My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-01

[] 昨夜の対談イベントの音声、YouTube映像

夜行なった「シリコンバレー精神」刊行記念対談イベントの音声を取り急ぎ、アップします。吉岡弘隆さん(ミラクルリナックス)をお招きしての、シリコンバレー精神オープンソース思想を巡ってのトーク約一時間(ちなみに、ときどき会場から突っ込んでいる人はDan Kogaiさんです)。

Download

まもなくYouTube映像もアップされます。

追記。以下、YouTube映像です。映像に伴う音がやや小さいので、パソコン側の音量を大きくしてお聞きください。

はじめに (1/9)

D

エンジニアから見たシリコンバレー精神 (2/9)

D

オープンソース体験 (3/9)

D

5年前を振り返って (4/9)

D

オープンソースビジネス (5/9)

D

オープンソース組織オプティミズム (6/9)

D

インターネット企業とオープンソース (7/9)

D

ウェブ進化論」発刊後に変わったこと (8/9)

D

はてなについて (9/9)

D

追記。以下のチャンネルから対談動画連続して見ることができます。

http://www.youtube.com/view_play_list?p=6DE2EFA8F3969097

追記。対談の中で吉岡さんが言及した、98年に日経産業新聞に僕が書いたオープンソースについての記事が、「ビジネスの世界がとうとうオープンソースを取り上げたぞ」と、Linuxコミュニティで感慨深く受け止められていた、というエピソード。その記事の原文は、これです。

ソフト開発「革命前夜」(1998年8月17日日経産業新聞]より) 」

http://www.mochioumeda.com/archive/ss/980817.html

ひょっとしたら、コンピューター産業始まって以来の一大事が既に始まってしまったのかもしれない。そんな風に思うそばから、いやいやこれは非常に狭い世界の出来事で、産業全体にインパクトを与えるほどの話ではないのさと思い正してみたり。こんな自問自答を何ヶ月も繰り返してきたが、私は少しのリスクを冒しても、こう書くことにする。

 「オープンソースの流れは本物だ。ソフトウェア開発のあり方が根底から覆されることで、コンピューター産業の産業構造が変わるほど大きなインパクトである」と。

・・・・・・・・・

ちなみに僕のアーカイブ(http://www.mochioumeda.com/archive/all/)は、過去にあいつは何を書いていたのか、ということを検証できるように、内容にはいっさい手を入れずに、全部公開してあります。

このmochioumeda.comアーカイブに加え、CNET Japan連載(2003年-2004年)アーカイブ(http://blog.japan.cnet.com/umeda/)と、フォーサイト連載の最近の分のアーカイブ(http://book.shinchosha.co.jp/foresight/web_kikaku/sv_backno01.html)と、このダイアリー(主に2005年以降)の過去ログ(http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/archive)で、過去に書いたものに対する検証が可能になっています。

2006-08-29

[] 「シリコンバレー精神電子版発売

http://www.paburi.com/paburi/publisher/ch/index.shtml

で「シリコンバレー精神電子版が発売になりました。

文庫版まえがきの中で、

そして「シリコンバレー精神」という考え方を提示する「長いあとがき」を基点にし、本書を構成するそれぞれの「手紙」へ、ネット上のリンクをたどるかのように読める本にし、「シリコンバレー精神」と改題した。

と書いたが、こういう読み方をする場合には、電子版のほうがリンクをたどって行ったり来たりしながら読めるので、読みやすいかもしれません。

シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫)

シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫)

2006-08-10

[] 9/1イベント応募者は231人でした。

先ほど「9/1対談イベント「「シリコンバレービジネス風土」と「オープンソース思想」」の申込みを締め切りました。応募者は231人でした。

これから厳正な抽選で当日参加者50人を選びます(ちなみに僕は抽選に関与しません。知人を思わず特別扱いしてしまってはアンフェアなので、応募者リストも見ません)。

当選者の方には、お盆明けまでに当日の詳細情報を含むメールが、イベントスタッフから届きますので、よろしくお願いします。

2006-08-04

[] シリコンバレー精神とは

シリコンバレー精神について講演するときに使うスライドを一枚、公開しておきます。

f:id:umedamochio:20060805084800g:image


このスライドを使いながらこれまでに何回も話をし、質疑応答を幾度となく繰り返した経験も踏まえ、拙著「シリコンバレー精神」の中では、シリコンバレー精神をこんなふうに定義しました。

・・・・・

この地の快適な気候を含む風土的条件、この地がアメリカという国の一部、しかも辺境の西部に位置するというとても重い事実、そしてその二つの土台の上に、シリコンバレー史の「新しい技術が未来を創造した記憶」が堆積することで「シリコンバレー精神」が形成され、それが空気のようにこの地を覆っている。

シリコンバレー精神」とは、人種や移民に対する底抜けのオープン性、競争社会の実力主義、アンチ・エスタブリッシュメント的気分、開拓者(フロンティア)精神、技術への信頼に根ざしたオプティミズム(楽天主義)、果敢な行動主義といった諸要素が交じり合った空気の中で、未来を創造するために執拗に何かをし続ける「狂気にも近い営み」を、面白がり楽しむ心の在り様のことである。

一九七〇年代のインテル、八〇年代のアップル、サン・マイクロシステムズ、オラクル、九〇年代のシスコ・システムズ、ヤフー、eベイ、そして二〇〇〇年代のグーグル。「シリコンバレー精神」を形作っている空気の諸要素は、創造的破壊によって無から世界企業になったシリコンバレー企業群に共通するビジネス風土でもある。「時の常識に挑戦し世界企業を創造する」と言うのは簡単だが、現実には、気が遠くなるほど凝縮した時間の中で行われる厖大な試行錯誤の連続を、長期にわたって耐え切れるかどうかが成功のカギを握る。だから、その一場面、一場面を支配する空気の質が、何よりも重要なのだ。

(「文庫のための長いあとがき」より、P275-276)

・・・・・

シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫)

シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫)