My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-11-23

新著「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?」、発売されました。

新著「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化物語」が発売されました。アマゾンには今日在庫が入り、紀伊國屋書店新宿南店にも既にもう並んでいたそうなので、11月24日から全国の書店にも並ぶはずです。

どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語

どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語

本の帯に、「10篇の「観賞」と「対話」が織り成す渾身の羽生善治論。」とありますが、ことに対話篇五篇(羽生善治勝又清和山崎隆之行方尚史深浦康市との対話)は、僕が「こういうものが読みたい」と昔からずっと思っていたイメージを実現しようと試みたものです。

その意味では、自分が読みたいことだけを書いた本なので、何の説明もせずに「どうぞ読んで下さい」と心から言える、そんな本ができあがりました。

f:id:modernshogi:20101124005434j:image

Y.hirataY.hirata 2011/01/04 07:36 ご本、拝読しました。
面白くて一気に読みました。
ぼくは日ごろ、プロの棋譜を見るのが趣味ですが山崎さん、深浦さんの人間性にも触れられてより一層、将棋の楽しみが広がりました。
また、羽生さんの強さの秘訣の分析は人生についても考えさせられるものが有り興味深いものでした。
羽生さんは勝つ事への執念と将棋の真理の探究心の両方を高次元で併せ持った稀有な存在なのだと思います。
ぼくはこれからは渡辺竜王より下の世代の棋士の時代に大きく流れていくと感じてますが広瀬王位や豊島六段など若手棋士のタイトル戦の観戦記も是非、読んでみたいです。
今後のご活躍お祈りしております。

juna61juna61 2011/01/05 20:27 爆笑問題の爆問学問(NHK)で羽生さんが面白いことを言っていた。人間の棋士は強くなるほど捨てていくものが多い(筋の悪い手など)がコンピュータが強くなるのは手数やパターンなど情報・処理量を増やすからだ。最近過去の棋譜も忘れることが多くなった。全く予測不可・選択不可という局面で(混沌書かれたセンスをみせながら)どう選ぶかが個性かな?・・・

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20101123/p1