My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-18

[] しかしなんでこんなにグーグル決算、強いんだ?

今日ウォールストリートが閉じてからグーグルの四半期決算が発表されたけど、しかし、なんでこんなに強いんだろう。

Google said its net income jumped nearly 46 percent in the third quarter, topping analysts’ already bullish forecasts.

Profit rose to $1.07 billion from $733.3 million a year earlier, while sales rose 57 percent to $4.23 billion.

社員採用のペースも落とさずで、とうとう15,000人を超えたか。

When Google reported second quarter results in July, its expenses were higher than analysts had expected, in part because the company continued to hire aggressively. The results sent Google shares on a short-lived downward slide. At the time, Mr. Schmidt promised to watch Google’s hiring pace. But Google’s hiring accelerated in the most recent quarter, as the company added 2,130 workers, to end the period with 15,916 employees.

グーグル今日終値での時価総額が$199.65Bil。トヨタ時価総額がいま22兆9,234億円。115円換算だと199.33Bil。ほぼ拮抗。明日グーグル株がかなり上昇するとすれば、トヨタを少し引き離すことになる(そうなると、グーグル以上の時価総額を有する日本企業は一社もなくなってしまう)。驚くなあ、しかし。

葱 2007/10/21 05:37 w

にににnにににn 2007/10/21 05:40 ネットの時代になって、このままいけばマスゴミの捏造やら、広告代理店の扇動やらを
我々の生活の場である所の日本社会から排除できるんじゃないかと期待していたんだが、
初音ミク騒動で明らかになったように、ネット社会にもうすでに広告代理店の集めた汚い金が大量に流れ込んでいて、
Googleのような多額の利益を上げていて、金で転ぶ必要のないはずの企業でさえすらも、簡単に良心を売り渡して、
大衆抑圧に荷担して搾取者たらんとする現実には、まったく絶望する他はない。
我々には2ちゃんねるがある。
だがしかし、いずれそう遠くない将来に、2ちゃんねるにも汚い金が流れ込んで、ひろゆきは喜んで自由な言論の場を売り渡して、
我々は居場所を失い搾取されるだけのクズに成り下がる。
まったく絶望する他はない。

名無し名無し 2007/10/21 07:45 梅田さんは初音ミク騒動(ご存知ですよね?)についてどうお考えでしょうか。
2ちゃんねるの一部では、今回の件で一斉にGoogle離れが起きています。
Googleが検索結果を捻じ曲げているのか、マイクロソフトに検索技術で追いつき追い越されてしまったのか。いずれにしても、今回の件でのGoogleの対応はお粗末としか言いようがありません。
本当に残念です。

名無し名無し 2007/10/21 08:01 念のため、いくつかニュースソースを貼らせていただきます。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/18/news040.html
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071018_vocaloid2_image_tel/
http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/2007/10/19/
http://www.j-cast.com/2007/10/19012415.html

以上、スレ汚し失礼いたしました。

higekuma3higekuma3 2007/10/21 20:57 google八分は、梅田さんが、
はるか昔に言い始めたんじゃなかったでしたっけ?

kahkah 2007/10/31 15:32 好きなことを続けていくと必ずお金とぶつかる場面というかそういったものが出てくる。その時の折り合いの付け方が非常に難しい。純粋な気持ちで始めたものでも、ひとたび社会である力を持つと、お金が絡み出す。
ここに好きなことを続けるというジレンマがひとつあると思う。