My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-04-21

umedamochio2007-04-21

[] 「ウェブ進化論」の中国繁体字版「網路巨変元年」(台湾の先覚出版社)が出版されました。

写真

http://www.flickr.com/photos/shinyai/454157665/

より転載。このflickrにアップされた写真で出版されたのを知りましたが、僕の手元にもそれから数日後に本が届きました。

ところで本のカバー折り返し部分に、「脳科学家」茂木健一郎さんの書評(読売新聞)の一部に加えて、「趨勢評論家山口浩さんと「網路読者」essaさんがブログで書いてくださった書評の一部が掲載されていました。

何かの記念にと思い版元に三冊余計に注文したので、届いたら茂木さんと山口さんとessaさんにお送りします。

2007-02-09

[] 大学入試に出た「ウェブ進化論

トラックバックをいただいて知った。

入試問題にも登場の『ウェブ進化論』

同志社大学の政策学部で『ウェブ進化論』が本文に使われております。高速道路論のところと、オープンソースの内容が扱われています。

試験問題の全文を読んでみたいなぁ。

参考。「同志社大学(政策・文情(理)・工A)国語概評

正式な試験に使われたのは、2006年12月に行われた静岡大学法科大学院入試問題に出たのが最初でしたが、大学入試に出たという情報はこれが初めてでした。

受験の季節なんですね。受験生はとにかく体調を万全に整えること!!!

追記。コメント感謝

同志社大学(政策・文情(理)・工A)国語問題

ここに問題の全文がありました。ずいぶん長いんだなぁ。

しかし、このいくつかの選択肢から一つ選ぶ問題って、なんか難しいね。

[] 朗読版「ウェブ進化論

今朝、日本から来たSくんと朝食ミーティングをしていたら、「ウェブ進化論」をオーディオブックで聞いたとのこと。そういえば本欄で紹介していなかったなと思った。

iTunesダウンロードできるので、音で聞いてみたい人はどうぞ。

2006-12-24

[] 日経新聞「回顧2006年」: エコノミストが選ぶ経済・経営書で「ウェブ進化論」が第二位に

今朝届いた日経衛星版を開いて驚いた。このベスト10は経済・経営の学術書が多いものだと思っていて、そこに入るとは全く想像もしていなかったからである。ちなみに、ベスト10で「1,000円以下」の本は「ウェブ進化論」(740円)一冊だけだ。

ウェブ進化論」(2位)は「知力ある日本の大人たち」にネット世界のエッセンスを教えてくれる、ハンディながら「洞察力に富む」好著だと賞賛された。「日本の若者一万人をシリコンバレーに移住させたい」という壮大な夢も示されている。

とある。評者は、日経紙面で活躍する経済学者・経営学者・エコノミスト25人とのこと。高いご評価をいただき、嬉しい限りです。

2006-12-20

[] テクノラティ検索キーワードランキング「ウェブ進化論」が第八位

http://www.technorati.jp/ranking2006/

これはどんな賞をもらうより嬉しいことでしたねぇ。

1位…W-ZERO3

2位…功名が辻

3位…極楽とんぼ

4位…X01HT

5位…Wii

6位…ライブドア

7位…上川隆也

8位…ウェブ進化論

9位…日本沈没

10位…Mio P350

検索してくださったすべてのネットユーザに感謝

2006-12-15

[] アマゾンの「Best of 2006 和書総合ランキング」で「ウェブ進化論」が年間第四位に!!!

すごく驚いたのですが、

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/feature/-/1000017806/ref=amb_link_19666006_1/250-7822474-3349865

アマゾンの「Best of 2006 和書総合ランキング」で「ウェブ進化論」が年間第四位になりました。

アマゾンで売れるタイプの本だったこと、発売が二月だったので年間という意味で有利だったこと、がその理由としてはあるのですが、それにしても、第一位「ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6) 」、第二位「国家の品格」、第三位「鏡の法則」に次いで第四位とは本当に驚きました。ちなみに第五位が「ダ・ヴィンチ・コード(上) 」でした。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

2006年は、僕にとって、生涯忘れられない年になりました。