My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-18

[] 「iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう」(iphone/iPad版)、たった今、発売になりました!

電子書籍iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう」(産経新聞出版)、ただいまアップル社の検閲審査が完了し、発売となりました。iPad版、iPhone版とも、App Storeで「梅田」で検索すればすぐに見つかります。価格は、iPad版、iPhone版とも450円です。

f:id:umedamochio:20100729171147j:image

特に「巻頭特別収録「増える往復書簡」アップルグーグル未来――書簡ゲスト 中島聡氏」はボリュームたっぷりである上、発売後も読者からの質問を受けて「増えて」いきます。

どうぞご一読ください。

追記: 発売から約12時間現在で、iPadTOP PAID iPad APPSの第三位に入っていました。「GoodReader for iPad」「iBunkoHD」に次ぐ第三位なので、驚きました。ありがとうございます

2010-08-11

[][] まもなく二冊、本が出ます。一冊は紙の本、一冊は電子書籍(iPad, iPhone向け)

サバティカルが明け、まもなく二冊、本が出ます。

紙の本のほうは「ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命」(ちくま新書、飯吉透氏との共著)で、9月8日発売です。

ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書)

ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書)

最近「ビル・ゲイツ曰く「5年以内に最上の教育はウェブからもたらされるようになる」」という記事が話題になっていましたが、まさにそのあたりをテーマとした日本で初めての本だと思います。この分野の第一人者である飯吉透氏と共著で書きました。お楽しみに。

はじめに(飯吉透) 

第一章 ウェブ進化人生を増幅する(梅田望夫) 

人生を切り開いていくための強力な道具/「知の宝庫」たるウェブ/「師」や「同志」との出会い/職を得る、生計を立てる道筋へ/「経済ゲーム」と「知と情報ゲーム」/グーグル中国グローバル展開への強烈な意志/グローバルウェブを牽引する三つの力/グローバルウェブオープンエデュケーション  

第二章 オープンエデュケーションの現在(飯吉透)  

ウェブによって生まれ変わったオープンエデュケーション/オープンテクノロジーオープンコンテンツオープン・ナレッジ/ローカルからグローバルへ/オープンエデュケーションが続々と生み出す教育界の「ウェブスター」たち/カーネギーメロン大学の挑戦/初等・中等教育への浸透/「格差超越装置」としてのオープンエデュケーション/オバマ大統領の”オープンエデュケーション宣言”/「オープンテキストブック」による教科書無料化・低価格化/見え始めた「より開かれた二一世紀の大学」の新たな姿/牽引力としての民間財団存在社会的フィランソロピー精神教育の開化・深化・進化  /[コラム]メタ・ユニバーシティとクラウドカレッジ  

第三章 進化と発展の原動力  

「逆転の発想」から始まったMITオープンコースウェア/「互助精神」「フロンティア精神」「いたずら心」「宗教的信念」/「カリフォルニアン・イデオロギー」と「東部エスタブリッシュメント的なもの」/オープンエデュケーションは独善的?/ヨーロッパにおけるオープンエデュケーション/授業料無料グローバルインターネット大学/個人の「狂気」がブレイクスルーを生む/成長段階仮説/オバマ政権オープンエデュケーション/営利オンライン大学国内格差の解消、グローバル格差の解消/オープンリサーチオープンサイエンス進化する教科書オープンテキストブック/初等・中等教育でも始まったオープンテキスト化/ビジネスサイドからの新しい教科書出版の動き/[コラム]クリエイティブ・コモンズオープンエデュケーション

第四章 学びと教えを分解する  

オープンコースウェアは誰がどのように使っているか/アメリカ大学と「閉じ込めのシステム」/独習者はどのように学んでいるか/[コラム]オープンコースウェアで学んだ土谷大さん/教育と「強制システム」/ウェブと能動性/「テクノロジー」「ナレッジ」がなぜ必要か/「師」や「同志」とどのように出会えるか/学習コミュニティ/学びから職へ/専門的な知識を生かして社会貢献する/セーフティーネットとしてのオープンエデュケーション/[コラム]アルゼンチン地方から世界へ:サンルイスデジタル構想  

第五章 オープンエデュケーションと日本人、そして未来へ  

「残りのすべての人々のため」の教育?/英語圏と非英語圏で違いはあるか/ロングテール化する教育日本でのオープンエデュケーションの萌芽/「英語で学ぶ」ために「英語を学ぶ」/キャッチアップ型の学びを超えて/グローバルプラットフォーム進化がもたらしたインパクト/享受者としてのデジタルネイティブたち/予測不能な未来を生きるために  

おわりに(梅田望夫) 

電子書籍のほうは、「iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう」(産経新聞出版)。ただいまアップル社の検閲審査を受けている段階とのこと。中身はもうすっかりできあがっているのですが、アップル社からのゴーサインを待っての発売となります。

f:id:umedamochio:20100729171147j:image

特に、「巻頭特別収録「増える往復書簡」アップルグーグル未来――書簡ゲスト 中島聡氏」はボリュームたっぷりである上、発売後も読者からの質問を受けて「増えて」いきます。発売が決まったら、改めてご案内します。