My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-29

[] 「みんなで丸ごと英訳」プロジェクトの発足

シリコンバレーから将棋を観る」発売数日前の4月20日に「新著「シリコンバレーから将棋を観る」は、何語に翻訳してウェブにアップすることも自由、とします。」というエントリーを書いた。

「何も起こらない」可能性も含め本当に「See what happens!」という気持ちでいたのだが、先ほど「shotayakushijiの日記」からトラックバックをいただいた。

梅田望夫さんの『シリコンバレーから将棋を観る』を読みました。

正直言うと将棋なんてやったことありませんし、そもそも将棋盤も駒も見たことすらありません。

この本を丸ごと英訳しちゃえばいいんですね?!

・・・・・

やるっきゃないですね。

やってみました。とりあえず「はじめに」が終了。はい、めっちゃ時間かかります。一人でゼロから全部英訳するのってかなり非効率。・・・・ そこで考えました・・・

ここから提案です。

この英訳、wikipedia-likeにみんなでやりませんか?まず僕を含め7人ほどメインの翻訳者を集めます。この7人で分担してひとまずbriefly全部を英訳してしまう。そして出来上がった訳をこの7人含め不特定多数のひとで修正・improveさせる。ずばりオープンソースですね。

・・・・・

というわけで「みんなで丸ごと英訳」プロジェクトが、id:shotayakushijiリーダーシップで発足したようです。早速賛同して協力する人も現れたとのことですが、彼らがもともと熱狂的な将棋ファンだったわけじゃないところが、ウェブの面白いところですね。まず英語になってしまえば、その他の言語へは英語からの重訳でもよくなるわけで、可能性が広がる素晴らしい第一歩だと思います。

ちなみに将棋用語関係のリンクはここにあります。たとえば、Hans Geuns’ Basic Shogi Vocabularyなど。

将棋グローバル普及の一助となればと思います。

See how it goes!

進捗はまたお知らせします。

えきえき 2009/04/29 13:49 おもしろいプロジェクトですね!!
全く見ず知らずの人同士が同じ目的で頑張ることができる、ウェブの繋がりというものの凄さを改めて感じます。
続報に期待してます。

ugen27ugen27 2009/04/29 20:18 梅田さんの奇抜なアイデアからこうしてたくさんの人が考えを持ち寄ることに大変な面白みを覚えます。これもウェブのオープン性だからこそできることで、リアルではここまでの発展には時間もお金もたくさんかかることでしょう。梅田さんのブログでこうしたウェブの可能性を見ることがとても嬉しいです。これからの皆様の検討を祈ります。

ごうごう 2009/04/29 20:19 おもしろいです。僕も参加させていただきます!

神村 浩平神村 浩平 2009/04/30 08:15 すばらしいですね!
みんなの力でいいものを発信する、これが
本当のインターネットの使い方ですよね!
ぼくもなんでも協力させてください。
神村 浩平

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証