My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-12

[] 英語圏ウェブ進化に興味がある人へ(続)

5日前のお知らせに引き続き、

「WebEvolution: Summary of this week」(by Takuya Homma)

を、週に一回くらいのペースで公開していくことにし、英語ブログを立ち上げました。

http://webevolution2009.blogspot.com/

テーマは、冒頭に書かれているように、

The main focus of this blog is on studying how the Internet is being used for the purpose of solving world's most difficult problems. Below are the articles I found particularly interesting this week, categorically sorted. You can find much more articles at http://www.diigo.com/user/web-evolution.

となっています。

英語圏ウェブ進化に興味のある方は、ぜひどうぞ。

2009-10-07

[] 英語圏ウェブ進化に興味がある人へ

我々の勉強グループリーダーでありペースセッターでもあるTakuya Homma(UCL: University College London)の、日々のResearch & Learning processの一部を公開することにしました。

http://www.diigo.com/user/web-evolution

には、対象となる文章や映像へのリンクだけでなく、文章の重要箇所(読むプロセスハイライトしていった部分)がAnnotationとして表示されています。

また、DiigoRSSTwitter自動投稿

http://twitter.com/Web_Evolution

するようにもしてあるので、興味のある人はそちらもフォローしてください。

このアカウントは公開を前提に新しく用意したもので、過去の履歴(若干彼のprivateなノートも混ざっている)は、

http://www.diigo.com/user/Takuya514

で読むことができます。

今後、何らかの形で定期的にinsightをまとめよう(英語ですが)とも考えていますが、その方法については、本エントリーへの追記の形でいずれお知らせしたいと思います。

2007-10-04

[] 「Super Crunchers」(Ian Ayres著)

「Super Crunchers: Why Thinking-by-Numbers Is the New Way to Be Smart」という本が面白い。

まだ日本語訳が出ていないので、検索したところ主だった日本語の書評はこの一件くらいかな。

著者のイアンは、ラジオ番組でのレギュラーコメンテーターや雑誌・新聞などでコラムニストとしても活躍中で、2006年には、アメリカン・アカデミー・オブ・アーツ・アンド・サイエンス(アメリカ科学アカデミー)を受賞。「法律と経済の第一人者」として知られている人物です。

計量経済学を専門とする著者は、この本で、近年の膨大な量の経済データは、博識な人でも予測不可能だったことを予測可能にしている、と主張しています。

とある。

ウェブ進化論」の中で、「ネット世界の三大法則」の第一法則として「神の視点からの世界理解」を挙げ、その定義を「膨大な量のミクロな「動き」を「全体」として把握すること」とした。

この本ではこれでもかこれでもかとその実例が出てくる。

Super Crunchers: Why Thinking-by-Numbers Is the New Way to Be Smart

Super Crunchers: Why Thinking-by-Numbers Is the New Way to Be Smart

冒頭はまず、ワイン鑑定を、過去の気候データなどの膨大な数字を分析することによってやってしまう「Super Crunchers」(膨大な数字をボリボリと噛み砕く人みたいな感じかな)の話から始まる。本欄でもたびたびご紹介した「マネーボール」の面白さに通ずるなあと思いきや、やはり二つ目の事例は「マネーボール」だった。いずれも旧来の専門家(ワイン評論家や野球スカウト)が「Super Crunchers」を忌み嫌っているところが最高に面白い。グーグルも検索結果を膨大なデータから計算する「Super Crunchers」だし、グーグル社内の意思決定もデータで議論する態度が徹底されている。

テラバイト、ペタバイト単位のデータを「ボリボリと噛み砕く(Crunch)」ようにして分析することで「神の視点」が得られる時代なのである。それをたとえば企業が経営戦略に、政府が政策意思決定に活かす時代がもう始まっているということが、この本を読むとよくわかる。

また「Super Crunchers」と旧来の専門家たちとの関係はこれからどうなっていくのか。それについては、第五章「Experts versus Equations」、第八章「The Future of Intuition」で詳述されているが、徹底的に「Super Crunchers」の優位をこの本は主張する。このあたりは「次の十年」で、よりその対立が先鋭化していくだろう。

知人に問い合わせたところ、日本語訳は11月末頃に出るらしい。

ベストセラー「ヤバイ経済学」を楽しんだ人は絶対に面白く読める本だと思う。また特に理系の若い人たちがこれからの自分のキャリアを考える上でも必読の本だ。米国では数学系の学生への求人が増えているが、さもありなんというところ。日本語訳が出たらまたそのときに感想を書くつもりだ。

2007-09-30

[] The Googlization of Everything

「The Search」「The Google Story」といったGoogle誕生のプロセスを語るGoogle本第一世代の次が、たぶん来年くらいに何冊か書かれるだろう。「The Googlization if Everything」というブログは、

This blog, the result of a collaboration between myself and the Institute for the Future of the Book, is dedicated to exploring the process of writing a critical interpretation of the actions and intentions behind the cultural behemoth that is Google, Inc. The book will answer three key questions: What does the world look like through the lens of Google?; How is Google's ubiquity affecting the production and dissemination of knowledge?; and how has the corporation altered the rules and practices that govern other companies, institutions, and states?

と自己紹介されているように今書かれつつあるGoogle第二世代本に関連したブログ

Where is this book going?」に四つの問題意識が書かれている。

  • The phenomenological: How does using Google alter our perceptions of the world? Are its search results accurate and appropriate? How is Google changing its search functions through human intervention? Are Google’s search algorithms inherently conservative, i.e. do they favor the establish and thus limit the dynamism of the Web? How will G affect what we know?
  • The cultural and communal: How is Google’s ubiquity affecting the production and dissemination of cultural practice and knowledge? How will G affect what we make?
  • The political: how has the corporation altered the rules and practices that govern other companies, institutions, and states? Will advertising ever be the same? Has Google exposed many of the core tenets of advertising to be unfounded? Will Google kill the Superbowl ad? How will G affect the ways that governments and organizations and corporations work?
  • The global: how can Google’s technocratic libertarian ideology mesh with the conflicting notions of knowledge and propriety in distant far from Mountainview, California? Will Google’s relationship with the brutal government of the People’s Republic of China be its undoing? Will China change Google more than Google changes China? How will G change the world?

また現時点で構想中の目次は次の通り。

Possible Chapter Outline

Introduction: ".. Like the Mind of God": What Google Wants from Us

Chapter One: "To Organize All the World's Information": From Harnessing Web 1.0 to Generating Web 3.0

Chapter Two: What if Big Ads Don't Work: How Google AdSense has Upended the Industry

Chapter Three: "Don't Be Evil:" Being the Anti-Microsoft

Chapter Four: Is Google a Library?

Chapter Five: Putting the "You" in "YouTube": Challenging Big Media

Chapter Six: The Dossier: How Google Exploits Your Private Information

Chapter Seven: Global Google: How India, China, and Europe are trying to Rein in Google

Chapter Eight: Google Earth: Viewing the World through the Google Lens

Conclusion: A Public Utility?: What we can and should do about Google

[] Googleの「情報発電所」はいま何台?

New York Timesの「The Unsung Heroes Who Move Products Forward」によると、Googleのシステム規模について「最低でも45万台」という推定数字が出ている。「ウェブ進化論」(2006年2月刊)を書いたときは、さまざまな情報をもとに「2005年末現在で30万台」と推定した。Google内部からはこの数字は発表されないから、常に外部の人による推定になるが、最近は「50-60万台じゃないの?」 という話がよく出る。

Perhaps predictably, Google won’t disclose the number of computers deployed in its vast information network (though outsiders speculate that the network has at least 450,000 computers).

I believe that the physical network is Google’s “secret sauce,” its premier competitive advantage. While a brilliant lone wolf can conceive of a dazzling algorithm, only a superwealthy and well-managed organization can run what is arguably the most valuable computer network on the planet. Without the computer network, Google is nothing.

Eric E. Schmidt, Google’s chief executive, appears to agree. Last year he declared, “We believe we get tremendous competitive advantage by essentially building our own infrastructures.”

Process innovations like Google’s computer network are often invisible to the public, and impossible to duplicate by rivals.

ちなみにNew York Timesは有料サービスをやめて本当に便利になった。以前はブックマークしても何日かたつと読めなくなるし、記事が検索エンジンにも引っかからなかったので、大切な記事は仕方ないのでコピーしてノートを作っていたが、その必要がなくなった(昔ブックマークしておいたものも、一気に全部読めるようになった!)。

関連資料

http://googlesystem.blogspot.com/2007/09/googles-secret-sauce.html

2007-09-26

[] 2006年はYouTubeの年、2007年はFacebookの年

ちょうど去年の秋は、YouTubeをGoogleが買収した大ニュースで大騒ぎだったが、2006年をYouTubeの年とすれば、2007年はFacebookの年だったと言えるだろう。

昨日ウォールストリートジャーナルは、マイクロソフトがFacebookへの数億ドル規模での出資交渉を進めていると報じたが、これからおそらくグーグルとの間での提携・出資交渉の戦いが起こるだろう。しかしいずれにせよ、YouTubeのときのようにいきなり買収というのはないだろう。マイクロソフトの出資交渉時に前提とする時価総額はもう既に100億ドル以上だという。GoogleがYouTubeを買収した価格16.5億ドルが安く見えてしまう。

Microsoft in recent weeks approached Facebook with proposals to invest in the startup that could value the fast-growing site at $10 billion or higher, said people familiar with the matter. If those talks bear fruit, Microsoft could purchase a stake of up to 5% in the closely held startup, at a cost in the range of $300 million to $500 million, the people said.

もし今の段階で100億ドル規模のValuationで資金調達するのだとすれば、グーグル並み(時価総額三兆円くらい)か、またはそれ以上の公開時時価総額のIPOに突き進もうと企図するのだろう。

さて、ビジョンのレベルで、Facebookが他のSNSと違うところはどこなのか。

1984年生まれ、弱冠23歳の同社CEOのMark Zuckerbergの言葉を追ってみよう。

Well the way that we think about it is that people have all these real connections in the world and we’re kind of mapping them out. We’re trying to figure out what are the connections that people have? For any given person who are the hundred people who they know? Who are the two hundred people that they have contact with? Who are the people that they care about the most?

Once people share that information we can give them a set of services that use that information.

(FT)

Our whole theory is that people have real connections in the world. People communicate most naturally and effectively with their friends and the people around them. What we figured is that if we could model what those connections were, [we could] provide that information to a set of applications through which people want to share information, photos or videos or events. But that only works if those relationships are real. That's a really big difference between Facebook and a lot of other sites. We're not thinking about ourselves as a community — we're not trying to build a community — we're not trying to make new connections.

(TIME)

"A lot of companies get grouped as social networking," says Zuckerberg. "Lots are dating sites, or media sites or sites for community. But our mission is helping people understand the world around them."

(FORTUNE)

We don’t view the site as an online community—we bill it as a directory that is reinforcing a physical community. What exists on the site is a mirror image of what exists in real life.

(NEWSWEEK)

Zuckerberg didn't care about using the Internet to make new friends. "People already have their friends, acquaintances, and business connections," he explains. "So rather than building new connections, what we are doing is just mapping them out."

(WIRED)

Facebookはよく知られているように、ハーバード大学学内のサービスとして立ち上がって、最初は東海岸のアイビーリーグへ、そして全米の大学に、そして一般に広がった。Facebookとは、もともと学生寮で作られる「実名と実写真入り」の小冊子、まさに「Face」ブックだ。これをオンライン化したのがルーツ。

Zuckerbergが繰り返し語るのは、Facebookはオンライン・コミュニティではなく(We don’t view the site as an online community)、リアルでの人間関係をそのままマッピングした鏡像(people have all these real connections in the world and we’re kind of mapping them out/a mirror image of what exists in real life)で、新しいコネクションをネット上で作ろうとはしていない(Zuckerberg didn't care about using the Internet to make new friends)ということだ。

だからミッションは、人々にその周囲(リアル世界での人間関係)で起きていることの理解を助けること(our mission is helping people understand the world around them)。

そこが数々のSNSと全く違うところだ(That's a really big difference between Facebook and a lot of other sites)と言う。

大きなブレークスルーだったAPI公開についてはこう話す。

"Right now, social networks are closed platforms," Zuckerberg told the assembled entrepreneurs. "Today we are going to end that."

(BUSINESS 2.0)

フォーサイト誌最新号で、Facebookを称してこう書いた(ネット上へのアップは来月)。

フェースブック利用者は、ハーバード大から東海岸のアイビーリーグのエリート大学へ、さらに全米の大学へと瞬く間に広がり、二年もしないうちに、全米の大学生の大半が利用するサービスに化けた。今は大学生以外でも利用できるサービスとなり、月間利用者は四七〇〇万人超にまで膨れ上がっている。

英エコノミスト誌(七月一九日号)はフェースブックを、「The cartographer of human connections」(人間関係の地図作成者)と呼んだ。フェースブックは英語圏ネット空間に、「実名で自己を表現しながら社会を生き抜く」という「強いアメリカ人の強い文化」を持ち込んで標準化し、実名でこそ意味が出る「人間関係の地図」を、壮大なスケールで今まさにネット上に構築しつつあるのだ。

文中で紹介したエコノミスト誌の原文はこちら

Metaphorically, Mr Zuckerberg views himself as similar to the pioneering Renaissance mapmakers who amassed and combined snippets of information and then charted new lands and seas so that other people could use their maps to find, say, new trade routes. In Mr Zuckerberg's case, the map charts human relationships. Whereas many of the other social networks on the web primarily help people to make new contacts online—whether for hanky panky, marriage or business—Mr Zuckerberg is exclusively interested in “mapping out” the “real and pre-existing connections” among people, he says.

かなりの鼻っ柱の強さで話題のZuckerbergは、世界について入ってくる断片的情報から誰もが利用できる世界地図を作った「ルネサンス期の地図作成者」(mapmaker/cartographer)に自らをなぞらえている。「地理情報」ではなく「人間関係についての情報」から作る地図であるところが違いだ。

これからしばらくは、Facebookに要注目である。

Facebookについての参考資料は、

http://b.hatena.ne.jp/umedamochio/Facebook/

こちらにもあります。