My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-03

[] 「ウェブ時代 5つの定理文庫版が2月10日に発売されます。

新春のお知らせです。

ウェブ時代 5つの定理」が急きょ、文春文庫として文庫化されることになりました。

ウェブ時代5つの定理 (文春文庫)

ウェブ時代5つの定理 (文春文庫)

昨年の政権交代以降「成長よりも分配」が「時代のテーマ」になりましたが、そろそろきちんと成長について考えるべき時なのでそのための「考える素材」をいま提供したい、との出版社の判断で、単行本発売から二年弱という異例のスピードで、文庫化が決まりました。

本書は、タイトルシリコンバレーという言葉こそ入っていませんが、シリコンバレーについて書いた僕の二冊目の本です(一冊目は「シリコンバレー精神」) 。日本人シリコンバレーから学び得るとすればそれはいったい何なのか。シリコンバレーに住んで、そのことを考え続けて十五年が過ぎましたが、この本を書き終えて、シリコンバレーについて日本に向けて書くべきことのエッセンスは書き尽くした、そんな気持ちを持ちました。

何年もかけて経験したことや考えつづけたことを凝縮して一冊に詰め込む本を、僕は自分の中で「真水(まみず)の本」と呼んでいます。本来、「真水の本」というのは、どんなに頑張っても4年か5年に一冊くらいしか書けないものです。シリコンバレーに94年にやってきてから2000年までの経験は「シリコンバレー精神」にまとめました(これは「真水の本」を書くにはちょうどいいペース)。そして続く三冊の「真水の本」としての「ウェブ進化論」「ウェブ時代をゆく」「ウェブ時代 5つの定理」を書くことに、05年から07年のほぼすべてが費やされました(振り返れば一年に一冊のペースはちょっと無理をしすぎたと思います。モノを書く仕事を、集中してし過ぎました。反省)。

そしていつかまた「真水の本」が書けるよう、さらにしばらく充電を続けるつもりです。

このたびの文庫化に際して、改めてこの「真水の四冊」を読み返してみましたが、日本の若い人たちに僕が届けたいと思ったメッセージは、やはりこれらの四冊に全部入っていて、いま特に付け加えることはないと思いました。

分配の話は確かに重要だけれど、そればかりでは日本も行き詰まってしまう。そう感じ始めている新しい読者と、本書が新しい環境下で出会えることをたいへん嬉しく思っています。

文庫版の解説は、僕の著作の中ではこの本がいちばん好きだと言うグリー(株)創業者田中良和社長が書いてくれました。ありがとうございました。

surippasurippa 2010/01/10 06:02 フラット化の考え方は、もしかするとありがちな、方向はあってはいるものののふりかえってみれば極端なパターンで

ネットで、すべてがフラットになる

階層も組織もルールも的な

そうじゃなく

わかりにくく広まりにくいかもしれませんが

例えば、すさまじい情報をネットで知っても

現実にかかわるところで実行するには、

結局、責任がふっつき

結果、使えていない

こうなると

間はしょりますが

フラット化は、特に従来と一緒ぐらいの層の中だけで

スピードと、蓄積、その中で生まれる新しい知恵には

有意義でも

理想的な動きとは違うようだと感じました

石川石川 2010/02/06 00:12 はてなって、日本のWEBの中でもっとも古典的な日本風ですよね。梅田さんも、なんだかんだって、古い日本人みたいなところがおありになるようですし、結局、日本の壁をぶち破る日本人がいなくて淋しいことです。ちなみに、私のWEBは外国人に人気があるといってもPVがあるわけでなく、強く愛してくれる若者がいて、最近、ロシア語らしい、翻訳してくれます。

石川石川 2010/02/06 00:14 どんら立派な洋服を着ても、日本人は日本人に代わりがありません。そのうちチャイナドレスに着替える人も増えるのでしょうけど。

高村俊隆高村俊隆 2010/02/07 22:35 いつも読ませていただいております。
この本も読ませていただきます。

佐伯純子佐伯純子 2010/04/11 06:34 「ウェブ進化論」「ウェブ時代をゆく」どちらも読ませていただきました。ウェブのことはイメージでしか分かってないほうだと思いますが、今の時代の変化にはわくわくしていて、どうなっていくんだろうと興味津津の50代す。

実は今、私の勤めるアパレル系の会社(700名規模)は、一昨年亡くなったオーナー社長の跡を継いだ30代後半の社長が、大変革を行っています。改革を始める前に、社内SNSを立ち上げ、経営戦略の情報のほとんどを、社員全員に公開し、タウンミーティングと称して、社員に対する説明責任を果たし、総会は、その集大成のような形で、契約社員まで含む全員が入るホールで、2時間半かけてしました。改革がはじまって半年になりますが、最初はついていけないといった風だった社員も、環境の厳しさもあり、チェンジ以外に道は無いということで、少しずつですが、変わってきていると思います。でもまだまだ懐疑的な見方もくすぶっていて、繊研新聞という業界紙のインタビューで、いちばんのリスクは何ですか?と問われた社長は、変わらなければならないのに、変われないことです、と答えていました。

私は、SNSの日記等で出来る限りの応援をしているつもりです。一介の事務職員なんですけど。
今日は、社長が書いた初めての日記に対する私のコメントに、社長が返事をくれました。とても誠実な返事です。

梅田さんにも応援していただきたいぐらいです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20100103/p1