My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-22

umedamochio2007-10-22

[] 新刊「ウェブ時代をゆく11月6日刊行

いよいよ11月6日に書き下ろし新刊「ウェブ時代をゆく」(ちくま新書)が刊行されます。

アマゾン紀伊国屋で予約が始まりました。

この本は「ウェブ進化論」以降、本欄読者の方々をはじめ膨大なネット上の同書への感想をすべて読みながら、一年半かけて考え続けてきたことの全てです。目次は次の通りです。

序章 混沌として面白い時代 

一身にして二生を経る/オプティミズムを貫く理由/「群衆の叡智」元年/グーグルと「産業革命前夜」のイギリス学習高速道路と大渋滞ウェブ進化と「好きを貫く精神リアルネットの境界領域に可能性/フロンティアを前にしたときの精神的な構え

第一章 グーグルと「もうひとつの地球

営利企業であることの矛盾グーグルはなぜこんなに儲かるのか/奇跡的な組み合わせ/グーグル二つ目の顔/「もうひとつの地球」構築の方程式/「経済ゲーム」より「知と情報ゲーム」/利便性と自由の代償としての強さを

第二章 新しいリーダーシップ

人はなぜ働くのか/まつもとゆきひろが起こした「小さな奇跡」/オープンソース成功の裏には「人生をうずめている人」あり/ウェブ2・0時代の新しいリーダー像/ウィキペディアリーダーシップ/「知と情報ゲーム」と「経済ゲーム」の間に起きる齟齬/事業機会を失ってもコミュニティの「信頼」を/なぜネットでは「好きなことへの没頭」が続けられるのか/良きリーダーの周囲に良き「島宇宙」ができる/総表現社会参加者層の台頭

第三章 「高速道路」と「けものみち

高速道路を猛スピードで走る少女日本システムで息苦しい思いをしている人のために/「高く険しい道」をゆくには/「見晴らしのいい場所」に行け/高速道路を降りて「けものみち」を歩く/「五百枚入る名刺ホルダー」を用意しよう/「流しそうめん」型情報処理、つながった脳、働き者の時代/「けものみち力」とは/正しいときに正しい場所にいる

第四章 ロールモデル思考法

ロールモデル思考法とは何か/なぜ「経営コンサルティング」の世界に進んだか/ロールモデルの引き出しをあける/「十九世紀初頭の新聞小説」とブログ日本若者を応援するときのロールモデル/自分の志向性を細かく定義するプロセスブログと褒める思考法/生きるために水を飲むような読書、パーソナル・カミオカンデ/行動に結び付けてこそのロールモデル思考法

第五章 手ぶらの知的生産

知のゴールデンエイジ/世界中講義・講演を瞬時に共有できる時代/十年後には「人類過去の叡智」に誰もが自由にアクセスできる/手ぶらの知的生活/これからの知的生活には資産より時間/ネットは知恵を預けると利子をつけて返す銀行/「文系オープンソースの道具」が欲しい/群衆の叡智を味方につける勉強法/ネット空間の日本語圏を知的に豊穣なものに

第六章 大組織VS.小組織

情報共有と信頼/やりたいと思う仕事に自発的に取り組む/情報共有と結果志向型実力主義有事には情報共有を前提とした組織になる/小さな組織情報共有で強靭になれる/小さな会社で働き、少しでもいい場所に移ろう/「三十歳から四十五歳」という大切な時期を無自覚に過ごすな/自らの内部にカサンドラを持て/「古い価値観」に過剰適応してはいけない

第七章 新しい職業

「新しい職業」と「古い職業」/「新しい職業」の誕生を信じる人は「ウェブリテラシー」を/オープンソースが生んだ新しい「雇用のかたち」/「志向性の共同体」とスモールビジネス経営/スモールビジネスベンチャービル・ゲイツの後半生を徹底肯定する/世界の難題の解決にネットが本格的に利用される時代

終章 ウェブは自ら助くる者を助く

人工国家に似た「もうひとつの地球」ができれば/より求められる「自助の精神」/サバイバル優先、すべては実力をつけてから

あとがき

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

紀伊國屋書店BookWeb「ウェブ時代をゆく」



本欄読者の皆さんには、1249ものブックマーク(今日現在)がつくほどの大反響を呼んだ3月17日「直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。」

というエントリー記憶に新しいかもしれません。

自分の良いところを見つけるには、自分の直感を信じ(つまり自分を信じるということ)、自分が好きだと思える「正のエネルギー」が出る対象を大切にし、その対象を少しずつでも押し広げていく努力を徹底的にするべきだ。そういう行動の中から生まれる他者との出会いから、新しい経験を積んでいけば、自然社会の中に出て行くことができる。「好きなこと」と「飯が食えそうなこと」の接点を探し続けろ。そのことに時間を使え。

僕なりに、あのときに発したこの言葉を反芻しながら、いまそれを本当にやるにはどうしたらよいのか。過去の世代が持ち得なかったウェブという強力な道具を手にした若い世代が、この道具をどういう心構えでどう使いながら生きていったらよいのか。

そんなことを真剣に考え続けた結果が、この本にまとまったとも言えます。是非、ご一読ください。また、ネット上の感想はすべて読みます。いつものように、忌憚のないご意見をお待ちしています。

aki1770aki1770 2007/10/22 06:18 2冊、アマゾンに注文した。ひとつは自分、もうひとつは妻。一緒にサバイバルするため。梅田さんすげえ、ワクワクする。

ubsp1977ubsp1977 2007/10/22 19:12 「ウェブ時代をゆく」、楽しみにしています。”「好きなこと」と「飯が食えそうなこと」の接点を探し続けろ。”まさにその通りだと思います。私もそのことを常に自問自答していまが「仕事」といえるレベルまで具現化できていません。一生を通して探し続ける覚悟です。

SanzinsooSanzinsoo 2007/11/28 16:33 久々に熱中しながら読んでます。第七章新しい職業から読み始めました。ネット上の自分の分身にお金を稼がせようという考えがとても新鮮で、自分では単なる妄想と思っていたことが、そうではないことを知り、まあ、梅田氏が職業柄、アジ演説がうまいのかもしれないと、少し疑りながらも、なんか希望の光のようなものが見えてきたような「錯覚」(?)が快いので、満員電車の通勤電車の中で熟読しています。四年前に全部英語で沖縄剛柔流空手道のホームページを作りました。もし、できましたら、このホームページを起点にスモールビジネスに発展させるアドバイスあるいはヒントをいただければ、ものすごくうれしいです。一言二言でも結構です。何卒よろしくお願いします。My website is as follows.
Sanzinsoo Okinawan Gojuryu Karate
サンジンソー沖縄剛柔流空手道
http://uk.geocities.com/sanzinsoo
http://www.geocities.com/sanzinsoo

チャーリー432チャーリー432 2007/12/23 07:11 読ませていただきました。未消化の部分もあるかもしれませんが、非常に前向きな気持ちにさせられました。特に心に残ったのは、「生きるために水を飲むような読書」です。まだまだ不勉強ですが、インプット→アウトプット→インプット→……をくり返し、脳みそをウェブ銀行に預けてゆきたいと思います。

山本憲令山本憲令 2007/12/28 03:37  『ウェブ進化論』『ウェブ時代をゆく』を2日で読みました。『ウェブ時代をゆく』に「リアル世界での日常に余裕がでたシニア層は、ネット世界で過ごす時間を増やし、いずれ総表現社会の重要な担い手になると私は確信している」とあります。私は、今年公立中学校を定年退職しました。だから、このシニア層の一人と思います。しかし、リアル世界では、もうすることがないのではと、鬱状態になっていました。しかし本書を読み、やることがあるんだと思えるようになりました。
 また、「ネットの『あちら側』に作ったプライベート上にノートをとり続けた。』とあります。私はこれまで思いついたことや本で読んで気になるところをコメント付きで、コンピュータに保存してきました。そして、たまにある書籍や教育雑誌からの原稿依頼があると、それらを参考に書いてきました。しかし、これは閉じたこちら側の世界です。そのため、それに対する意見を述べてくれることはありません。しかし、あちら側の世界ならば、意見や知識を授けてくれるかもしれません。そこで、早速ブログを始めてみようと、解説本を買ってきました。
 両書は、私に元気を取り戻してくれました。本当にありがとうございました。

SanzinsooSanzinsoo 2012/04/07 01:02 おひさしぶりです。海外のジオシティーズは数年前になくなりましたので新たにホームページを作りました。新アドレスは
http://yamada-san.blogspot.com

http://sanzinsoo.angelfire.com

の2つです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20071022/p1