Hatena::ブログ(Diary)

こころ世代のテンノーゲーム このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

  <意味>
  □1.電脳ゲームから刺激「゛」が抜けたもの
  □2.「個性」「アイデンティティ」「自分らしさ」などの、「こころ」の大切さを抽象的に教え込まれた世代
  □3.曖昧な「こころ」中心主義に毒された世代がそれぞれ自己中心的になった様
  □4.天皇遊戯ではない
  <注>
   このブログの現在の適正距離は半径3クリックです。

  ◆テンノーゲームの化石化したおすすめエントリ◆
  ◆テンノーゲームの昔々のはてブ人気エントリ◆
  ◇テンノーゲームのはてなブックマーク◇

■サイレントテロ入門 於:カフェコモンズ■


【お薦め一覧】■<障害学からテロリズムまで>■

  

2008-06-08

[]「殺人事件」というエンターテイメントマスコミはもはや不要か

秋葉原通り魔容疑者逮捕・連行を携帯撮影 - 毎日jp(毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080609k0000m040022000c.html


 今回の通り魔事件では、容疑者の逮捕・連行写真携帯電話で撮影した人の周りに人だかりができ、自分の携帯に赤外線送受信でコピーする人たちが目立った。

 目撃情報を集めていた記者は、通行人女性から赤外線受信で写真を入手。この女性も、逮捕現場にいた別の女性から赤外線受信でコピーしていた。2人は他人同士だった。

 女性によると、現場で直接写真を撮影した男性が「捕まったぞ」と叫ぶと、周囲には携帯電話を差し出し、「コピー」を求める人だかりができたという。【神澤龍二】


こうして「事件」に参加することができるのなら、いちいちマスコミ報道を通さなくても、待たなくても良いわけだ。

もちろん、現場に居合わせるという「特権」があってこそだが。

このような「関心」の持ち方を違和感なく消費できるのは、その人間が「幸せ」な証拠、か。

「パン」に事欠かない者のための「サーカス」も、随分コンパクトになったものだ。



それとも、これが忘却のための作法なのか。



数ヶ月に一度、数人程度が死ぬくらいなら、という効率的な社会を維持するための暴力的忘却、その最後の作法か。

anomyanomy 2008/06/09 22:33 犯人は「終わらない日常」にイラついてイラついて仕方なかっただろうが、
こういう取り上げられ方をすると結局生き残った一般人は
「ああ(あの犯人のように)ならない様に日常を堅持しよう」と反動保守の姿勢を取るんだな。
オウム真理教・酒鬼薔薇・ネオ麦茶・宅間守……
日常を破壊したくて堪らなかった人たちの思いは、得てして逆にしか働かないんだなと。

sin-kunsin-kun 2008/07/01 20:27 tourisugariで

みんな血が好きだ、本能とかが騒ぐから、人間だからだが、

せっかく理性があるにもったいないなぁ、人間、

失礼しました、

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。