My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-01-21

[] 平野啓一郎さんの「巧みに生きるか、善く生きるか」を巡って

平野さんの公式ブログの最新エントリー「巧みに生きるか、善く生きるか、……」(是非全文読んで考えてみてほしい)

http://d.hatena.ne.jp/keiichirohirano/20070121

を巡って思ったことをちょっと書いてみる。

ウェブ人間論』の対談をしていた時にも考えていたことですが、人間は、自分の属している社会システムと否応なくつきあいながらどうにかこうにか生きているわけですが、そこで、「巧みに、うまく」生きているだけでは、結局のところ、満たされないんじゃないかという気がします。それは直接には、僕自身を振り返ってみてのことですね。

巧みに生きる、ということについて言えば、梅田さんがいみじくも「サバイヴする」という言葉で表現したように、今の社会は、ノンキに関わって生きていこうとするためには、複雑になりすぎているんだと思います。ITに関してもそうだし、経済にしてもそう。もちろん、対人関係も。

充実した人生を送るためには、まず、生きるということに関して「技術的に巧み」でなければならない。生きること自体の技術的難易度がものすごく上がってしまっている。そうすると、そのことが自己目的化して、「より巧みに」という競争が生じるわけです。その結果、一方では巨万の富を得る人が出るし、他方では引きこもりになる人が出る。

もちろん、そういうことは、いつの時代にもあったんだろうと思いますが、実感として今の世の中に対してすごくそれを感じますね。

彼のこの問題意識は、「ウェブ人間論」の「おわりに」

http://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/610193/afterword.html

で、僕がこう書いたことと深く関連する。

たとえば、平野さんは「社会がよりよき方向に向かうために、個は何ができるか、何をすべきか」と思考する人である。まじめな人なんだなあと、話せば話すほど思った。

 その点に関して言えば、私はむしろ「社会変化とは否応もなく巨大であるゆえ、変化は不可避との前提で、個はいかにサバイバルすべきか」を最優先に考える。社会をどうこうとか考える前に、個がしたたかに生きのびられなければ何も始まらないではないか、そう考えがちだ。

このブログエントリーの中で平野さんはこう書く。

極単純な例で言えば、あまり尊敬できない方法で金持ちになっている人を見る時に、社会が感じる反発の中身は、この人は、今の世の中を、確かに巧みには生きているけど、善く生きてはいない、といったものでしょう。

そしてこう書かれる背景に、「上手に生きてきた」「巧みには生きている」自分自身についてのこんな省察がある。

僕は、これまでの人生で、結構「上手に」生きてきたなという感じがしています。経歴からしてもそうですし、対人関係についても、総じてそれほどのトラブルもなく過ごしてきました。別に、そのために権謀術数を巡らせて、人を欺してきたわけでもなんでもないんですけど、そうだとしても、というか、多分そうだからこそ、何かの拍子に、自分は巧みには生きている、けれども、善く生きているんだろうかという疑問に深刻に見舞われる瞬間が、どうしてもあります。

だとすれば、僕と平野さんの考え方の間に、対談のときに感じたほどの大きな違いは、それほどないのかもしれないなと思った。

若い人たちを見ていて僕はいつも、とにかく生きのびてくれよ、とんでもないことも色々あるこの世の中で何とかサバイバルしてくれよ、といつも願う。気がついたら放り込まれていたこの世の中で「サバイブすること」こそがとりあえず最初に大切で、「善く生きる」のはサバイブしてかなり余裕が出てからでいい、と僕はあえて言い切ってしまおうといつも思っている。そう言い切ることによって生まれる誤解についての責任は引き受けようとも思う。自分だって、後悔しつつもそう生きて来ざるを得なかったわけだし、平野さんが言うように「今の社会は、ノンキに関わって生きていこうとするためには、複雑になりすぎている」からだ。

ただ、最低限何とかサバイブできたあと、人生のある時期以降は「善く生きる」ことを強く意識したい。そういう時間軸の概念を明確に入れて、「巧みに生きるか、善く生きるか」を考えていきたいと思う。ただ「巧みに生きるか、善く生きるか」を全く別の概念として切り分けて二分法的に考えないほうがいい。この二つはかなりの部分で重なり合ったものだからだ。ただ、ギリギリで優先度をつけなければならない局面では「巧みに生きて、サバイブするほうを最優先にすべきだ」と僕は思う。特に、まだ何者にもなれていない若いときには。

「「巧みに、うまく」生きているだけでは、結局のところ、満たされないんじゃないか」と思う段階をできるだけ早く持てれば、それは人生トータルで「善く生きる」ということになるのではないか。まじめな若い人ほど、そう少しいい加減に考えてでも、生きのびてほしい、と僕はいつも願う。

次郎次郎 2007/01/21 12:02 日本企業のヨーロッパ駐在員で、梅田さんより少し年上です。
梅田さん、平野さんの考えに共感します。

企業人としては、”巧みに生きる”ことを考えますが、果たして”善く生きているか?”

「善く生きる」ことの規範は難しい。
私が、梅田さん、平野さんに共感出来る部分に敢えて名前を付けるなら、”リベラル”かも知れません。

しかし、”リベラル”の寛容が教条主義的”不寛容”に打ち勝つのは難しく、そのため、時代の精神になりきれないのでしょうか?

次郎

名無し名無し 2007/01/21 12:38 義務とか責任を後回しにして、持久戦に持ち込めばいい。
短期で始末を付けようとするからダメになる…って誰の話?
手本とか見本が、状況に対して足りてない…って誰の話?

MACKEY32MACKEY32 2007/01/21 13:51 二人の意見に賛成です。自分も今は梅田さんがいうどう”この世の中で「サバイブする」”か、”「巧みに、うまく」生きる”かを探している気がします。ITはとても魅力的で可能性を秘めている。でも一方で、ITと付き合っていかなければ、この世の中はこれからいきられなくなってくる。そして、自分のやりたい事を探す時に、今自分はITが好きで付き合ってるのか、それともITと付き合っていかなければいけないから今、こうして必死についていこうとしているのか、どっちか分からなくなる事がある。
今、こうして様々な生き方が出てきた中で、自分はまだどう「巧みに生きるか、善く生きるか」を分かりきれていない気がする。
後、もう一つ、梅田さんが言った
”局面では「巧みに生きて、サバイブするほうを最優先にすべきだ」と僕は思う。”についてですが、自分もその意見については賛成です。でも、今の自分の立場はまさにこの選択をさまられている時期にいると思うんです。そうした時に、自分を振り返ってみると、やっぱりどっちに進もうか迷う。
どちらが正しいかとかではないと思う。でも、自分の人生として、まだこの選択の答えは出ていない。
大変貴重な事が考えれました。ありがとうございます。
いつも更新楽しみにしています。

shinya_hanaokashinya_hanaoka 2007/01/22 08:28 「善く生きる」ことの意義を心の奥底で自覚しつつ,しかしながら「善く生きなくてはならない」とは過剰に意識しない,そんな「助走期間」が必要な気がします.いま,必死にサバイブしている自分がその期間にいるのかもしれない...とこのエントリーで認識できました.ありがとうございました.

chikurachikura 2007/01/23 05:50 「言い切ることによって生まれる誤解」は、梅田さんが思ってらっしゃる以上に、若者にとっては大きいのではないかと危惧しています。「善く生きたい」と思う気持ちそのものを否定しかねません。また、自分の気持ちに反する何かを行う際にそれを正当化する為の言い訳になりかねません。いつかどこかでその「誤解」を解く記事を拝見できることを願っています。

momuumomuu 2007/01/23 21:57 もっと単純でいいと思っています。
今いるその組織の中で自分は何ができるのか、
どんな役割を果たせるのか。その前提となる
よりよい方向は皆が暗黙の中でわかっているし。
だから、色々こねくり回すよりも、単純に
自分の今の使命ってなんだろうか?という
純粋な問いのまま生きています。

とおりすがりとおりすがり 2007/01/25 20:07 衣食を足りて礼節を知るということわざが思い浮かびました。

武士は食わねど高楊枝というわけには行かないのでしょうね。

なんというかなんというか 2007/02/02 01:51 黒澤明「生きる」を見たほうがいいんぢゃないかと思います。

ひきこもりひきこもり 2007/02/26 17:46 巧みに生ききれませんでした。あのとき、巧みであれば…。あのとき生き延びることを選択してればな…。私は他の人のサバイブの犠牲になったのでしょうか。巧みでなかっただけなのでしょうか。
悪になりたくない。それだけが支えです。善くはブレーキでしかないのではと考えてしまいます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証