Hatena::ブログ(Diary)

こころ世代のテンノーゲーム このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

  <意味>
  □1.電脳ゲームから刺激「゛」が抜けたもの
  □2.「個性」「アイデンティティ」「自分らしさ」などの、「こころ」の大切さを抽象的に教え込まれた世代
  □3.曖昧な「こころ」中心主義に毒された世代がそれぞれ自己中心的になった様
  □4.天皇遊戯ではない
  <注>
   このブログの現在の適正距離は半径3クリックです。

  ◆テンノーゲームのかなり前のおすすめエントリ◆
  ◆テンノーゲームの最近のはてブ人気エントリ◆
  ◇テンノーゲームのはてなブックマーク◇

  ■サイレントテロ入門 於:カフェコモンズ■


【お薦め一覧】■<障害学からテロリズムまで>■

  

2004-09-21 従属という名の自由〜ソーシャルネットワークという疑問〜

[]従属という名の自由〜ソーシャルネットワークという疑問〜

「ソーシャルネットワーク」。

直訳すると「社会情報網」というところなのだろうか?

そのソーシャルネットワークの一つ、mixiミクシィ)というのに、師に誘われて数ヶ月前から入っている。

入っているのだが・・・

ここ一ヶ月近く、いや二ヶ月、いやそれ以上の間、完全放置状態である。

もちろん、引越しという大きな理由があることは確かだが、こうしてブログを細々と再開できるほどの余裕を得るにいたっても、まだ、一度たりとも、ログイン画面にすらアクセスしていない。

なぜか。

理由の一つは、私には、この「ログイン」というものがやたらめんどくさく感じられてしまう、ということなのだ。なぜだか。*1

そして、もう一つ。

これが根本的な理由なのだが、今もってこのソーシャルネットワークというものが、一体何なのか、どういう意味を持つものなのか、さっぱりわからないのである。

もちろん、すでにファンを擁する文壇人や論壇人、芸能人に一芸者などであれば、ブログなんかよりもはるかに密な、コアな関係性を築くことができるのだろう。

また、ネット関連業界人や、デジタルクリエイターなる人々にとっては、同好の士、あるいは仕事上のパートナー探しにも役立つことだろう。

ついでに、若い女性であれば、匿名の利便性でもって、めったやたらに男性から声をかけられて(コメントを書き込まれて)、一種のネットアイドルとなることもあるだろうし、そこから発展して出会い系的な作用も持ちうるだろう。

が、しかし。

私のような、特に取り立てて芸もなく、ついでに身長も体重も平均に満たず、姿形も特にどこをどうナナメに見ても秀でているわけでもない男性が、ソーシャルネットワークに参加して、一体、何をどうすればいいのだろうか?

とりあえず、実名と実写真つきで参加しているものの、それがまた逆に「壁」になっているように感じる。正直なところ、友達が多いほうではまったくないので、そこを掲示板代わりに友達を誘いまくって友達の輪を広げてみるとかいうことは、皆無である。

ついでにいえば、掲示板は掲示板で別にあるし。

また、「機能」として付いている「mixi日記」であるが、はっきりいってブログで手一杯のところを、どうして二重に違うネタを日々考えろというのか。そりゃま、出来るお人もいるでしょうけど。

こういう疑問を生む根本的な要因として、一つ考えられるのが、ネットという全方向型開放システムの中に作られたこのソーシャルネットワークというものに対して、私が「島」的な閉塞感を感じているのかもしれないということだ。

確かにソーシャルネットワークにはさまざまな機能がある、さまざまな娯楽がある。

その中でハマッてしまえば、そこから「出ず」に一日過ごすことも可能であろう。

しかし、しかし、・・・・・・しかし。

せっかくネットというフリースペースにいながら、なぜ、わざわざそのような閉鎖的な空間を作る必要があるのか。

閉鎖的であるからこそ、一種の「自由/義務」的な空間が獲得できるということなのか。

ではなぜ、私はその閉鎖的空間に入会していながら、内部にいながら、そこにさらなる閉鎖性、外部感覚を感じてしまうのか。

それはつまり、結局、私がどこにも所属していないからなのか。

どこかに所属、帰属、従属、隷属、するからこそ、安心と開放感と自由と行動力を、人は得ることができるということなのか。




結局、私がどこにも所属していないことが・・・そもそもの・・・・・・

*1はてなも、ログインしたままでブラウザをシャットダウンすることがしばしばある。これには何かデメリットがあるのだろうか?よくわからない。

ふろむしもがーもふろむしもがーも 2004/09/22 17:24 君のSNS批判は、真っ当だと僕も思います。誘っておいて何だけど(笑)。僕は続けていますが、思ったより「友達の輪」は広がらないねえ。もっと色んな人と名刺を交換するパーティーみたいなのを想定していたんだけど、当てが外れました。まあ、僕の方から「友達になってください」といった回数も少ないから仕方ないんだけど。
でも、誰でものオープンなネット空間の中で敢えて「島」を作る、というところがSNSだったわけで、確かに何等かの目的(僕などは、大雑把な言い方ですが、同業者や、それに近い知り合いを捜せるかな、という期待がありました)がないと、この空間は楽しくないと思います。まあ、最初っから「内輪受け」だけで終始している人も見受けられますが。面倒くさいなあ、と思ったら、退会しても良いんだよ。

umetenumeten 2004/09/22 23:45 とりあえず、今のところは「めんどくさい」と感じる状況を生み出す、生み出してしまう「環境」に身をおいていることが問題なのでは?とも感じているので、退会とまでは考えていないのです。でも、ログインしないなあw
各スレやコミュを見てても、案外みんな(漠然とした集合名詞)発言=書き込みしてないなあ、と、感じていました。
より直近の関係性を強く、多く持った者でないと、その出だしで「真っ白」になってしまうのが、この「内輪」の群体、ソーシャルネットワークなのでしょう。
たとえば、もしかすれば、例の掲示板がなければ、僕のmixiライフも友達に支えられて確立していたかもしれませんナーとも。