My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-17

[] ニコニコ動画で「羽生中川」戦を見た

大逆転で話題のNHK杯羽生中川」戦をニコニコ動画で見た。NHK杯戦を見られるなんてもう何年ぶりだろう。ありがたい。ネットで話題になっているだけあって、確かに凄い大逆転で驚いた。解説が加藤一二三九段だったのも、盛り上がるのにいい組み合わせだったんだろう。

どんな形であれ、将棋に興味を持たない人が将棋の面白さを感じる機会が増えることは絶対にいいことだ。しかしニコニコ動画にはひろゆきの鬼才を感じますね。コンテンツはとにかく消費してしまうものだと割り切る感じはわかるけど、将棋で「金」の下に「玉」が来たり、「金」と「玉」が左右に並んだりするのってすごく普通のことで、そんなことに大騒ぎする人がいるなんて知らなかったよ、本当に。

TAK_TAKTAK_TAK 2007/10/17 17:31 「「金」と「玉」が左右に並んだりするのってすごく普通のことで、そんなことに大騒ぎする人がいるなんて知らなかったよ」

本当ですね。将棋何年もやってて、
今まで全く気づきませんでしたが...

sap0220sap0220 2007/10/18 03:14 どういう形であれ、日本では著作権問題で変な形で揉めている最中に、梅田さんが「ニコニコ動画でNHKを見た」という記事を公開したことに、非常に大きな意味があるし、大きな勇気を感じます。

一将棋ファン一将棋ファン 2007/10/18 18:02 窪田先生のコメントを読んで、一将棋ファンとしては悲しくなってしまいました。
窪田先生が梅田先生のご発言およびその内容を牽制しようと意図されているのであれば、それはお門違いと思われます。
梅田先生のブログでのご発言は著作権法等、法律上何らの問題もないことは明らかと思料いたします(法律違反の示唆あるいは教唆すらされてはいないと思料いたします)。もし問題とお考えであれば、そのことを指摘されるのが筋かと存じます。
また、後の「手順前後」とのご指摘も専門用語をお使いにならず、何がいけないのかはっきり指摘されてみてはいかがでしょうか。
尤も、インターネットと著作権の問題は深刻であるし、将棋連盟の立場も判らないではないです。
しかし、それとこれとは話が別であることも賢明な窪田先生であれば、きっとお気づきになられることでありましょう。
もし今回、そのような意図で書き込まれたのであれば、係る記録に残すような形式は悪手となるに違いありません。
小生は、梅田先生のご発言の趣旨はそうだと信じますが、今回のニコ動画の一件は(ことの善悪は別として)今後の将棋の普及のあり方を考える一つの契機としてとらえるべきであると思います。是非建設的な意見を交わしていただければと期待いたします。
なお、小生は件のニコ動画に著作権上の問題が無いとは申し上げてはおりませんので、その点はご理解賜りたく。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証