Hatena::ブログ(Diary)

Umikaze Blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

時代劇、アニメのレビューはこちらへ引っ越し中 ⇒ review's blog
 

2009-07-25 【土】

青木雄三の近況

久しぶりに作画wikiの青木雄三のページを読んだんだけど、最近はいろいろな作品に参加しているみたい。原画が中心のようだが。

少し前にある方とSkypeで話していたときに、「『ヤッターマン2009』に原画で参加している」って話をして驚かれたんだけど(僕もその情報を初めて聞いたときに驚いた一人なんだけど)、現在はどうやら「DREAM MOVE」ってスタジオに所属している模様。

「DREAM MOVE」は佐藤道雄や雨宮英雄(桜井木の実も?)らベテランが中心になって動かしているスタジオらしく、『ヤッターマン2009』や『こんにちは アン 〜Before Green Gables』にも下請けとして参加しているようなので、青木が「DREAM MOVE」に所属しているのであれば、青木本人の参加も珍しくはないと思う。また、「DREAM MOVE」はアダルトアニメ制作にも参加しているようなので、ひょっとしたらそちら方面でも参加している可能性がある。恐らく突飛なペンネームを使って参加しているのだろうとは思うが。

名探偵コナン』で絵コンテ担当していたときにはスタジオブーメランメンバーと一緒に仕事をしていることが多かったので「スタジオブーメランに籍を置いているのかな」なんて思っていたけど、よくよく考えてみれば、同時期に放送していた『ポポロクロイス』で雨宮英雄や佐藤道雄、桜井木の実、小田仁、篠田章といったメンバーと一緒に仕事をしていたので、大方この時期に「DREAM MOVE」の前身みたいなものが出来上がって、近年スタジオが設立されて青木が参加…って流れなのかな?

多分、こんな感じでまた代表作が増えていくんだろうとは思うのだけど、現在は原画が中心のようだし、もう絵コンテや演出といったポストには入らないのかな…と少し残念だったりします。あの癖になる画面構成とキレのある演出はもう見られないのかな、と。少々残念です。最近の作品って本当に青木原画の特徴が分かりづらくて堪能しづらいんだよね…*1

北原健雄が描くそそり立つ色気を持つ美女ももう一度見たいんですけどね^^;

*1:先日『太陽の子エステバン』の青木雄三参加回を見たけれど、これは過去の参加作品にも関わらず分かりづらかった。辛うじて参加パートらしきところは抑えたのだけれども、ひょっとしたらもっとあったかもしれない。

2009-01-19 【月】

必殺仕事人2009 第2話「厚顔無恥」

非道な辻斬り事件が横行する中、南町奉行所では江戸で一、二を争う笠原道場の師範・笠原監物に出稽古を依頼。一方、縁日屋台で侍に絡まれる源太だが、それを救ったのが佐藤数馬という青年剣士。彼は笠原道場の門下生の一人だった。彼との出会いをきっかけに、数馬の母・みちに心惹かれる数馬。

数馬は監物の息子であり師範代を務める太平に見込まれ付け人となる。ところが、太平には自分よりも力の無いものに横暴と殺傷を働く悪癖があった。そのことを知った数馬は笠原道場を辞めたいと漏らすが、太平の逆鱗に触れた数馬は、稽古と称したリンチに遭って死亡する。何とかして恨みを晴らしてやろうとする源太だが……。

笠原監物役にはシリーズ常連目黒祐樹、監物の息子・太平役は浜田学(父はこれまた必殺シリーズ常連の浜田晃!)、佐藤数馬役には忍成修吾、数馬の母・みち役には賀来千香子……今回も豪華なゲストである。今回の悪役は、二世俳優同士が親子を演じて結託するもので、こちらもなかなか感慨深い。なお、公式サイトの「あらすじ」にはサブタイトルらしきものが掲載されているため、このレビューでもそれに準じた形でサブタイトルを付けることにする。公式サイトで挙げるんだったら、本編で表示させてくれよ…とは思うが。

河原吉右衛門鬼平犯科帳のオープニングで吉右衛門が斬りまくる場所)での凄惨な辻斬りシーンで始まる今回のお話。歪んだ欲求が生み出す辻斬り事件と並行して、自らの息子を世に出したい親の想いが善悪それぞれで交錯する。

江戸で一、二を争う笠原道場の師範・笠原監物は若年寄からの覚えもめでたく、近々息子である師範代・笠原太平を剣術指南役に…との声を頂戴するほどの名声の持ち主。将軍家指南役の道も夢ではない。この道場に通う佐藤数馬も剣術のセンスが良く、監物も一目置いているほど。この数馬、五年前に父を亡くしてからと言うもの母・みちが一人で育て上げた自慢の息子。剣の道での仕官を夢見ており、数馬もその期待に報いるべく必死に努力している心根のキレイな親子だ。このみちに心惹かれてしまったのが源太。プレゼントをしようとお菊に相談を持ちかけるあたりがかわいい。

数馬、太平に見込まれ付け人になったまでは良かったが、それが転落への始まりでもあった。太平は自らの剣の腕を鼻にかけ、貧乏暮らしの町人たちを徹底的に見下し暴力までをも振るう始末。挙句の果てには、河原で生活をしているホームレスゴミのように斬り殺す人間のクズだったのだ。このことを知ってしまった数馬は、太平には付いて行けぬと笠原道場を辞めたいとみちに漏らしてしまう。みちから事の次第を聞いた監物は、太平にその事を問いただす。癇癪を起こした太平は、取り巻きらと共に稽古と称したリンチを行い、数馬を殺してしまうのだった。奉行所は「稽古中の事故死」として取り上げないことに。必死で育ててきたみちは放心状態に。

太平が辻斬りを行い、数馬をリンチで殺したことを知った監物。太平を若年寄の剣術指南役にとの声が上がっていることを伝え、ほとぼりが冷めるまで旅に出るよう厳命。そのことを聞いてしまったみちは逆上し、監物に罵りの言葉をぶつけるも監物はみちを刺し殺す。「お前が息子を世に出したかったように、わしも息子を世に出したいのだ」と。みちの恨みを晴らすため、源太が頼み人に、涼次が依頼料を出すことに。

権力者馬鹿息子たちが面白半分に町人を斬殺し、それを権力者が庇い恨みへと繋がっていく……どことなく『必殺仕事人』17話の「鉄砲で人を的にした奴許せるか?」に似た展開だが、こちらはそれを諌める人間が逆にリンチに遭って殺されるという非情なもの。公式サイトの「あらすじ」ではこのリンチを「かわいがり」なんて言葉を使って表現しているけれども、やっぱり時津風部屋の一件を想定したものなのだろうか。だとしたら少々不謹慎な気もするけれども。

色んな展開を期待させる内容だったが、結果的には一番スマートな展開というか。太平が監物に謹慎を命じられたときは殺意に似た視線だったので、太平が監物を殺してしまうのか…とか思ったし、監物が前々からみちに惚れていて、無理やり犯してから殺してしまうのか…とも思った。どれも必殺的には有り得る展開だ。監物は温和な態度であっただけに、息子の非道を知ったときと、それを庇う態度に出る時の豹変はもうちょっと大袈裟でも良かったように思う。『必殺スペシャル・秋! 仕事人vs仕事人 徳川内閣大ゆれ! 主水にマドンナ』の脇坂常陸守が豹変するようなインパクトが欲しかったな。『十手無用』の11話「目刺し十匹うらみ武士」の石橋蓮司ほどの衝撃は必要ないけれども*1

恨み晴らしに至るプロセスいまいち迫力に欠ける。源太が依頼人で、涼次がみちに支払うはずだった手間賃を依頼料にするというのもどうも。これは色々とやり方があったように思う。斬られて死んだ町人たちの親族から依頼を受けるとか。太平たちが辻斬りをしていたのは源太が裏を取っているわけだし、貧乏な町人たちからの切なる願いというもう一つの恨み晴らしがあれば、仕置きに更なるカタルシスを加えることが出来たんじゃないかな。

殺しのシーンは上出来。剣客たちを酔わせて油断させるというお約束な展開だが、涼次の謎の決め台詞は無いものの、スルメをくわえさせたまま殺すとか面白い。そして何より圧巻なのが主水の殺し。相変わらず小刀でブスリだが、この時の「殺しは俺のほうが上だぜ」は久しぶりに痺れさせてくれた。『必殺仕置屋稼業』の1話でも似たセリフがあったが、今は年季が入っているだけに迫力が違う。これだもの、太平もすくみ上がって逃げ出すはずだよ。

それにしても、松岡昌宏の妙に気張った大袈裟な演技は何とかならんか。

キャスト

東山紀之/松岡昌宏/大倉忠義福士誠治宇梶剛士前田航基

野際陽子中越典子

賀来千香子

忍成修吾/尾上松也/仲野敦

西園寺章雄/下元年世/稲田龍雄/東田達夫/奥深山新/北沢光雄/木下通博/木村康志/K&U/松竹京都俳優G

平野貴大/浜田学

目黒祐樹

和久井映見

藤田まこと

スタッフ

脚本岡本さとる
音楽平尾昌晃
主題歌「鏡花水月The SHIGOTONINジャニーズ・エンタテイメント
美術監修西岡善信
撮影藤原三郎
照明林利夫
美術佐藤絵梨子
録音中路豊隆
編集園井弘一
スクリプター野崎八重子
殺陣宇仁貫三
装飾木下保
小道具小田忍/上田耕治
セット付春田耕市
調音上床隆幸
効果藤原誠
映像技術川楠敏之
HD編集中尾逸子
VFXスーパーバイザー佐々木
CGデザイナー鶴見祐輔井上貴祥
コンポジター三上貴彦
スチール北脇克己
特技小道具布目真爾
冨士宮隆
メイク佐々木博美
進行山田智也/沖田昌紀
演技事務山緑美春松本保子
助監督井上昌典
製作主任溝口豊
製作担当黒田満重
プロデューサー岸岡孝治/飯田新/西原宗実/渡邊竜
宣伝高内三恵子/川井真紀/平野三和
編成槇野博信/菊池寛
ホームページ制作木村恵/黒川幸子/新井麻実
モバイル江崎仁祐
衣装松竹衣装
結髪床山八木かつら
装置映美工芸
装飾高津商会
タイトルシュプール竹内志朗
特技宍戸大全軍団
技術協力IMAGICAウェスト
人形浄瑠璃あわ工芸座/阿波人形浄瑠璃研究会青年座/徳島県立城北高等学校民芸
コーディネート梅津龍太郎
音楽協力株式会社テレビ朝日ミュージック/エービーシーメディアコム
ロケ協力大本山 随心院/総本山 仁和寺/京都 大覚寺/和知人形浄瑠璃
衣装協力石勘株式会社/小紋高田
題字糸見渓南
語り春風亭小朝
製作協力松竹京都撮影所
チーフプロデューサー森山浩一
プロデューサー内山聖子柴田聡/山川秀樹/武田功/三好英明
監督原田
制作ABCtv asahi/松竹株式会社

*1:あれは本当に凄かった。鳥肌が立った。