My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-07

[] ある日本人博士シリコンバレーベンチャー冒険記

日本欄で紹介した

http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060521/p2

NTT、光が自在に曲がる現象を発見 - 映像機器・プリンタの小型化も?」という技術

http://journal.mycom.co.jp/news/2006/05/19/001.html

発明者・中村孝一郎博士(現・NTTフォトニクス研究所)の「My Saga in Silicon Valley」というきわめて興味深いケース・スタディ(PDFファイルで28ページに及ぶ)

http://ipw.naist.jp/cast/_chizai/mot/sv1.pdf

が、奈良先端科学技術大学院大学サイトにアップされています。

東北大学の助手だった中村氏が、シリコンバレーテクノロジーベンチャーからスカウトされる経緯、東北大を退職して参画したベンチャーでの知的格闘、ベンチャーの清算と解雇、そして現職への転身、という激動の経験を、大学の研究と製品化技術の違いなど技術についての深い解説も交えて自ら詳述している、とても貴重な資料だと思います。

8月2日には奈良先端科学技術大学院大学で本件に関する公開講座が行なわれ、一般でも申し込めば聴講できるらしいです(自分でご確認を)。

2006-05-21

[] 中村孝一郎

はてなブックマーク最近の人気記事」上位に、「NTT、光が自在に曲がる現象を発見 - 映像機器・プリンタの小型化も?」

http://journal.mycom.co.jp/news/2006/05/19/001.html

が登場。この技術発明者・中村孝一郎博士はこの人。JTPA日本代表でもあります。

http://book.shinchosha.co.jp/foresight/main/data/frst200308/fst.html

この文章は、東北大学からシリコンバレーベンチャー企業ライトビットに「三顧の礼」で迎えられ、シリコンバレーで活躍していた頃の彼を描いたものです。その後、NTTフォトニクス研究所スカウトされて今日に至っています。

本連載では「若い読者のロールモデル」たり得るシリコンバレーの個人をご紹介する試みを続けているのだが、たとえば世界的な賞を取るといったことで「十年後、十五年後に大化けする」人がもしその中から出るとすれば、この中村孝一郎がその最有力候補だと、私は確信している。

僕の予想が当たる日が本当にやってきそうで、嬉しいなぁ。

中村くん、おめでとう!!!

2005-01-31

[] 張富士夫

Fortune 2/7/05 Full Speed Ahead, Toyota CEO Fujio Cho is driving the Japanese automaker to new heights and straight past the competition.

http://www.fortune.com/fortune/ceo/articles/0,15114,1019797,00.html

"There were cultural differences right from the beginning," he recalls. "We'd give somebody a sketch, figuring they'd get the idea. But workers were baffled. They kept asking us, 'Why do it this way?' I was completely unprepared for that. We hadn't been trained to think in terms of logical reasons."

Cho, meanwhile, is trying to apply what he learned on the factory floor to corporate management: He wants to shorten the chain of command, improve accountability, and speed up the decision-making process. Last year he slashed the number of Toyota directors from 58 to 27. He hopes to increase the number of non-Japanese directors, now only five. And he says he wants a management structure that is as instantly responsive as Toyota's production lines. "If there's a problem," Cho says, "I want to hear about it in an hour."

Cho is an affable and low-key manager who prefers to give credit to his predecessors and subordinates rather than steal attention for himself. He is also a nimble problem solver, quick to adapt to conditions at hand. Cho says he learned the value of flexibility during his nine-year stint as general manager of the Georgetown plant. The constant questioning from U.S. workers, he says, helped him see that many aspects of Toyota's production process had to be retooled for U.S. factories and could be improved on in Japan as well. He realized, he says, that "we did a lot of things without thinking, because we had been taught in a certain way by our predecessors, and it seemed to work, so we just did it." Toyota's expansion into the U.S., he argues, "rejuvenated the entire company, forcing everyone to make adjustments and abandon outdated ideas."

2005-01-26

[] 伊藤和夫

英文解釈教室 改訂版

英文解釈教室 改訂版

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)

http://www.sundai.ac.jp/ayumi/chp83.htm

http://homepage3.nifty.com/hon-yaku/tsushin/eigo/goyaku4.html

http://diarynote.jp/d/54487/20041127.html

「『英文解釈教室』[引用注―伊藤和夫の参考書]が、受験英語の参考書の歴史の中の「一等星」であることは間違いない。しかし、その何が画期的であり、またどこに限界があったのかが、冷静かつ正当に評価されることは驚くほど少ない。おそらく、「受験参考書」が、ほんとうの批評眼を持つにはまだ幼すぎる「青春期」にのみ消費されることや、大人の側も「受験に役立つ」という功利的な観点以外の視点から参考書を見ることが少ない等が、その原因だろう。」――入不二基義「二つの頂点――『英文解釈教室』と『ビジュアル英文解釈』」(「特集 「伊藤和夫」の業績」『現代英語教育』1997年5月号)、p.12

http://www.geocities.co.jp/Playtown/2014/kosi-esn.html

授業は内容が完全にルーチン化されており、どの時間に受けてもまったく同じ。

すなわち板書の内容、喋る内容はもちろんのこと、すべてのタイミングが完全に同じである。

http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20041231#p1

かつて駿台で伊藤先生の講義を受けていた加藤秀一せんせが絶賛していたこの本。ゆえあって購入し、一題一題やっている。

英語構文詳解 (駿台受験叢書)

英語構文詳解 (駿台受験叢書)