My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-04-02

[] 「好きを貫く」ことと大企業への就職

今日は軽く雑談風に。

「好き」というのは本当に人それぞれである。僕の本業は経営コンサルタントでそれを18年もやっているから、仕事の付き合いでいえば圧倒的に日本大企業人達が多い。仲の良い友人、尊敬している経営者とか、たくさんいる。それで僕が、彼ら彼女らにいつも言うのは「大企業(ここに企業の固有名詞が入る場合も多い)が好きなんだね」ということだ。会話の一例を出そう。

梅田: 僕は「朝起きてから寝るまで、自分のしたいことをする、それが365日続く、自分の時間を完全に自分でコントロールしたい」、そういう願望というのかな、それが昔からあって、そんな生活をいつか実現したいゴールとしてイメージしているわけだけど・・・・

大手企業・某君: そんなこと生まれてから一度も考えたことないよ。だって毎朝会社に行くだろ。何が自分に起きるかわからないんだよ。それが面白いんじゃない。大きい会社であればあるほど色々なことが起こる。それに対処するのが面白いんだよ。転勤が急に決まるのが嫌だとかだってぜんぜん思ったことないよ。だって自分からじゃあ絶対に暮らしたいと思わないようなところで生活する機会が急にわが身に降りかかってくるわけでしょ。面白いじゃない。

梅田: へえ、大企業が好きなんだね。

という具合だ。こんな会話のバリエーションエンジニアの人でも同様にある。「自分が作りたい作品が作れない」なんてことに悩んだことなんかない、という超優秀エンジニアとか、日本大企業にたくさんいる。

僕は「好きを貫く」ということを言うとき、自分の価値観押し付けたいなんて微塵も思っていない。自分は何が好きか、ということを徹底的に突き詰めて考えないと、専門性を持ったプロフェッショナルになるがいいのか、ベンチャーがいいのか、大企業就職して幸せになれるのか、そうでないのか、ぜんぜんわからないよ、ということをよく若い人に言っているだけである。

この間も大学生就職活動の悩みを聞いていて考えたのだが、次のようなタイプの人は概して日本大企業に向いていると僕は思うし、概してこういうタイプの人が大企業で成功しているように思う。向いている=「大企業が好き」ということなんだと思う。

  • 与えられた問題(課題)を解く(解決する)のが好き。その問題(課題)を解く(解決する)ことにどういう意味があるかとかよりも、その問題が難しければ難しいほど面白いと思う。
  • Whatへの「好き嫌い」やこだわりがあまり細かくなくおおらか。一緒に働く人への「好き嫌い」があまりない。そして苦手(つまり「嫌い」)を克服するのが好き。
  • 尋常でない体力(特に何十年も長時間労働ができる持久力)を持ち、そこが競争優位になる世界が好き。
  • 匿名性を好む。「これは自分がやったことだ」というような意志表明(自分の名前で仕事をすること)にあまり興味を持たない。むしろ一人ではできない大きなことを仕事ではしたいと考える(たとえば世界中に普及する自動車の開発に関与したというようなことを好む)。
  • パワーが好き。政治的行動が好き。責任感が強い。いずれは組織の長になってそのパワーを行使することで何かを成し遂げたいと思う(社会貢献みたいな達成、共同体家族も含めた幸福コミットするとかも含めて)。
  • 組織の一員であることの「気楽さ」、「安心感を持ちつつ生活できる」ことが好き。
  • 短期決戦型勝負よりも長期戦のほうが好き。
  • 「巨大なものが粛々と動いていく仕組み」みたいなものが好き。工場が好き。プラントが好き。巨大建造物が好き。社会ルール作りみたいなこと(立法っぽいこと)が好き。
  • 「これが今から始まる新しいゲームだ」と「ルール」を与えられたとき、そのルール意味をすぐに習得してその世界で勝つことに邁進する、みたいなことが好き。
  • ・・・・(また思いついたら追記する)

こうした一つ一つの「好き」のいくつかの組み合わせがかなり極まっていて、大組織の中で本当に心から楽しそうに仕事をしている人が日本企業にはかなりいて、見ていてその生き方に感動することもあるし、個として「好き」を貫いていて素晴らしいと思うことも多い。ただこういう要素のすべてに直感的に「ノー」と違和感を覚える人がいるとしたら、絶対に大企業には向いていないと思うよ。大企業の中で長く「好きを貫く」ことは難しいのではないだろうか。「なぜ若者は三年で・・・」みたいな話になっちゃうんじゃないかな。

たとえば、僕の知る大手メーカー経営陣には、一流大学体育会系出身の人達が多い。それは人事がそう偏っているというよりも、やっぱり大組織で真剣に長い時間を過ごし続けることができた(これが日本大企業ではとても大事)、つまり「大企業が好き」を貫く才能をこの人たちは持っているのだな、といつもつくづく思うのだ。

nak2knak2k 2007/04/02 06:11 >通りすがりさん
最後のパラグラフは「僕の知る大手メーカーの経営陣」から始まっていて、そういう方たちを想定しながら書かれた文章だと思います。
なので、「大組織で長い時間を過ごし続ける人は全て、大企業が好きな人である」と読み取ってしまうのは誤読ではないでしょうか?(「大組織に長い時間いる大企業の嫌いな人」は当然いるでしょうし、それは梅田さんも否定しないかと)

トレードオフトレードオフ 2007/04/02 06:37 普通の人なら生活のために仕事選んで何が悪い?って言いたいでしょうね。
幼稚園から慶應一貫のお金持ちと一般人では環境も違えば人生観も違うでしょう。
梅田さんには生きる為に働いて稼ぐって発想なんてないですよね。
万一失敗してもカバーしてくれるスポンサーがいる訳ですから。
保険がある人とない人では人生観も違う。
大企業に入ってささやかな保険を得ながら、
そこでの仕事に楽しみを見出す。それでもいいじゃないですか。

その上で『なんでベンチャーやらないの?楽しいのに!』
みたいにリスク度外視した発言はキャピタリストっていうか、
消費者金融のCMと変わりませんよね。

あ、ちなみに僕は消費者金融のCMを否定しているわけじゃないのであしからず。

本澤光威本澤光威 2007/04/02 06:53 昔ジョージ・フォアマンが牧師をしながらボクサーとしてはかなり高齢で世界チャンピョンでいた頃に、インタビューで、「誰のために戦うんですか。」と訊かれた時に、「自分のためです。」と即答していた。一流で活躍している人はほとんど皆はっきりとそういう意識をもっているのではないかと推察しています。そういう意味では、「好きを貫く」も共感できるのですが、私的には「好き→趣味」の意識が強いので、「本当にやりたいことをやる」の方が適切ではないかと思います。

nak2knak2k 2007/04/02 06:55 >トレードオフさん
生活のために仕事を選ぶ人は、エントリー中の『「安心感を持ちつつ生活できる」ことが好き。』が該当しますね。
なので、本当に生活のために仕事を選ぶ普通の人はきちんと「好きを貫こうとして」いますよ。

あと、梅田さんに「生きる為に働いて稼ぐって発想」がないかどうかはここの過去ログを読まれてはいかがでしょうか?(たぶん、サバイバルで検索すれば関連するエントリーが見つかるかと)

うーんうーん 2007/04/02 07:18 少々極端かと。なんか企業家=超人/変人みたいな像でも作りたいのかな?

nak2knak2k 2007/04/02 07:39 >通りすがりさん
なるほど。私のほうが通りすがりさんのコメントを誤読していたようですね(^^;
そうなると私はYesともNoとも言えないですね(大手メーカーの経営陣に該当する人が身近にいないので分からないです)。

あの〜あの〜 2007/04/02 14:38 梅ちゃんは、ニートの若者は差別でつか?

脳内発展途上脳内発展途上 2007/04/02 14:55 大企業ってすごいですね。本当に。そして大企業に勤めようとする若者はベンチャーなどといって自分だけの環境にこもっていたい人よりもかっこよく見えますね。

梅田さんもBlogに大企業を羨ましがっている暇があったら自分の会社を世界一のコンサルタント会社にしてくださいね。そうしたら梅田さんが言うことにも説得力があるかもしれませんね。成功者として。


梅田さんって小さいときから大金持ちだったんですか。へぇ〜 だから慶応なんだ。

ubsp1977ubsp1977 2007/04/02 20:53 私の経験では,大企業のほうが楽をしようと思えば出来ます.誰かが尻拭いをしてくれるので.中小企業では,代役がいないので楽をすれば自分に結果が直接跳ね返ってきます.また,大企業では,「〜会社」という看板に依存しようと思えばできますが,中小企業は無名の会社が多いので,「〜をしている会社」と説明しなければ,相手に理解されないでしょう.
 
仕事に生きがいを感じるなら中小企業やベンチャーの方が達成感を得られる気がしますが,仕事はある程度に抑え,プライベートを充実させたいと思うのなら大企業の方が実現しやすいと思います.
 
人生の優先順位で勤める会社を選べば良いと思います.

KK 2007/04/02 23:17 私は、現在フリーのプログラマ兼SEをしています。
私自身は、大企業には向かないので、自分の好きに生きられる道を選びました。
ただこの問題を考える場合は、大企業に勤める友達も、
中小企業に勤める友達も、考え方は、絶対合わないので、
分かり合えないかも知れないけど、否定はしない事にしています。
自分がそれぞれ好きな生き方ならそれでいい・・・と納得しています。

leelee 2007/04/03 02:49 >通りすがりさん
梅田さんは「僕の知る大手メーカーの経営陣」と、ある特定のメーカーの経営陣に対して感想を言っています。
よって、その特定の大手メーカーがどこであるか、ということが分からない限り、同意するも何もないはずですが、通りすがりさんは知っているのですか?(NEC以外の可能性もあると思いますが)

northlightnorthlight 2007/04/03 05:22 エリートの中で育ち、エリートとして生きてきた梅田さんの本音が表れたエントリだと思います。

KKKK 2007/04/03 05:59 「軽い雑談」なだけにまさに本音が出ましたね。
要は自分の生き方を正当化したくて、そわなかった大企業やらなれなかった体育会系を皮肉り、揶揄したいだけなんでしょう。
売れた本はすごいと思ったけど、このエントリ読むと、結局、本音や本性はこんなもの・・・と思えてがっかり。

cham510cham510 2007/04/03 09:58 大手企業・某君: 僕は「朝起きてから寝るまで、規則正しく仕事をする、それが365日続く、自分の生活リズムを完全に自分でコントロールしたい」、そういう願望というのかな、それが昔からあって、今はそんな安定した生活を送って毎日幸せを感じているわけだけど・・・・

梅田: そんなこと生まれてから一度も考えたことないよ。だって毎朝会社に行くだろ。何が自分に起きるかわからないんだよ。それが面白いんじゃない。小さい会社であればあるほど色々なことが起こる。それに対処するのが面白いんだよ。倒産が急に決まるのが嫌だとかだってぜんぜん思ったことないよ。だって自分からじゃあ絶対に暮らしたいと思わないようなところで生活する機会が急にわが身に降りかかってくるわけでしょ。面白いじゃない。

大手企業・某君: へえ、ベンチャー企業が好きなんだね。


普通こんな感じですよね。まあそれを皮肉ったんだとは思いますが。

なんとなくなんとなく 2007/04/05 19:52 ubsp1977さんの意見に同意ですねー。仕事なんて片手間でこなすもので、仕事以外のこと(趣味とか)の方が重要、っていうスタンスが本来最も自然だと思います。

そういう立場からみるとこの議論自体が釈迦の手のひら内の出来事のように思えます。

あるいは仕事に追われるベンチャーでは「仕事=好きなこと」と自己暗示しなければやっていけない、ということの表れでしょうか。

hashighashig 2007/04/07 03:08 仕事の中で自分が幸せに感じることができた瞬間って、どういう時?と自分に問うてみた時に、その頻度や度合いが最大であるような職業が、その人にとって向いているということなのかなと思います。大企業であろうがベンチャーであろうが、向いている領域に身を置いた方が成功の確率は高くなるのではと思います。それと、大企業=安定、ベンチャー=ギャンブルという図式も結構変化してきているように思いますし、どちらにも相応のリスクが存在する今日この頃かなと思います。

なまえさんなまえさん 2016/03/17 00:23 >保険がある人とない人では人生観も違う。
>大企業に入ってささやかな保険を得ながら、
>そこでの仕事に楽しみを見出す。

別に大企業は保険にならんぞ。
2007年の記事にあえてコメントするけど、
2016年、9年後の日本は、大手電機メーカー(ソニー、東芝、シャープ)がボコボコにやられている。
あと10年もしたら形もないだろう。

一番の保険は、会社が消えてもやっていけるという、自分の実力だよ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20070402/p1