が実現したときに困る者は一体だれか。既存のメディアだと思う。これが実現するとメディアの権威に対する相当な脅威に成り得るのではないか。

メモ書きメモ書き 2007/01/11 04:39 ネットは既に世界の中心だと思う。
web2.0では、否が応でも現実世界のネット化が、過激に進んでしまうような気がする。こんなものを地上に降ろしていいんだろうか。神気取り・・・じゃなく、事実上、神みたいなもんだし。誰か、すごい奴(たとえば小学生)かわってくれ。
全焼も水没も圧殺も、いやだ。
今って、いつ?全て逆。もう下がれない。後が、ない。